駐車場が近い賃貸物件のメリットとデメリット


賃貸物件に駐車場(コインパーキング・月極駐車場)が近いメリットとデメリット以前に「47. 近くに公園がある場合の評判や現状をチェックする」を賃貸物件の探し方に欠かせない73の秘密のコツで紹介しましたが、探している賃貸物件の近くに住居以外のものがある場合、様々な考え方に基づいた判断が必要です。

それは、駐車場(月極駐車場やコインパーキング)でも同じです。

一件、コインパーキングなどの駐車場が賃貸物件の隣にある場合、人の住んでいる場所ではないため、別の家が近くて困ることが回避できるメリットを想像することができます。

また、車による来客対応などが必要な際、その駐車場を活用できるメリットを感じる場合もあるでしょう。

しかし、別の見方をすれば、24時間車が出入りする可能性がある=騒音に悩まされる可能性もあります。

長く住む環境として、人によっては線路沿いや大通り沿いの物件と変わらない状況と感じてしまうものです。

せっかく苦労して見つけて引越しをしたのに、実際に住んでいるマンションなどの建物内以外での問題によりストレスを抱えることを出来る限り回避するためにも、周りの環境の確認も十分に行うことは重要です。



↓少しでも共感いただけたら、コメントやシェア・ブックマークなどお願いします♪


複数の賃貸物件検索サイトを使うメリット


複数の物件サイトで賃貸検索をするコツ

スーモスマイティなど、物件検索ができる賃貸サイトは複数あります。
そして、どの賃貸物件サイトを使うのがおすすめであるかを悩む声を聞きます。(おすすめに関しては、こちらここも参照ください)

確かに、物件の賃貸検索サイトを全て使っていては切がありません。
しかし、2-3程度のサイトをポイントを押さえて意図的に活用することにはメリットもあります。

ここでは、複数の賃貸物件検索サイトを使うメリットを3つ紹介します。

1. 特定の賃貸検索サイトならではの物件に出会える可能性がある
全ての賃貸物件サイトで同じ物件が紹介されているわ訳ではありません。
ある物件は特定の賃貸サイトにしか掲載されていない可能性もあります。

複数の賃貸検索サイトを使うメリットは、特定のサイトにしか掲載されていない物件に出会える可能性を上げてくれます。

2. 同じ賃貸物件でも検索結果でサイトに表示される写真が異なり比較しやすくなる
先ほどの「1. 特定の賃貸検索サイトならではの物件に出会える可能性がある」とは逆に、複数の賃貸サイトで同じ物件が紹介されていることもよくあります。

しかし、同じ物件に対しての紹介ページに掲載している写真が異なる場合は様々な理由で生じます。

この場合、同じ物件でも写真の違いにより受ける印象が異なったり、詳細を比較しやすくなったりすることもあります。

3. 一方の賃貸サイトで見逃した物件が、もう一方のサイトで確認される場合がある
これは単純に、賃貸物件サイトのデザインが異なる関係で、同じ物件でも発見しやすかったり、発見できにくかったりすることが1つ。

また、「2. 同じ賃貸物件でも検索結果でサイトに表示される写真が異なり比較しやすくなる」が関係することにより、片方のサイト側では「写真がより印象的なため物件に気づいた」といった場合もあるでしょう。

 

いかがでしたか?

複数の賃貸物件検索サイトを使うことは、時間や労力を使うデメリットもありますが、反面使うことのメリットも多少はあるということです。

特に上記にあげたポイントを意図的に意識して複数の賃貸物件サイトを使うことは、いい物件に出会える可能性を高めるかもしれません。

PS
↓少しでも参考になったら、シェアやブックマークなどお願いします♪


引越しのピークシーズンに向けて効率よく物件探しを行うためのコツ



引っ越し繁忙期の賃貸物件の探し方とコツ

引越しの需要が最も高まるピークは、一般的に3月と言われています。(引っ越し難民がでてくる時期でもあります)

つまり、その前に相当する期間には、当然ながら多くの人が引っ越し先の賃貸物件を探しています。

つまり、その分競争も激しくなり、よい物件は直ぐに契約が結ばれます。

可能ならば、そのような時期に賃貸物件を探すのは避け、より長い時間を費やしては計画的に物件探しができるのが望ましいですが、急な引越しの必要性が生じたり、定期的な契約の理由などで繁忙期に賃貸物件を探さなければならない人も多いでしょう。

今回は、そんなピークシーズンのときでも、より効率よく賃貸物件探しをできるようにするための3つのコツを紹介します。

 

1. 賃貸物件サイトで検索時の毎回の手間を省くために、条件保存する

ネットで自分の希望条件を選択して賃貸物件を賃貸サイト(スーモスマイティなど)で検索する際、毎回条件を選択していては面倒です。

また、複数の賃貸サイトを利用するのであれば、なおさら時間がかかります。

このような非効率を解消してくれるのが「条件保存」の機能です。

多くの賃貸物件を紹介しているサイトでこの機能があり、これを活用することで毎回各サイトへアクセスしては条件を選択する時間の無駄や手間によるストレス、やる気の減少も軽減します。

詳細は、こちらを参照ください。
賃貸マンション情報の検索条件を保存して、ラクラク物件探しをする方法

 

2. 希望にあった賃貸物件が登場次第、勝手に通知してもらう

賃貸物件の探し方は、必ずしも不動産サイトで自分から条件検索したり、街の不動産屋を訪問するだけではありません。

わざわざ自分で毎回探しにいかなくても、勝手に条件や希望に合った物件がある度にメールで通知してくれるサービスが存在します。

それが
誰よりも早く希望する賃貸物件情報をゲットする方法
です。

この機能も、多くの賃貸物件サイトに備わっており、利用することでよい物件に素早く出会える可能性を高められます。

 

3. サイトで探すと同時にチャットをして一気に理解を深める

不動産サイトによっては、単に条件の検索結果に基づく情報提供を受けるだけでなく、オンライン上のチャットで相談しながら探すことが可能となります。

通常は、良さそうな物件がある場合、まずはその物件を管轄している不動産会社へ電話やメールで問合わせをして、場合によっては一度訪問を経てから詳細を確認できるようになります。

しかし、チャットの同時機能を活用することで、その場でより詳しい物件情報を得ることが会話として成立するため、話が早く進められる可能性があります。

このような機能を備えたサービスを提供している代表的なサイトについては
インターネット不動産ietty(イエッティ) 来店しないサイト・アプリのチャットで部屋探し
で紹介していますので、ご参考ください。

 

引越しのピークとなる時期の前に物件探しをしなければならない人にとって、少しでも効率化のきっかけになれば幸いです。

 

PS
↓少しでも参考になったら、コメントやシェア・ブックマークなどお願いします♪





賃貸サイトの比較 何が違うの?



賃貸サイトの比較賃貸物件に住んでいる場合、様々な理由で引越しを検討することはあるかと思います。
その度に、まずは賃貸サイトで物件を条件検索してみることでしょう。

しかし、中には検索を試みる前に、どの賃貸サイトを使うかで悩むことも多いようです。

賃貸サイトは、現在のインターネット社会において非常に多く存在します。

今回は、賃貸サイトの「掲載数」「機能」「デザイン」の各部分における比較をしてみます。

掲載数
最近ではそれほど大きな差は生まれにくくなっています。
多くの物件が、複数の賃貸サイトに掲載されています。

しかし、賃貸サイトによっては、特定の不動産のみを掲載している場合もあり、そのようなサイトでは掲載数の面では少ない場合もあります。
しかし、逆に言えば「そこにしか掲載がない」物件をそのようなサイトは扱っていることになります。

機能
これも賃貸物件の検索をするときの進め方の違いや、検索条件として選択できる項目の違いなどが細かいところで差はあるでしょうが、大差は無くなってきました。

最近では「インターネット不動産ietty(イエッティ) 来店しないサイト・アプリのチャットで部屋探し」で以前紹介したように、サイトで検索をする段階でより協力的なコミュニケーション機能を違いとしてアピールしているサイトもあります。

デザイン
以前に「誰よりも早く希望する賃貸物件情報をゲットする方法」で紹介したような機能1つをとっても、サイトデザインによってその使い勝手が異なります。

人によって使いやすいサイトと感じるところは異なるでしょう。

おすすめの賃貸サイトは?
ここまで紹介してきたとおり、大差ではなく細かい違いが点在すること=人によって使い易いと感じるサイトはより異なりやすいでしょう。

そのため、あくまでも個人的な経験からの感想としては、
沿線・駅を条件にするなら、おすすめの賃貸物件検索サイト
で紹介したこともあるように、SUUMO(スーモ)としています。

タカハシ

PS
少しでも参考になりましたら、是非一番下のブックマークやSNSでシェアで下さい☆





沿線・駅を条件にするなら、おすすめの賃貸物件検索サイト



おすすめの賃貸検索サイト

おすすめの賃貸物件検索サイトを知りたい人に質問です。

あなたは、検索条件に「沿線・駅」を含めますか?

もし答えが「はい」ならば、1回の検索でより多くの「沿線・駅」を一括検索できる賃貸サイトこそがおすすめです。

なぜなら、もし1回の検索で限られた数の「沿線・駅」でしか賃貸検索できないとしたら、何度も条件の入れ直しで作業を行わなければならないからです。

当たり前かもしれませんが、意外にもこの機能の比較を忘れて賃貸検索サイトを選び、時間を無駄にしてしまっている人や検索の段階でストレスを抱えている人、結果的によいマンションなどに出会うチャンスを失ってしまっている人がいます。

「沿線・駅」が物件条件とされることは、不動産サイトや特集で住みたい町や人気駅ランキングなどが発表されていることからも多い傾向でです。

それにも関わらず、賃貸物件検索サイトを「沿線・駅」の機能性で意識的に比較してみると、賃貸サイトごとにかなりの差があることが分かります。

今回は、この機能の使いやすさの比較からおすすめする、賃貸検索サイトを紹介します。

————————————————–
SUUMO(スーモ)の場合】
1回の検索につき、いくつの沿線数でも駅数でも可能

【エイブルの場合】
1回の検索につき、50沿線/何駅でも

【CHINTAI(チンタイ)の場合】
1回の検索につき、50沿線/50駅

【HOME’S(ホームズ)の場合】
1回の検索につき、5沿線/何駅でも

【at home(アットホーム)の場合】
1回の検索につき、5沿線/何駅でも

【アパマンショップの場合】
1回の検索につき、1沿線/何駅でも

スマイティの場合】
1回の検索につき、5沿線/50駅

【ホームメイトの場合】
1回の検索につき、10沿線/10駅

【ピタットハウスの場合】
1回の検索につき、5沿線/30駅

【いい部屋ネットの場合】
1回の検索につき、5沿線/10駅
————————————————–

以上のように、比較すると多くの賃貸検索サイトで1回の検索における選択できる駅もしくは沿線の数に制限があるのがわかります。

しかし、SUUMO(スーモ)に関してはここの制限が一切ありません。

自分がまだどの沿線のどの駅周辺に住みたいか不明であったり、いくつか異なる沿線や駅における結果の比較をしたい場合、対象にしたい沿線数や駅数が多ければ多いほど、SUUMOは1番おすすめな賃貸物件検索サイトといえます。

SUUMOでの検索結果だけを頼りにしたく無い場合や他の検索サイトでもマンション検索などしたい場合は、エイブルも検討できます。

沿線数は1回につき50沿線までと制限がありますが、他の賃貸サイトと比較してもこれは相当多い数です。

加えて、沿線選択後の駅数には制限が無い事を考えれば、使いやすい賃貸検索サイトといえます。

賃貸マンションやアパートなどの空き家物件は日々発生しており、定期的に各賃貸サイトで更新されています。

賃貸物件を探している間は、定期的に検索をした方がいいこともあります。

また、検索時の物件条件として「沿線・駅」は常に同じで選択しながらも、「駅からの徒歩時間」や「築年数」などの他の条件を細かく変えながら検索結果の比較する人も多いでしょう。

このようなときにも、「沿線・駅」の機能が優れた賃貸サイトは、少ない検索回数で多くの情報が得られますので、おすすめの賃貸物件検索サイトとなります。

よい住まいに出会えますように。

PS
少しでも参考になりましたら、是非一番下のブックマークやSNSでシェアで下さい☆