新社会人や新大学生の一人暮らしの賃貸部屋探しはいつから?

引越しの入居日や家賃などの初期費用を考慮して、いつまでに一人暮らしの賃貸物件の部屋探しを開始するべきか?4月から入学の大学生や新社会人となる人にとって、一人暮らしの住まいとなる賃貸の部屋探しをいつのタイミングから行うのがベストか?について紹介です。

毎年、3月は必然的に新生活を迎える人が多いことから、最も引っ越しをする人が多い時期です。

考え方によっては、3月は転勤や卒業などで出ていく人も多い時期ではあります。

そのような人が住んでいる部屋が3月以降に入居可能となる場合、退去申請を退去日とする1か月前までに行うことが必要な賃貸が多いことから、掲載物件の件数発生が最も多いのは、1月から2月くらいと言えます。

次に、新社会人と新大学生とでも、一人暮らしの部屋探しができるようになる時期は異なります。

大学入試の結果が出るのが、2月から3月になることがあるのに対し、新社会人となる人にとっての就職先は、それよりも前の段階で確定していることがあります。

つまり、同じ4月から新生活を迎える人々の中でも、新社会人となる人の方が、新大学生となる人よりも早めに賃貸探しの準備ができる傾向はあります。

とはいえ、4月からの入居先に対して、早すぎる賃貸契約の内容が、実際に引っ越しをしたい日よりかなり早くから賃料の発生をさせてしまう場合、それは余計な初期費用(家賃)を生むため、おすすめできないのも現実です。

では、いつから一人暮らしの部屋探しを準備するのがいいのか?

ポイントはまず、空き物件予定となる件数発生が多い時期に、素早くいい物件と出会うことです。

そして、内見を済ませて気に入る場合、費用などの契約条件の話をできるだけ引っ越し希望日に近い日から家賃が発生するように交渉することです。

そのためには、賃貸の部屋探しを開始する段階から、引っ越し日と入居日の理想も計画しておくことがポイントです。

入社先や入学先での予定との兼ね合いもあることから、新生活先の予定から逆算して、いつを入居日にすることがいいかを決め、その入居日に近い日を家賃発生日にできるように物件について不動産屋と交渉してみます。

そして、そのような話し合いができる機会を、よい賃貸物件に対してできるだけ多く持てるよう、早めに部屋探しを開始するのがポイントです。

もちろん、特に賃料と物件の質やエリアのよさが伴う賃貸によっては、人気があるゆえ交渉できる範囲や可能性が少ないかもしれません。

そのため、どうしても一人暮らし先として気に入る場合は、どこまで初期費用の発生を考慮できるかという許容範囲もイメージしておくといいでしょう。

新社会人や新大学生の一人暮らしの賃貸部屋探しはいつからがベストな時期か?

それは、引っ越し先への入居までのスケジュールと初期費用への許容範囲を理解した上で、4月からの新社会人や新大学生としての新生活先が確定後、できれば2月くらいから賃貸探しが開始できると交渉のチャンスも多くなります。

PS
おすすめの賃貸探しアプリを探しているなら、これがおすすめです。
カナリー(←スマホからアクセスするとアプリ紹介&インストール画面が開きます)


賃貸サイトならこちら


PPS
理想とする入居日にできるだけ近い日に、しかも安く引っ越しできるようにするためにも、賃貸契約が固まると同時に、早期の引越し業者探しも忘れないようにしましょう。

そして、引っ越し料金の比較は、このようなサイトを使いながら、効率よく引っ越し日と料金の交渉をするとスムーズです。

お部屋探しにおすすめの賃貸サイト・賃貸アプリ

お部屋探しにおすすめの賃貸サイト・アプリ賃貸マンションなど物件探しにおいて、使えるおすすめの賃貸サイトや賃貸アプリをまとめて紹介します。

お部屋探しの不動産サイトとして口コミ・評判が高く、私が実際に使った上での評価も高いおすすめの探し方です。

いかに日々の条件検索が簡単で、いい部屋に出会える可能性を高め、スムーズな問い合わせから仲介手数料など初期費用を安く抑えられるかのポイントを網羅した各賃貸サイト・アプリのおすすめです。

【おすすめの賃貸サイト】スマイティ
スマイティの特徴はいくつかありますが、代表的なものとして以下のメリットがあり、おすすめの賃貸サイトとして挙げられます。

まず、賃貸サイトによっては掲載されている物件の数が異なったり、表示のされ方が異なったりします。

そのため、同じ条件検索をしていても、本来一方の賃貸サイトであれば出会えたいい部屋が、使う賃貸サイトによっては出会えない可能性もあります。

スマイティは、「スーモ」「エイブル」「いい部屋ネット」「アパマンショップ」「CHINTAI」など大手の賃貸サイトに掲載の物件をカバーしているため、一回の検索による出会いを最大化できると言えます。

また、お祝い金がプレゼントされるキャンペーンがあります。

つまり、複数の賃貸サイトに掲載がある賃貸物件の紹介について気に入る場合、それがスマイティを経由しても問い合わせが可能であるならば、そちらの方が契約後にお得な結果がついてくる=初期費用を抑えることができます。

その他の使ってみた中で評価できる詳細を知りたい人は、こちらも参照ください。
賃貸マンションなど物件探しにおすすめの不動産賃貸サイト「スマイティ」


【おすすめの賃貸アプリ】
カナリー

カナリーは賃貸アプリとしておすすめです。

理由はいくつかありますが、大きな点は毎回の検索がスムーズ且つ効率的であることです。

検索時に指定できる対象駅数に制限がなく、その日にいい物件が無くても、次の機会にすぐに同条件で検索できることや、以前見つけた気になる物件との比較が簡単にできる機能など充実しています。

しかもカナリーはスマホアプリなので、いつでも好きなときに直ぐ使えるようになります。

いい物件と出会うにはタイミングも重要です。
その点を最大化しやすいのが、カナリーがおすすめな賃貸アプリである理由の1つです。

その他、仲介手数料が安いなどの詳細をチェックしたい人は、こちら
おすすめ賃貸物件検索アプリ「カナリー」


【おすすめの賃貸サイト・賃貸アプリ】
ietty

最後に、チャット型の賃貸サイトも使い勝手が良ければおすすめです。
こちらはアプリをインストールしての活用も可能です。

名前は、ietty (イエッティ) 。

ポイントとなるチャット型とは、実際には不動産屋さんに行っていないが、あたかも不動産屋さんのスタッフの目の前にいて、いつもお部屋探しができるということです。

賃貸検索から気になる物件があれば、多くの時間帯でリアルタイムでチャットでやり取りできる=つまり目の前で接客を受けるのと同じことができるようになります。

気になる物件がある場合、通常のメールや電話で問い合わせをして、折り返しの連絡が来るのを待って、内容を確認してから再度折り返すといった時間のロスを、iettyでは減らせるようにもなります。

いい物件は、早い者勝ちにもなりやすく、早々に内見をしておきたい中、事前の問い合わせにおけるやり取りや確認事項がスムーズに行えるに越したことはありません。

他にも、物件検索してもいい賃貸物件が出てこない場合、どんな部屋を探しているかをチャットで相談することもできます。これもまた、あたかも不動産屋にいるような活動を家にいて実現できます。

もっと知りたい人は、こちらも参考ください。
インターネット不動産ietty(イエッティ) 来店しない賃貸サイト・アプリのチャットで部屋探し


以上です。
上記に紹介の賃貸サイト・賃貸アプリは、どれも一般的な口コミ・評判も高いので、気になるようであれば、一通り試してみるのもいいかもしれません。

効果的な部屋探しをすることで、少しでも多くのいい物件に出会い、新しい素敵な生活がスタートできることを願っています。


PS
↓少しでも参考になったら、シェアやブックマークなどお願いします♪

内見時に知っておきたい 賃貸物件チェックポイント -飲食店が近い場合-

賃貸の内見時チェックリストとポイント -飲食店が近い場合-賃貸マンションなど気になる物件が見つかった時、必ずすべき「内見」について、これまでにチェックリストとなるべき項目を「賃貸物件の探し方に欠かせない73の秘密のコツと引越し方法」の一部やブログの中で何点か紹介してきましたが、今回は「飲食店が近い場合」についてポイントを解説します。

個人経営されているレストランなどは、マンションの1階部分に入っている場合や、マンションのすぐ隣や正面などにある場合があります。

レストラン以外でも、お弁当屋さんや惣菜屋さんなどの場合も考えられます。

このような立地にあるマンションなどの物件の場合、特に一人暮らしや共働き家族の場合などには「便利」な印象もありますが、デメリットもあります。

1つ目は、臭いです。

料理を提供する場所からは、とにかく換気扇から外へ臭いがでます。

そして、お店の営業時間によっては、朝から夜遅くまで臭いが周囲に立ち込めます。

油や煙などしつこい臭いは、排出時間が終わっても臭いが消えません。

毎日の生活において、部屋の換気は必要です。

しかし、住まいのすぐ近くから毎時間出てくる臭いに、窓を開ければ部屋がいつも油や煙の臭いにさらされる環境となる可能性があります。

洗濯物をベランダに干すならば、乾いた服やタオルが臭いに覆われる可能性があります。

2つ目は、生ごみと虫です。

飲食店など、食べ物を扱う店からは「生ごみ」が発生します。

そしてそれらは通常のゴミとして扱われます。

つまり、日々の溜まる生ごみの臭いや、収集所に置かれている時間の生ごみなどからの臭いは、気になる人にとって、特に夏の日は強烈となる可能性があります。

さらに生ごみは、コバエやゴキブリなどの虫を引き寄せ、結果的に近くの部屋にも近寄ってくるリスクは否定できません。

内見をするとき、たまたま飲食店などが休業日で、その存在に気付かない場合もあります。

臭いや虫に敏感な人は、内見の際に、飲食店などの存在についても把握する必要があります。

また、営業時でも臭いの出方などは時間帯によっても異なる可能性があります。

気になる物件であるならば、何度も異なる曜日や時間帯に足を運び、臭いや衛生面などの確認を行うことがおすすめです。




PS
↓少しでも参考になったら、シェアやブックマークなどお願いします♪

学生のマンション探しにおすすめの賃貸サイトと物件検索機能

学生のマンションの選び方 おすすめの賃貸サイト・アプリと物件検索機能春の入学や卒業時期に向けて、年明け前後から賃貸物件探しが活発化して引越しのピークシーズンに入っていきます。

今回は、学生や新社会人のマンション探しにおすすめの賃貸サイトと物件検索機能を紹介します。この機能は、上京など新しい地域で新生活が始まる学生などのマンションの賢い選び方といえるかもしれません。

はじめに、新しい街の賃貸物件を探す場合の悩みとなるのが「土地勘」です。

慣れないエリアでは、どんな路線や駅があって、どこまでの範囲なら自分が今後足を運ぶ学校や職場に近いのかが判断しにくいことです。

結果、賃貸サイトの機能でよくある「路線・駅から探す」方法が効果的に活用しにくくなります。

そんな時に便利なのが、はっきりしている「学校や勤務先の最寄り駅から何分以内の範囲にある物件を探す」という検索機能です。

これなら、実は自分の最寄り駅から近い駅なのに、知らない駅名や路線であるゆえ見逃していた!ということも回避できます。

また、意外なエリアであることから賃料が安かったり、自分にとって魅力的な場所の発見となる可能性もあります。

では、「学校や職場の最寄り駅から何分以内の範囲にある物件を検索」という機能は、どのように使えるのか?

今まで「賃貸マンションなど物件探しにおすすめの不動産賃貸サイト」で、おすすめの賃貸サイトとして紹介の「スマイティ」と、「おすすめ賃貸物件検索アプリ」で紹介した「カナリー」の場合で紹介します。

スマイティの場合
1. スマイティにアクセスします。
2. 下記の画面で青〇した箇所「通勤・通学から探す」をクリックします。
学生のマンション探しにおすすめの賃貸サイト「スマイティ」と物件検索機能
3. 「通勤・通学先の最寄り駅」「乗車時間」「乗り換え回数」の希望を入れて「この条件で探す」をクリックすると、条件に合った物件が表示されます。

カナリーの場合
1. カナリー(タップするとアプリ紹介&インストール画面が開きます)をインストールして起動させます。
2. 下記の画面で赤〇した箇所「通勤時間から」をタップします。
学生のマンション探しにおすすめの賃貸検索アプリ「カナリー」と物件検索機能
3. 「***駅まで」「所要時間」「乗り換え回数」の希望を入れて「条件選択へ」をタップします。
4. 次の画面で賃料や間取り、築年数や駅徒歩などさらに詳細を指定することもできます。最後に、「検索」をタップすると、条件に合った物件が表示されます。

 

賃貸サイトはたくさんありますが、学生のマンション探しなど、探す先の地域などに詳しくない場合は特に、上記のサイトやアプリにある「学校や職場の最寄り駅から何分以内の範囲にある物件を検索」機能はおすすめです。

よい物件に出会えますように♪

 

PS
従来の賃貸サイトや不動産検索アプリとは異なる、新しい「チャット型不動産=ietty(イエッティ) 」の場合、担当者にチャットの中で「学校や職場の最寄り駅から何分以内の範囲にある物件を探して!」とリクエストを出すのもいいかと思います。

おすすめ賃貸物件検索アプリ「カナリー」

賃貸物件探しを、気軽にiPhoneやAndroidなどのスマートフォンアプリで行いたい人も多いかと思います。

通勤途中や昼休み、寝起きや就寝前など、好きな時間に手軽に使えるスマホアプリであれば、時間を有効に活用できます。

また、よい賃貸との出会いはタイミングでもあるので、できるときに直ぐアクセスできるスマホアプリは、とても便利です。

さらに、アプリでは自分の検索結果や検索条件の履歴、お気に入りなどを管理できるだけでなく、よい物件を発見後の問い合わせへの連動もスムーズに行えるメリットがあります。

とはいえ、どのアプリも上記のように使いやすく、内容も充実しているかといえば、そうでもありません。

そこで今回は、おすすめの賃貸物件検索アプリ「カナリー(←スマホでタップするとアプリ紹介&インストール画面が開きます。スマホアプリとして使えない人はこちらから)」を紹介します。

マンションなど賃貸物件検索におすすめアプリ「カナリー」
賃貸物件検索アプリ「カナリー」には、以下の特徴があります。
これらは、実際に使ってみた感想でもあります。

・検索条件する機能が優れており、使いやすい
一般的な路線と駅名を条件に入れて検索する部分においても、賃貸サイトでよくあるのが、一回の検索に選択できる駅数が少なすぎることで、一気に結果を得ることができず、何度も検索をしなければならないことです。

しかし、カナリーでは1回の検索時に何駅でも設定できます。

また、駅名による絞り込み検索以外にも、最終的に降りる駅までの「所要時間が何分以内の物件」というような検索が可能です。

検索機能が充実していることでも、よい物件に出会える可能性を高めてくれます。

・賃貸物件の検索条件設定を保存できる
検索毎に条件を設定していては時間がもったいないですが、この機能により1タップで同条件下における最新の結果が毎回検索できます。

・お気に入り登録と比較
検索結果に出てくるマンションなどは、すべてが好みの物件にはならないでしょう。

逆に検索結果を一通りチェックしている過程で、気に入る物件がいくつか出てくることもあるでしょう。

気になる物件があって、後で細かくチェックしたい場合は、「お気に入り」に1タップで入れることが可能です。

これにより、まずは一通り結果を見てから、気になった物件を細かく確認したり、他と比較したりにも活用できます。

・問い合わせがスムーズにできる
気になる物件が見つかってからも、他に探している人との競争は始まったばかりです。

できるだけ早くスムーズに、その物件が本当に自分に合っているかなどの確認を進めることは重要です。

その上で、スムーズな問い合わせができることはポイントです。

気になる物件ページから数タップで、LINEとの連動で問い合わせができたり、従来の問い合わせフォームの形で問い合わせも可能です。

・内見が現地待ち合わせ/解散でできる&契約をオンラインで完結も可能
人が集まる店舗に行くことなく、内見が予約実施できるのは特に今の時代に助かる特徴です。

また、契約をオンラインで完結することも可能となっています。

・不動産エージェントから希望条件に合う新着物件の紹介が得られる
マイページに希望条件を設定することで、それに合う新着物件がある場合には提案を受けられるようになります。

前にも書きましたが、よい物件との出会いはタイミングでもあります。

自分から探しに行くだけでなく、新着に合わせて紹介を受けられることで、よい出会いの可能性を高められます。

・仲介手数料
これはカナリー(←スマホでタップするとアプリ紹介&インストール画面が開きます。スマホアプリとして使えない人はこちらから)がアプリの特徴として解説していますが、「仲介手数料を大幅削減でお得」「最低価格を保証」と書いています。

一般的な仲介手数料は、契約先の賃貸物件の賃料1ヵ月分となることが多い中、少しでも賃貸への引っ越しにかかる初期費用を抑えることにつなげられる可能性があります。

・デメリットは?
カナリーを実際に使っていて、デメリットもあります。
それは、探せる賃貸物件が一都三県に限られることです。

東京・神奈川・埼玉・千葉にあるマンションなどの賃貸物件でなければ、検索結果には出てきません。

今後、さらに機能がアップしていく中で、対象地域が拡大される可能性はありますが、現時点では一都三県になっています。


いかがですか?

もし「おすすめの賃貸検索アプリ」をお探しであれば、一度
カナリー(←スマホでタップするとアプリ紹介&インストール画面が開きます。スマホアプリとして使えない人はこちらから
を試してみてください。


PS
↓少しでも参考になったら、シェアやブックマークなどお願いします♪