引越しによる郵便局への転送依頼(転居届・e転居)はいつからいつまでにすべきか?

いつからいつまでに転居届やe転居による転送依頼を郵便局へすべきか?郵便局へ転居届やe転居を提出すると、引越しによる住所変更があっても、1年間は郵便や荷物を無料で新しい住所へ転送してくれます。

郵便局への転送依頼をいつから行うべきか?
転居届やe転居は、いつまでに出すべきか?

これらへの解説と注意事項をまとめてみました。

はじめに、郵便局への郵便物や荷物の転送依頼は、基本的には2つのやり方で可能です。

郵便局の窓口で転居届を書いて提出する方法と、インターネットのe転居というページで申請する方法があります。

ここでいきなりの注意事項ですが、どちらの依頼方法でも「転送開始希望日」を設定するのですが、郵便物や荷物を転送してくる1年間の開始日は、この「転送開始希望日」から1年間ではありません。

郵便局のページによると「転送期間は、届出日から1年間です(転送開始希望日からではありません)」と記載が確認できます。

この「届出日」というのが、何を示すのかが解説されていないのですが、恐らく窓口で転居届を提出する日、もしくはe転居で申請を送信する日ではないかと思います。

つまり、「転送開始希望日」よりもかなり早いタイミングで依頼の提出をしてしまうと、その分だけ早いタイミングで転送が終了してしまいます。

転送してくれている期間中に、新しい住所の通知や変更依頼をしたい計画がある場合、それらの全てが完了するまでに時間を要する見込みがある場合は、転居届やe転居を提出する日が早すぎることには注意が必要です。

以上が「いつから郵便局へ転居届もしくはe転居を提出すべきか?」となります。

次に、転居届やe転居の依頼が遅すぎる場合も問題が生じることについて解説します。

郵便局のページには「最寄りの郵便局に転居届を提出されてから登録までに3~7営業日を要します。転居される際には、お早めに転居届を提出してください。」やe転居のページでも「受付が完了してから登録までに3~7営業日を要しますので、あらかじめご了承ください。」と案内があります。

つまり、「転送開始希望日」と考えている日に近すぎると、今度は転送手配が間に合わなくなります。

このように、転居届やe転居による転送の依頼は、早すぎず遅すぎずのタイミングを、ご自身の「転送開始希望日」と考えている日から逆算して実行するのがおすすめです。

以上が「いつまでに郵便や荷物の転送依頼を郵便局へするべきか?」となります。

なお、携帯電話やスマートフォンを持っている場合、e転居の方が自宅でできる分簡単です。(本人確認は、転居届受付確認センターへ電話(有料)することで完了となります)

郵便局窓口で転居届を提出する場合は、本人確認として運転免許証や各種健康保険証等が必要です。(旧住所の記載内容の確認として、運転免許証など住所の記載があるものについても必要との案内があります)

引っ越しによる住所変更手続きは、多岐にわたり大変ですが、いつからいつまでに郵便局への転居届やe転居による転送依頼をすべきかを計画的に行うこともポイントとなります。



PS
↓少しでも記事が役立ったら、シェアやブックマークなどお願いします♪

お部屋探しにおすすめの賃貸サイト・賃貸アプリ

お部屋探しにおすすめの賃貸サイト・アプリ賃貸マンションなど物件探しにおいて、使えるおすすめの賃貸サイトや賃貸アプリをまとめて紹介します。

お部屋探しの不動産サイトとして口コミ・評判が高く、私が実際に使った上での評価も高いおすすめの探し方です。

いかに日々の条件検索が簡単で、いい部屋に出会える可能性を高め、スムーズな問い合わせから仲介手数料など初期費用を安く抑えられるかのポイントを網羅した各賃貸サイト・アプリのおすすめです。

【おすすめの賃貸サイト】スマイティ
スマイティの特徴はいくつかありますが、代表的なものとして以下のメリットがあり、おすすめの賃貸サイトとして挙げられます。

まず、賃貸サイトによっては掲載されている物件の数が異なったり、表示のされ方が異なったりします。

そのため、同じ条件検索をしていても、本来一方の賃貸サイトであれば出会えたいい部屋が、使う賃貸サイトによっては出会えない可能性もあります。

スマイティは、「スーモ」「エイブル」「いい部屋ネット」「アパマンショップ」「CHINTAI」など大手の賃貸サイトに掲載の物件をカバーしているため、一回の検索による出会いを最大化できると言えます。

また、お祝い金がプレゼントされるキャンペーンがあります。

つまり、複数の賃貸サイトに掲載がある賃貸物件の紹介について気に入る場合、それがスマイティを経由しても問い合わせが可能であるならば、そちらの方が契約後にお得な結果がついてくる=初期費用を抑えることができます。

その他の使ってみた中で評価できる詳細を知りたい人は、こちらも参照ください。
賃貸マンションなど物件探しにおすすめの不動産賃貸サイト「スマイティ」


【おすすめの賃貸アプリ】
カナリー

カナリーは賃貸アプリとしておすすめです。

理由はいくつかありますが、大きな点は毎回の検索がスムーズ且つ効率的であることです。

検索時に指定できる対象駅数に制限がなく、その日にいい物件が無くても、次の機会にすぐに同条件で検索できることや、以前見つけた気になる物件との比較が簡単にできる機能など充実しています。

しかもカナリーはスマホアプリなので、いつでも好きなときに直ぐ使えるようになります。

いい物件と出会うにはタイミングも重要です。
その点を最大化しやすいのが、カナリーがおすすめな賃貸アプリである理由の1つです。

その他、仲介手数料が安いなどの詳細をチェックしたい人は、こちら
おすすめ賃貸物件検索アプリ「カナリー」


【おすすめの賃貸サイト・賃貸アプリ】
ietty

最後に、チャット型の賃貸サイトも使い勝手が良ければおすすめです。
こちらはアプリをインストールしての活用も可能です。

名前は、ietty (イエッティ) 。

ポイントとなるチャット型とは、実際には不動産屋さんに行っていないが、あたかも不動産屋さんのスタッフの目の前にいて、いつもお部屋探しができるということです。

賃貸検索から気になる物件があれば、多くの時間帯でリアルタイムでチャットでやり取りできる=つまり目の前で接客を受けるのと同じことができるようになります。

気になる物件がある場合、通常のメールや電話で問い合わせをして、折り返しの連絡が来るのを待って、内容を確認してから再度折り返すといった時間のロスを、iettyでは減らせるようにもなります。

いい物件は、早い者勝ちにもなりやすく、早々に内見をしておきたい中、事前の問い合わせにおけるやり取りや確認事項がスムーズに行えるに越したことはありません。

他にも、物件検索してもいい賃貸物件が出てこない場合、どんな部屋を探しているかをチャットで相談することもできます。これもまた、あたかも不動産屋にいるような活動を家にいて実現できます。

もっと知りたい人は、こちらも参考ください。
インターネット不動産ietty(イエッティ) 来店しない賃貸サイト・アプリのチャットで部屋探し


以上です。
上記に紹介の賃貸サイト・賃貸アプリは、どれも一般的な口コミ・評判も高いので、気になるようであれば、一通り試してみるのもいいかもしれません。

効果的な部屋探しをすることで、少しでも多くのいい物件に出会い、新しい素敵な生活がスタートできることを願っています。


PS
↓少しでも参考になったら、シェアやブックマークなどお願いします♪

引っ越し時に必要な登録住所変更の手続き先(転居届け先)チェックリスト一覧

引越しで必要な住所変更の手続き先(転居届け先)一覧引っ越しが確定すると必要となる各登録の住所変更(転居届け)について、代表的な一覧を紹介します。ご自身のチェックリストから漏れがないかの参照先として活用ください。

「どのような住所変更が必要であるか?」はもちろん、「いつから、いつまでが手続きのタイミングか?」「どの順番で変更が必要か?」「手続き上で用意する物は何か?」などを事前に知り、スケジュール管理することが重要です。

・ 郵便局への転居届
最寄りの郵便局の窓口で転居届を書いて提出、もしくはオンラインの「e転居」で手続き可能です。
基本的な仕組みについては、「引っ越し 郵便 転居」とネット検索して、公式ページで確認することが可能です。

・ ヤマト宅急便の転送依頼
ヤマト運輸の場合、「宅急便転居転送サービス」を利用することで宅急便・宅急便コンパクト・ネコポスなどを1年間転送してくれます。
注意事項は、手続きの流れ上、郵便局への転居届完了による転送開始が先に必要です。
詳細は「宅急便転居転送サービス」と検索の上、公式ページの案内をご確認ください。
なお、佐川急便など他の宅配業者では転送サービスは現時点では無いようです。

・ 住民票の移動(転居届 / 転出届 / 転入届)
引越し先の自治体(市区町村)が、引越し前の自治体(市区町村)と同じかどうかでも手続きの流れが変わります。
状況に応じて、転居届だけで済む場合もあれば、転出届と転入届の両方を順番に必要となる場合もあります。
手続きをいつから、いつからいつまでに行う必要があるかなどを含め、まずは現在の住まいと引越し先の住まいの両方の自治体(市区町村)名で検索して詳細を確認ください。
例:「住民票 届出 〇〇市」

・ マイナンバーの住所変更
基本的に役所で行いますので、住民票の移し先の窓口で相談します。
いつまでに手続きが必要かなど期限の確認など含め、まずは詳細を引越し先の自治体(市区町村)名で検索して確認ください。
例:「マイナンバー 住所変更 〇〇市」

・ 運転免許証の住所変更
引越し先の住所を管轄する警察署や運転免許更新センター、運転免許試験場などでできますが、具体的にどこでどのように、いつまでに必要かなどは詳細確認が必要です。
「運転免許証 住所変更 〇〇〇」と〇〇〇の部分に引っ越し先の都道府県名を入れて検索の上、各警察の公式案内で確認します。

・ 印鑑登録の住所変更
引越し先が引越し前と同じ自治体(市区町村)である場合、基本的には住民票移動時の転居届の段階で変更されますので、特別な手続きは不要です。(例外があるといけませんので、念のため住民票の移動における転居届の際に窓口で相談はしましょう)
しかし、引っ越し先が異なる自治体(市区町村)となる場合は、転出届と転入届の各段階において、同時に印鑑登録の手続きが必要です。転居届の際は印鑑登録の抹消依頼を行い、転入届の際は印鑑登録の新規登録を依頼します。各窓口で相談しましょう。
実印と身分証明書が必要となります。

・ 銀行への登録住所変更
従来の窓口での変更手続き以外にも、銀行によって郵送やインターネットバンキングなどによるオンライン上での変更手続きも可能です。
「〇〇銀行 住所変更」で検索して、公式ページの案内を確認します。

・ クレジットカードの住所変更
マイページにログインをして変更する方法が一般的です。
「〇〇カード 住所変更」で検索して、公式ページの案内を確認します。

・ 携帯電話会社への住所変更
インターネット上やショップ、サポートセンターへの電話での手続きが基本になります。
「〇〇〇 住所変更」と〇〇〇の部分に契約先の携帯電話会社名を入れて検索の上、各公式案内で確認します。

・ 各種サービスのIDやアカウントなどに登録の住所変更
ネットショップやオンラインサービス、メンバーズカード、会員証、ポイントカード、契約書など、これらの会員情報への住所変更も必要です。
「〇〇〇 住所変更」と〇〇〇の部分にサービス名を入れて検索の上、各公式サイトの案内に沿って進めます。





PS
↓少しでも共感いただけたら、コメントやシェア・ブックマークなどお願いします♪

少しでも安く物件を手に入れる探し方とコツ お祝い金キャッシュバックがもらえるおすすめ賃貸サイト

お祝い金キャッシュバックで賃貸物件を安く手に入れる探し方とコツ賃貸マンションなどの部屋探しで初期費用を少しでも安くする賃貸物件の探し方とコツがあります。

それは、お祝い金キャッシュバックがもらえる賃貸サイトを利用することです。

一部の賃貸サイトでは、お祝い金やキャッシュバックという名目でキャンペーン企画を行っています。

詳細は各賃貸サイトの案内を見る必要がありますが、基本的にはその賃貸サイトから物件について不動産会社へ問い合わせをした後に、そことの賃貸契約が完了すると、5千円や1万円などのお祝い金キャッシュバックが得られます。

敷金や礼金、不動産会社への仲介手数料や引っ越し料金など、賃貸契約においては、初期費用として多くの費用がかかります。

そんな中で、5千円や1万円でもお金が節約できることは大きなメリットです。

同じ賃貸物件についての紹介が、お祝い金やキャッシュバックを行っている賃貸サイトと行っていないサイトの両方で見つかるならば、行っている賃貸サイト経由で問い合わせから契約に至る方が、賢いおすすめの探し方であるともいえます。

ただし、すべての賃貸サイトでこのようなキャンペーンが行われている訳ではありません。

スマイティキャッシュバック賃貸DOOR賃貸、などの賃貸サイトが行っています。

その中でも、おすすめの賃貸サイトは、スマイティです。

理由としては「賃貸マンションなど物件探しにおすすめの不動産賃貸サイト「スマイティ」」で紹介していますので、合わせてチェックください。

以上、賃貸物件を安い初期費用にできる探し方とコツでした。

PS
少しでも参考になりましたら、是非一番下のブックマークやSNSでシェアで下さい☆

内見時に知っておきたい 賃貸物件チェックポイント -飲食店が近い場合-

賃貸の内見時チェックリストとポイント -飲食店が近い場合-賃貸マンションなど気になる物件が見つかった時、必ずすべき「内見」について、これまでにチェックリストとなるべき項目を「賃貸物件の探し方に欠かせない73の秘密のコツと引越し方法」の一部やブログの中で何点か紹介してきましたが、今回は「飲食店が近い場合」についてポイントを解説します。

個人経営されているレストランなどは、マンションの1階部分に入っている場合や、マンションのすぐ隣や正面などにある場合があります。

レストラン以外でも、お弁当屋さんや惣菜屋さんなどの場合も考えられます。

このような立地にあるマンションなどの物件の場合、特に一人暮らしや共働き家族の場合などには「便利」な印象もありますが、デメリットもあります。

1つ目は、臭いです。

料理を提供する場所からは、とにかく換気扇から外へ臭いがでます。

そして、お店の営業時間によっては、朝から夜遅くまで臭いが周囲に立ち込めます。

油や煙などしつこい臭いは、排出時間が終わっても臭いが消えません。

毎日の生活において、部屋の換気は必要です。

しかし、住まいのすぐ近くから毎時間出てくる臭いに、窓を開ければ部屋がいつも油や煙の臭いにさらされる環境となる可能性があります。

洗濯物をベランダに干すならば、乾いた服やタオルが臭いに覆われる可能性があります。

2つ目は、生ごみと虫です。

飲食店など、食べ物を扱う店からは「生ごみ」が発生します。

そしてそれらは通常のゴミとして扱われます。

つまり、日々の溜まる生ごみの臭いや、収集所に置かれている時間の生ごみなどからの臭いは、気になる人にとって、特に夏の日は強烈となる可能性があります。

さらに生ごみは、コバエやゴキブリなどの虫を引き寄せ、結果的に近くの部屋にも近寄ってくるリスクは否定できません。

内見をするとき、たまたま飲食店などが休業日で、その存在に気付かない場合もあります。

臭いや虫に敏感な人は、内見の際に、飲食店などの存在についても把握する必要があります。

また、営業時でも臭いの出方などは時間帯によっても異なる可能性があります。

気になる物件であるならば、何度も異なる曜日や時間帯に足を運び、臭いや衛生面などの確認を行うことがおすすめです。




PS
↓少しでも参考になったら、シェアやブックマークなどお願いします♪