賃貸マンションの審査基準とは?


賃貸マンションの審査賃貸マンション契約には事前に不動産会社を通じて審査があります。

これにかかる日数などの期間はどれくらいなのか?
落ちることがないための年収基準などはあるのか?

そもそも賃貸物件の空室情報紙やサイト情報で、これらの審査基準情報が載っていることは稀なこと。
だからこそ、住みたい!と思える部屋があったときほど、審査については気になってしまうもの。

ここでは、そんな気になる「賃貸マンションの審査」について紹介します。

まず、審査で関係があるのは、以下のポイントに対してが基本です。

・ 年収と家賃のバランス
・ 勤続年数
・ 保証人になる人の能力
・ 過去の支払い滞納履歴(金融・不動産業界である信用へのブラックリストに入っていないか?)
・ ペット可否・子供可否・国籍などの基準

 

【年収と家賃のバランス】
審査とは、基本的にはマンションの管理人・オーナー・不動産屋が、その人に対象賃貸の家賃に対する支払能力があるか?を見ることです。

つまり、賃料10万円/月の賃貸に年収100万円程度の人が申し込みをすれば、難しく考えるものです。

また、同じ賃料10万円/月の賃貸に申し込むのでも、単身入居する場合とカップル・夫婦など複数で入居する場合とでは、審査の見方が変わります。

なぜなら、複数での入居ならば、世帯年収として審査してくれる場合があります。

なお、仮に家賃10万円/月の賃貸には、いくら以上の年収の人なら審査で大丈夫か?については、とても気になる部分かと思います。

しかし、賃貸マンションごとに見方が異なるため、「基準付け」についてはどうしても難しくなります。

しかししかし、少なくとも審査になった際の「見通し」については不動産屋で最初に物件紹介の話を聞くときに、年収を話して確認することは出来るはずです。

マンションの隅々まで確認して気に入った賃貸なのに、年収とのバランスで審査が難しくなったと最後に分かっては今までが無駄となる前に、早い段階で確認する重要性を知っておきましょう。

 

【勤続年数】
年収が低いのは、このご時世、よくある悩みです。
しかし、勤続年数はそれを助けてくれるひとつの要素ではあります。

なぜなら、

「勤続年数が長い=責任を放棄しない=現職からの信頼がある=支払いのまっとうできる可能性がある」

と検討してくれる可能性を高めてくれるからです。

 

【保証人になる人の能力】
これも、審査上で年収の低い人が審査通過になるのを助けてくれる要素です。

保証人の人に支払能力が大きくあれば、それだけで審査の印象も大きく良い方向に行く可能性があります。

 

【過去の支払い滞納履歴(金融・不動産業界である信用へのブラックリストに入っていないか?)】
これは、場合によっては最も大きな要素です。

仮にここまでの審査基準を満たしていても、肝心の借主本人に責任能力が過去の履歴から見えない場合、年収の大小や有無に関わらず拒否となる可能性があります。

日ごろからの延滞や滞納は、このような契約で大きな落とし穴になります。

気をつけましょう。

 

【ペット可否・子供可否・国籍などの基準】
最後は、もう少し基本的なことになります。

ペットが不可能な物件にペットを所有している
子供が不可の物件に子供がいる状態で申し込む
日本人のみとしている場合の物件に外国籍の人が申し込み

このような場合は、審査基準の明確な理由と共に落ちる可能性があります。
入居条件などで最初に確認しておきましょう。

 

【最後に・・・】
審査にかかる期間は、約1週間ほどです。

少しでも内見などしていく中で、気になる賃貸マンションが出てきた際には、土壇場になっての審査で落胆しないためにも、その物件の審査基準があなたの年収や履歴などでも見通しが悪くないかの相談を不動産屋さんへ早めにしていくことが無難となります。

 

賃貸マンション審査がスムーズにクリア出来ますように☆
タカハシ




↓少しでも共感いただけたら、コメントやシェア・ブックマークなどお願いします♪


単身の賃貸探しで欠かせないコツ


単身用賃貸探しのコツ単身一人暮らしとして賃貸を探す場合、賃貸物件の探し方に欠かせない73の秘密で紹介している以外に特に気にかけるべき3つのポイントとコツがあります。

よくありがちな条件ですので、単身一人暮らし用の賃貸を探している人は、これらもチェックしてみてください。

 

1. 単身者用として制限があるマンション・アパート
後々、関係する場合には大きな問題となりやすいのが、これです。

単身一人暮らしの場合、いつ生活環境が変わるか分からないもの。
急に一緒に生活をしたい人が現れる可能性もあります。

しかし、賃貸契約には、その部屋・物件が「単身用」と定めている場合があります。
この場合、たとえどんな理由であっても、一緒に生活する人を増やすことは出来ません。

もし、このような違反がある場合は、退去を言われる可能性があります。

もっと厳密に言うと、こういうケースが発覚するのは、管理会社やオーナーさんによるものではなく、どちらかと言えば、周囲に住んでいる人からの苦情であることが多いため、
一度退去を命じられると、断れない環境になってきてしまいます。

もし、少し先を見据えての賃貸探しをするのであれば、契約に「単身用」とないか?のチェックをしておくことをオススメします。

 

2. コンロが1つ備え付けの部屋
単身で賃貸を探そうとすると、時に設備よりもお金を選び、部屋の環境もそれほど細かく見ない場合もあります。

確かに、一人で住む物件であるため、自由に選べるメリットではありますが、
1つしかないコンロが備え付けの物件は控えた方が良いでしょう。

これは、はっきりとお湯だけを沸かす以外に、コンロを使わない場合を除き、不便です。

なぜなら、1つのコンロほど実用性がなく、逆にそれがあることで、追加のコンロの設置をも妨げている邪魔者です。

もし、たった1つ口しかないコンロが付いているくらいなら、自身で別途コンロを買って付けるタイプの方が、利便性は圧倒的に大きいでしょう。

 

3. ベランダがない物件
一人暮らし用のマンション・アパートに見かけるのが、ベランダがない物件です。
ベランダは、単に物干し竿をセットして洗濯物を干せるだけでなく、他にも役立つポイントがあります。

例えば、日よけ。
例えば、雨よけ。
例えば、汚れ防止。

ベランダにある屋根は、偉大な力があります。

時に夏の強烈な日光を遮光し、部屋の気温上昇を緩やかにして、生活し易くしてくれるばかりか、結果的に冷房などの光熱費節約にもつながります。

急な夕立でも、洗濯物を濡れるリスクを最小限にするばかりか、雨風の吹き付けにより窓の汚れを緩和してくれます。

これが、ベランダの無い物件では、非常に熱く、光熱費がかかり、洗濯が乾きにくく、干しにくい、汚れの多い部屋になってきます。

 

よい物件に出会えますように☆
タカハシ

 


 

PS
↓少しでも参考になりましたらシェアお願いします♪


一人暮らしの引越し費用とは?


一人暮らしの引越し初期費用発表!

私が一人暮らしの時に実際に引っ越しでかかった費用を公開します♪
単身で引越しをする場合の初期費用の目安にはなるかもしれません。

これは、引っ越し準備におすすめの見積もり比較から手続きまでで解説のコツを駆使し、交渉を行った結果の料金です。

ただし、引っ越し料金の目安とは?でも解説の通り、同じ業者でも地域や時期などによって値段は大きく変動します。
また、私は特定の引越し会社を紹介したい訳ではないので、特に社名は出しません。

では、興味がある人にしかまったく魅力のないデータかと思いますが、ご覧下さい♪
じゃじゃ~ん☆(笑)

【引越し前の賃貸状況】
・ 1DK
・ 大型家電=エアコン1台・冷蔵庫1台・洗濯機1台・テレビ1台・DVDレコーダー1台・シーリングライト1つ・パソコン1台・こたつ一式1つ・布団一式1つ・2人掛けソファ1つ・衣装ケース/棚10個
・ 場所:東京都

【引越し先の賃貸状況】
・ 1LDK
・ 場所:東京都(別の市町村)

【引越し条件】
・ 荷物の移動以外は全て自分で荷造り/荷ほどきする

【実際の見積もり料金詳細】
トラック1台=+¥30,000
作業員2名=+¥30,000
段ボール20箱支給=+¥7,000
ガムテープ/エアキャップ=+¥1,500
特別家電料金=+¥12,000
ネット&交渉割引=-¥37,500

【合計引越し費用】
¥43,000

 

いかがでしたか?

ご覧頂いたとおり、私の場合、一人暮らしの引越し費用としてかかったのは、合計¥43,000でした。

そして、満足度は100%でした♪

 

あなたにも良い引越しが出来ますように☆
タカハシ

 

PS
もし、これから次の賃貸物件も探す予定ならば、私が同じく自身の経験から今後の自分のために作成した「満足出来る賃貸物件を選ぶために使える73のコツ」を公開しています。

良かったら、参考下さい☆


賃貸初期費用の相場と安くする方法


賃貸初期費用を望むなら・・・【賃貸にかかる初期費用とは?】

1. 敷金・・・賃料の平均1ヶ月~2ヶ月程度。0は訳あり物件の可能性あり。

2. 礼金・・・賃料の平均1ヶ月~2ヶ月程度。0は訳あり物件の可能性あり。

3. 仲介手数料・・・一般的には、賃料の1ヶ月分+消費税。ミニミニなどは0.5か月分とよくアピールをしている。

4. 初回の家賃・・・物件による。物件によっては、初回のみ、2か月分を先に求めるケースもあり。

5. 初回の共益(管理)費・・・物件による。物件によっては、初回のみ、2か月分を先に求めるケースもあり。

6. 賃貸住宅保険料金・・・住む上で万が一の際の家財補償や賠償責任補償、修理補償といった補償を得るため加入が義務付けられることがほとんど。料金は物件により異なるが、支払いは2年分として一括契約時になる場合が多い。

7. 保証会社利用料金・・・連帯保証人が難しい場合に、保証人代わりになる存在として利用できる制度。よって連帯保証人を立てれば不要になるが、物件側でこの制度を強制加入にするケースもある。費用も物件により異なる。

8. 鍵交換費用・・・これまで住んでいた人と同じカギでは嫌な場合、もしくは半ば強制に必要とされる。カギのセキュリティ度によってかかる金額は異なる。

9. 引越し料金・・・今の場所から次の場所へ移動するときのお金。引越し方法によって異なる。

以上です。

この他にも、不動産物件によっては発生する料金があるかもしれません。

 

次に、仮に上記が対象の賃貸マンション・アパートで、以下の契約内容のであった場合、

・ 賃料=¥100,000
・ 共益(管理)費=¥5,000
・ 敷金・礼金=各1ヶ月
・ 仲介手数料=賃料の1ヶ月分
・ その他の費用=私の経験からの平均的な料金

以下のような初期費用の見積もり計算になります。(税抜き)

1. 敷金・・・¥100,000
2. 礼金・・・¥100,000
3. 仲介手数料・・・¥100,000
4. 初回の家賃・・・¥100,000
5. 初回の共益(管理)費・・・¥5,000
6. 賃貸住宅保険料金・・・¥2,5000
7. 保証会社利用料金・・・¥50,000
8. 鍵交換費用・・・¥10,500
9. 引越し料金・・・単身分と仮定して¥35,000

合計相場=¥525,500

賃貸の引っ越しにおける初期費用の相場は基本的に高いものです。

 

【賃貸初期費用を安くする方法】

上記1~9に挙げた中で、安くするために思いつくのが家賃の値引き交渉だと思います。
しかし、実際には家賃を値引き出来るためには、相当の理由が必要です。

家賃の値引き交渉と合わせて考えたいのが、1~5にある礼金や敷金、仲介手数料の値下げ交渉です。
成功によっては、家賃の値下げ以上の意味が出せることもあります。

このあたりについては、賃貸の家賃値下げ交渉をする方法をチェック下さい。

また、賃貸物件や契約内容によって大きく異なる6~9の中では、最後の「引越し料金」以外は
1~5に対する交渉が決裂した場合の更なる代替案として値下げを聞く程度になってくるでしょう。

ただし、保証会社の利用は連帯保証人で済むならば不要に出来るため、保証人を立てられる場合は、依然として初期費用を少しでも安くする1つの方法になります。

最後の「引越し料金」は、賃貸契約とは別の段階で引越し業者との話の中で調整が可能になります。

この辺りについて詳細やコツは、引っ越し準備におすすめの見積もり比較から手続きまでで解説しています。

 

以上をまとめると、賃貸初期費用を安くする方法としては、以下の流れが考えられます。

1. 家賃(共益費)の料金交渉をする
2. ダメな場合、礼金・敷金・仲介手数料の分野で代わりの値下げが可能かを確認する
3. それでも難しい場合、最後に保証・保険・鍵などでかかる費用の値引き交渉をする
4. 別途、引越し業者との話の際に出来るだけ引っ越し料金の値下げ交渉を行う

以上をもって、賃貸初期費用を安くすることは可能とこれまでの経験から言えます。

 

【大事なこと】

いずれにしても、賃貸の初期費用が安い物件をいきなり探すのではなく、希望に合った物件に対して、理由をもった交渉を試みる方が、より満足度の高い引越しにつながると言えます。

いきなり「賃貸の初期費用が安い物件」を探すとロクな物件に出会えません。
忘れてはいけないのは、初めからの「安い」には「理由」があるということです。

だからこそ、良いと思える賃貸物件に「理由」をつけて「安くする」ことが、満足度に大きく影響するのです。

 

良い・安い賃貸探しが実現しますように☆
タカハシ

 

PS
実際の引越し初期費用を抑えるための引越し料金比較を簡単にする方法を知っていますか?
引越し料金の見積もりを比較するために知っておくべきコト

 

PPS
大丈夫ですか?

【意外に費用がかかる賃貸と引越しとインターネット設定の関係】

これも総合的に賃貸・引越しにおける費用を劇的に安く出来る方法の1つです。
賃貸マンション引越しとインターネット設備 無料タイプ~プロバイダ契約タイプまで

 

PPPS
一番お得な引越し業者に出会えてますか?無料の一括見積もりには意外な出会いの可能性を秘めています。

 

↓少しでも共感いただけたら、コメントやシェア・ブックマークなどお願いします♪


格安賃貸物件の6つの落とし穴


格安賃貸の落とし穴物事格安であることは嬉しいことであり、賃貸でも家賃が格安な物件を探してしまうことは理解できます。

だからこそ今回は、賃貸ならではの「格安」に表現される裏の落とし穴について検証してみたいと思います。

格安な賃貸の家賃を見て、「本当にそれは格安なのか?」「実は高くなるのでは?」ということを見分けられるようになるための分析をしていきます。

1. 風呂無しで格安な場合

今の時代、本当に風呂が無いことが格安につながるのか?

例えば、

家賃30,000円で風呂なし

家賃50,000円で風呂あり。

銭湯に毎日行くとして、今の銭湯は1回450円。
450円*30日=13,500円。

毎日相当のお湯など光熱費をお風呂に費やしても、平均3,500円程度。

つまり、差額は10,000円です。

これに加えて、洗濯を家でするならば、お風呂付ならば入った風呂の水を使って節約ができる反面
風呂なし=銭湯+家での洗濯では、結局水道代がかなり増える計算になります。

また、銭湯+コインランドリーになるならば、洗濯頻度と量によってはさらに高く見積もりにもなります。

さらに、

・住むところから銭湯が近くにあるのか?
・天候不良や営業時間で行けない日があるリスク
・そもそも、その銭湯がつぶれたら?

このような悩みを考慮してまでも、はたして、家賃30,000円で風呂なしの賃貸マンション・アパートは格安なのでしょうか?

このような視点でも、一度自分に問いただしてみることは大事かと思います。

2. 期間限定でしか住めない理由で格安な場合

設備の充実さや駅からの近さがあるにも関わらず、明らかに相場的に他よりも格安賃貸に見受けられる場合は、契約期間を注意してチェックしましょう。

多くは、分譲マンションを一時的に住まないオーナーが期間限定で貸し出している場合があります。

つまりは、契約期間満了と共に、出て行かねばならない。

出て行くと、敷金からの天引きも引越し料金も新たな賃貸への礼金・家賃も嵩む一方です。

そこまでして、格安で条件の良いところに期間限定でも住みたいのか?を良く検討しましょう。

3. 家賃が格安なのに管理費(共益費)が高い場合

意外に多いのがこのパターンです。

不動産サイトでは、家賃の項目が大きめの文字で表示される一方、管理費(共益費)は小さめで気づきにくいもの。

同じような設備・場所・広さで家賃が95,000円と105,000円があった場合、それは、95,000円(共益費11,000円)と105,000円(共益費3,000円)のことなのかもしれません。

となれば、つまりは106,000円と108,000円の違いになります。

この上で、前者の物件に他で家賃が安くなっている負の理由は見えませんか?

見えるならば、後者の賃貸マンションの方が良くはなりませんか?

そして、以上をふまえて再度検討した結果、あなたにとって前者の賃貸物件は依然として格安ですか?

4. 格安な代わりに、異常に最寄駅まで遠い場合

どんなに歩いてでも、家賃が安いのはありがたい!

その気持ちも分かります。

もし、その気持ちを大事にするならば、最低限、以下の覚悟もして格安となるか考えましょう。

・ 代わりに自転車を考えるならば、気象変化で自転車が使えないリスクを簡単にクリアできるか?

・ 雪や豪雨などの悪天候などによる徒歩の遅れや自転車が難しいなどの理由で遅延をした場合、勤務先での減給対象になるリスクがあり、結果的に収入の方が減ることはないか?

・ バスを使う場合、自転車と同じリスクや遅延へのリスク及び減給へのリスク管理は予想できるか?

5. 家賃が格安な代わりに、セキュリティが甘い場合

ひとつ知るべきは、格安なところには、格安を求める人が集まるということです。
そして、格安ということは、設備投資も格安になりがちであるということです。

世の中の窃盗・泥棒などは、場所を選びません。
逆に言えば、立地な宅地の方がセキュリティが強く、これの弱いところを狙う傾向もあります。

結果として、最悪の場合、あなたが格安家賃で節約出来てきた貯蓄資産を盗まれるリスクがあります。

脅しではありませんが、環境を合わせてチェックした上での格安の判断をしてみてください。

6. 以前に不幸があった場所(環境が悪い場所)ではないか?

一般的に大幅な賃料値下げがされている賃貸の部屋は、このケースがあります。

3番目に出てきた【家賃が格安なのに管理費(共益費)が高い場合】のように、家賃が安くて共益費が高い理由の1つな場合もあります。

マンション・不動産屋は、これらを説明する義務がありますので、しっかり率直な確認をしましょう

また、不幸以外でも私の経験では、隣の部屋がヤクザ・暴力団関係者の住まいになっているためという理由で格安な場合もあります。

しっかり確認をしてから、格安の意味を受け止めるかを判断しましょう。

良い賃貸物件に出会えますように☆
タカハシ


↓少しでも共感いただけたら、コメントやシェア・ブックマークなどお願いします♪