賃貸初期費用の相場と安くする方法


賃貸初期費用を望むなら・・・【賃貸にかかる初期費用とは?】

1. 敷金・・・賃料の平均1ヶ月~2ヶ月程度。0は訳あり物件の可能性あり。

2. 礼金・・・賃料の平均1ヶ月~2ヶ月程度。0は訳あり物件の可能性あり。

3. 仲介手数料・・・一般的には、賃料の1ヶ月分+消費税。ミニミニなどは0.5か月分とよくアピールをしている。

4. 初回の家賃・・・物件による。物件によっては、初回のみ、2か月分を先に求めるケースもあり。

5. 初回の共益(管理)費・・・物件による。物件によっては、初回のみ、2か月分を先に求めるケースもあり。

6. 賃貸住宅保険料金・・・住む上で万が一の際の家財補償や賠償責任補償、修理補償といった補償を得るため加入が義務付けられることがほとんど。料金は物件により異なるが、支払いは2年分として一括契約時になる場合が多い。

7. 保証会社利用料金・・・連帯保証人が難しい場合に、保証人代わりになる存在として利用できる制度。よって連帯保証人を立てれば不要になるが、物件側でこの制度を強制加入にするケースもある。費用も物件により異なる。

8. 鍵交換費用・・・これまで住んでいた人と同じカギでは嫌な場合、もしくは半ば強制に必要とされる。カギのセキュリティ度によってかかる金額は異なる。

9. 引越し料金・・・今の場所から次の場所へ移動するときのお金。引越し方法によって異なる。

以上です。

この他にも、不動産物件によっては発生する料金があるかもしれません。

 

次に、仮に上記が対象の賃貸マンション・アパートで、以下の契約内容のであった場合、

・ 賃料=¥100,000
・ 共益(管理)費=¥5,000
・ 敷金・礼金=各1ヶ月
・ 仲介手数料=賃料の1ヶ月分
・ その他の費用=私の経験からの平均的な料金

以下のような初期費用の見積もり計算になります。(税抜き)

1. 敷金・・・¥100,000
2. 礼金・・・¥100,000
3. 仲介手数料・・・¥100,000
4. 初回の家賃・・・¥100,000
5. 初回の共益(管理)費・・・¥5,000
6. 賃貸住宅保険料金・・・¥2,5000
7. 保証会社利用料金・・・¥50,000
8. 鍵交換費用・・・¥10,500
9. 引越し料金・・・単身分と仮定して¥35,000

合計相場=¥525,500

賃貸の引っ越しにおける初期費用の相場は基本的に高いものです。

 

【賃貸初期費用を安くする方法】

上記1~9に挙げた中で、安くするために思いつくのが家賃の値引き交渉だと思います。
しかし、実際には家賃を値引き出来るためには、相当の理由が必要です。

家賃の値引き交渉と合わせて考えたいのが、1~5にある礼金や敷金、仲介手数料の値下げ交渉です。
成功によっては、家賃の値下げ以上の意味が出せることもあります。

このあたりについては、賃貸の家賃値下げ交渉をする方法をチェック下さい。

また、賃貸物件や契約内容によって大きく異なる6~9の中では、最後の「引越し料金」以外は
1~5に対する交渉が決裂した場合の更なる代替案として値下げを聞く程度になってくるでしょう。

ただし、保証会社の利用は連帯保証人で済むならば不要に出来るため、保証人を立てられる場合は、依然として初期費用を少しでも安くする1つの方法になります。

最後の「引越し料金」は、賃貸契約とは別の段階で引越し業者との話の中で調整が可能になります。

この辺りについて詳細やコツは、引っ越し準備におすすめの見積もり比較から手続きまでで解説しています。

 

以上をまとめると、賃貸初期費用を安くする方法としては、以下の流れが考えられます。

1. 家賃(共益費)の料金交渉をする
2. ダメな場合、礼金・敷金・仲介手数料の分野で代わりの値下げが可能かを確認する
3. それでも難しい場合、最後に保証・保険・鍵などでかかる費用の値引き交渉をする
4. 別途、引越し業者との話の際に出来るだけ引っ越し料金の値下げ交渉を行う

以上をもって、賃貸初期費用を安くすることは可能とこれまでの経験から言えます。

 

【大事なこと】

いずれにしても、賃貸の初期費用が安い物件をいきなり探すのではなく、希望に合った物件に対して、理由をもった交渉を試みる方が、より満足度の高い引越しにつながると言えます。

いきなり「賃貸の初期費用が安い物件」を探すとロクな物件に出会えません。
忘れてはいけないのは、初めからの「安い」には「理由」があるということです。

だからこそ、良いと思える賃貸物件に「理由」をつけて「安くする」ことが、満足度に大きく影響するのです。

 

良い・安い賃貸探しが実現しますように☆
タカハシ

 

PS
実際の引越し初期費用を抑えるための引越し料金比較を簡単にする方法を知っていますか?
引越し料金の見積もりを比較するために知っておくべきコト

 

PPS
大丈夫ですか?

【意外に費用がかかる賃貸と引越しとインターネット設定の関係】

これも総合的に賃貸・引越しにおける費用を劇的に安く出来る方法の1つです。
賃貸マンション引越しとインターネット設備 無料タイプ~プロバイダ契約タイプまで

 

PPPS
一番お得な引越し業者に出会えてますか?無料の一括見積もりには意外な出会いの可能性を秘めています。

 

↓少しでも共感いただけたら、コメントやシェア・ブックマークなどお願いします♪


引っ越し料金の目安とは?


引っ越し料金の目安「引っ越し料金の目安がどのくらいなのか?」は、誰しもが気になるところです。

しかし、絶対してはいけないのが、他の人が同じくらいの時期や荷物量で行った費用と比較したり、相場を見出すことです。

なぜならば、引っ越し料金は、たとえ同じ業者であっても、作業地域や荷物量、運ぶもの、曜日、時間帯など1つでも違うだけで大きく異なってくるからです。

もし、引っ越し料金の目安を知りたいのであれば、まずは引っ越し料金が何によって変化するかを理解し、その上で実際に複数の業者へ同じ日時、荷物量など「あなたの単位」で比較することです。

あなたとまったく同じ地域、業者へ同じ荷物量、運ぶものがある人はいません。

つまり、そこと比較して大きな差が出るリスクの料金目安を知ろうとするくらいなら、
自分の条件に対しての複数の業者意見を聞いた方が、遥かに効率よく料金目安を確実に知ること出来るということです。

引っ越しの料金は、大きく分けて以下の3つの要素で大きく変わります。

1. トラックサイズ
2. 作業員数
3. 曜日と大安など

例えば、複数の引っ越し業者へ見積もりの依頼をした際、最初の業者が
【1.7tトラック1台+作業員2名+土曜日の時間午前中(大安ではない)】
とした料金目安を出した場合、同じ条件での料金を他の業者からも聞きだします。

これにより、あなたを取り巻く各業者の料金幅が確認出来、これに話した上での印象やその他の確認ポイントと合わせて、一番納得の業者にお願いをします。

・ 単純に条件が似ているからといって他人と比較しない
・ 単純に見積もりに来てもらい話をしただけで納得しない

引っ越し料金の目安は、是非このように効果的に知ってみてはいかがですか?

 

良い引っ越し業者がみつかりますように☆
タカハシ

 

PS
引っ越しの料金目安が分かった後、最終的に業者を絞り込む上で質問で確認すべき項目などがあります。

これらも、私の実体験に基づいて役立つ質問たちです。

最近、これらをまとめたページを作成しました。
引越し準備におすすめの見積もり比較から手続きまで

良かったら、合わせてご参考下さい。

また、引っ越しを安い料金で実現するために使える見積もり費用比較&交渉術も合わせて参考ください。

 

PPS
↓今回の記事が良かったならば、コメントやシェア・ブックマークなどお願いします♪


引越し料金の見積もりを比較するために知っておくべきコト


引越し料金の見積もり比較方法のコツ引越しは、料金が比較的大きくかかります。
だからこそ、複数の引越し業者に料金目安を聞くことは重要です。

なぜなら、1社の見積もりだけでは、それがあなたの条件において、どのくらいの相場にあたるのかを判断できないためです。

しかし、これは私も経験して痛感しましたが、引越し業者一社一社をサイト検索で調べては
電話やメールで見積もり依頼のリクエストしていては、莫大な時間を要します。

そもそも、どの業者に見積もりをお願いするのか?

さらに、何処に依頼するにしても、毎回同じことを相手に告げなければなりません。

名前
住所
電話番号
メールアドレス
引越し場所
希望日時

ここでおすすめなのが、一括見積もりサイトと呼ばれるサイトを使うことです。(例えばこのようなサイト

このようなサイトは、多くの場合、予め大手を含む多数の引っ越し業者を提携先に持ち、彼らのフォームに入力した上記のような必須項目を一括して送信してくれます。

つまり、一度の入力で数十もの引っ越し業者へ見積もり依頼したことになるのです。

これは大きな手間と時間の節約です。

また、他にもメリットがあります。

それは、大手ばかりが対象とならないことです。
個人で一社ずつ問い合わせをしようとすると、どうしても大手ばかりがサイトで見つかります。

しかし、引越しでは大手ばかりが強いわけではありません。
また、地域ごとに強い業者も存在します。

このような中で、広い範囲の業者と出会うチャンスにもなります。

以上が、「引越し料金の見積もりを比較するために知っておくべきこと」の基本の1つとなります。

 

良い引っ越しができますように☆
タカハシ

 

 

PS
他にも引越しにおいて損をしないために知っておくべきコトは沢山あります。
今回紹介したのは、そのうちの1つを要約したものです。

どうしても、全てを書くにはかなりの量になるからです。

しかし最近、これらをすべてまとめたものがようやく完成しました。

もし、この先で満足いく引越しの実現を予定しているならば、合わせてこちらをチェックしてみて下さい。

 

PPS
引越し時期を問わず使える値引き交渉方法とは?
引越しを安い費用で実現するための交渉術

 

PPS
↓今回の記事が良かったならば、コメントやシェア・ブックマークなどお願いします♪