引っ越し比較サイトを使うときに費用以外にチェックすべきこと


引っ越し比較サイトの一括費用見積もり結果へのチェックリスト引っ越し見積もりを一括に行い、費用比較が簡単にできる引っ越し比較サイトが便利で人気です。

そして、結果として得られる費用が安い業者から引っ越し方法を選ぶ人が増えています。

しかし、料金相場や業者間における引っ越し費用比較だけで結論付けしてしまうと、場合によって想定外の問題に遭遇してしまう可能性があります。

費用の一括比較はもちろん便利で大事ですが、それ以外の比較ポイントも把握した上で、最終的な引っ越し業者を決めるのがおすすめです。

ここでは、引っ越し比較サイトを使って一括見積もりから得られた費用以外のチェックリストを紹介します。

 

・質=必ずしも安かろう悪かろうではありませんが、引っ越し費用が格安な場合の理由が、当日に実際作業を行う人々の丁寧さや細やかさと反比例することになると、引っ越し中の損害につながるリスクがあります。

また、提示された費用で配置してもらえる当日の作業員の人数内訳が、他の業者と比較して異なるか否かもポイントです。

作業員が他よりも少ない=作業の質に影響があるかもしれません。

費用以外で引っ越し業者を探す過程の中で、当日配備してもらえる人の経験値をヒアリングしたり、人数が他の業者よりも少ない場合はその理由などを聞いて納得できるかをチェックするのがおすすめです。

・実施日時=費用が安いと引っ越し作業日もしくは時間帯が自由に選択できない可能性もあります。

引っ越し業者にとって空いている時間帯や日にちだからこその格安引っ越し料金提示である可能性もあります。

引っ越し日や時間帯にこだわりがある人は、この点においても不本意な内容でないかをチェックしておくことがおすすめです。

・資材=ダンボールやふとん袋、テープなどの引っ越し用資材がどのような数量と料金加算されての結果であるかもポイントです。

その量で足りるのか?足りない場合は、どのくらいの追加料金が別途考えられるのかを確認しておくことで、最終的な引っ越し費用とのギャップの可能性を計ることができます。

また、提示資材の中で不要な物がある場合の指摘と値下げの可能性を探ることもできます。

 

これらのポイントを、引っ越し比較サイトを使った一括費用見積もりの結果に加味して最終判断してみるのはおすすめです。

 

満足な引っ越し比較サイトの活用が実現しますように♪
タカハシ

 

 

PS
↓良かったら、ブックマークやシェアお願いします。


引っ越しが安いオフシーズンの時期とはいつか?



引越し料金が安い引っ越しオフシーズンの時期とは?引っ越しには、オフシーズンとなる時期があります。

安い引っ越しが可能となりやすくなるだけでなく、ピークシーズンでは難しいメリットがたくさんあります。

ここでは、「引っ越しが安くなるオフシーズンの時期とはいつか?」について、5つのメリット共に紹介します。

 

はじめに、引っ越しが安いオフシーズンの時期とは、一般的に4月下旬から8月くらいまでと言われています。

3月までは明らかなピークシーズン(引っ越し難民という言葉も最近はでてくる時期)となるため、需要が一気に減った後の時期がオフシーズンとなりやすくなります。

引っ越しのオフシーズンは、引っ越し料金相場が安いだけでなく、他にもメリットが考えられます。

 

・ 引越し料金が安くなりやすい
引越し業者もオフシーズンは仕事を求めている時期だけに、こちらからの費用に対する値引き交渉にもピークシーズンより応じてくれる可能性が高くなります。

・ 比較的好きな日時を選択しやすい
ピークシーズンでは大安や週末などは直ぐに枠が埋まってしまいます。しかし、オフシーズンの時期ならば、時間帯も含めて相談がしやすくなります。

・ ピークシーズンでは値段が割り増しとなりやすい曜日でも高くなりにくい
大安や週末などは需要があるだけでなく、人気ゆえ料金も高くなりやすくなります。しかし、オフシーズンの時期ならば、それほど高くならずに対応してもらえる可能性もあります。

・ 作業評価の高い人に当日現場を担当してもらいやすい
ピークシーズンには、どの引越し業者も当日に現場で作業するスタッフがたくさん必要なため、多数確保していますが、そのスキルには差が生まれやすくなります。
オフシーズンの時期ならば、多くのスタッフの中でもスキルが高く、評価の高いスタッフに優先的に自身の引越しを担当してもらえるよう相談することも可能です。

・ 見積もりを依頼する段階から粗品をもらえやすい(特典を得やすい)
粗品についてはそれほどお得な話ではないかもしれませんが、一応・・・
それ以上に、実際の見積もり料金の中で本来なら有料の部分が一部無料扱いにしてもらえることもあります。

 

有意義な引っ越しとなりますように。

 

PS
いくら引っ越しが安いオフシーズンの時期とはいえ、引っ越し業者によって提示してくる金額は様々です。

そのため比較は必要であり、一回の作業で複数の業者と交渉するチャンスが伺える一括見積もり料金比較は便利です。

 

PPS
この記事が少しでも役に立ったなら、是非下記のブックマークやSNSボタンでシェアお願いします。





おすすめな安い引越し業者の選び方



安いおすすめの引っ越し業者2018年になりましたね。

これから4月の新生活を迎える人々を中心に、新しい賃貸物件への引っ越しが最も多い時期になります。
同時期には、賃貸契約の更新を迎える人も多くおり、さらに引越し需要は増えます。

そして、この時期に多い検索ワードといえば「引越し業者 おすすめ」「引越し業者 安い」などです。

新しい賃貸物件が決まれば引っ越しです。
そんなときによく検索されるキーワードがこれらなのです。

しかし、一概にこの業者がいい!というのはありません。

引っ越し準備におすすめの見積もり比較から手続きまで
ではかなりのコツを紹介していますが、あなたの土地や引っ越し先、時期や引っ越す量などによっても業者の良し悪しは変わるものです。

 

ですから、業者名への印象だけで判断しない方がおすすめです。
そして、上記のリンク先でも解説の通り、見積もり金額や質を比較することが必要と考えます。

それでも最後の一手まで、安い引っ越し料金を目指すなら、今回は今からでも(今だからこそ)最後の一押しとして活用できるかもしれない値段の交渉方法を3つ紹介します。

もちろん、最終交渉として自分にも条件を作る内容となりますので、いずれもあなたにとってできることが前提で必要です。

 

1. ずばり、4月に入ってからでいいので、●●円値下げできませんか?

3月末までは、どこの業者も人やトラックなどが一杯な状態である一方、4月に入れば一気に需要が減る傾向があります。

引越し業者としても、3月のピークの流れを継続できるタイミングで予約をしてくれるならば、メリットがあります。

その点を活かして、値引き交渉をしてみる方法です。

 

2. 急なキャンセル枠に入り込むことで値引きできませんか?

仮に引っ越し時期のピークシーズンと言われる1月~3月であっても、急なキャンセルが発生した枠に収まるように予約が可能な場合、引越し業者にとっても多少の値引きをしても無駄が減る分助かるとして、お互いにメリットのある話となる可能性があります。

そこを狙ったアプローチ方法です。

 

3. 直近ではなく、かなり前もったタイミングでの見積もり依頼とする

急な予約の場合(それが引っ越しの繁忙期であればあるほど)、値下げが難しいのは当然ながら、引越しの手配も困難になりやすいものです。

逆に考えれば、今から余裕のある時期へのお願いとなれば、その分料金交渉付きでも承諾がもらえる可能性があります。

 

いかがですか?

いずれの場合も、あくまでも可能性のある方法であり、必ず成功するとは限りません。

しかし、可能ならば何もしないよりは聞いてみるということも時には必要であり、聞いてみるアイディアの1つの参考にしてみてください。

さらに別の活用方法として、一括見積もりで料金比較をしている場合、複数の業者に同じ問いかけをして、応答の違いを見て最終的に比較判断するのも手です。

 








賃貸でインターネットのプロバイダと料金比較が重要な理由



インターネットのプロバイダ比較と料金比較賃貸でのインターネット回線の使い方を検討するとき、光回線でもモバイル回線(WiMAXやワイモバイル)でも必ずプロバイダと呼ばれるサービス提供会社がでてきます。

多くの光回線やモバイルWiFiなど、ネット環境を提供する会社は、基本的には直接サービスを私たちに提供していません。

彼らと私たちとの間に「プロバイダー」という会社が存在し、彼らが架け橋となってネット契約を成立させてはサービスを利用できるようにしてくれています。

そして、毎月必要な料金はそのプロバイダによって大きく異なってきます。

たとえ、同じNTTのフレッツ光を使うにしても、同じWimaxを使うにしても、選択するプロバイダによって金額が大きく異なるのです。

つまり、「インターネットのプロバイダ比較」=「インターネット料金比較」になります。

あなたは、そのことを知っていましたか?

 

賃貸の家賃で毎月数万円の賃料を支払っている中、追加でネット回線契約の料金を毎月数千円発生することは大きな負担増ですよね?

しかし、選択するプロバイダによっては、月額を大幅に軽減できるだけでなく、初期費用を抑えることも可能です。

これこそが、「賃貸でインターネットのプロバイダと料金比較が重要な理由」であり、そのためには初めのインターネットプロバイダをしっかり比較検討することが重要です。

もし、既に何らかのネット回線契約を利用していたとしても、違約金のかからない解約可能月があるならば、この機会に選択するプロバイダの見直しにも有効です。

 

プロバイダの比較方法ですが、光回線でもモバイルWiFiでも今では多くの会社がプロバイダとして名乗りを上げており、どの会社が安くておすすめということはありません。

つまり、あなたが検討や見直しを開始するときに存在するプロバイダ会社をひとつひとつ調べて比較していくしかありません。

とはいっても、賢く行わなければそれは途方もない面倒な作業です。

 

光回線のインターネットプロバイダ料金比較をする場合
ポイントはキャンペーンと月額料金のバランスです。

●●ヶ月間無料と長期の無料期間があったり、キャッシュバックなどの特典が破格であったりすると、相当なお得感を覚えます。

しかし、月額基本料金を見てみると、他者に比べて高い設定であり、例えば最低利用期間などがある場合には、それをクリアするタイミングまでの合計金額が、他のキャンペーンの無い月額が安いプロバイダーよりも結果的に高く場合もあります。

この点について特に注意しながら、複数のプロバイダを効率よく料金比較するのはおすすめです。

なお、引越し先のインターネット環境を無料で調べてくれる【引越しラクっとNAVI】
といった無料のサポートサービスを最初に活用してみるのも1つのコツです。

 

モバイルWiFiのプロバイダ料金比較をする場合
この場合、ワイモバイルやWiMAXと、ネット回線会社数が増える中でそれらの回線を仲介するプロバイダも複数存在することから、比較はより難しいばかりか、最近では大きな差がなくなりつつもあります。

そして、基本的な考え方と選び方、比較のポイントは上記の光回線の場合と同じです。

そんな中で更におすすめなのは、彼らが出す広告に目を向けることです。

普通に彼らのサービス提供の案内のページを見るときには目にしないキャンペーンが、広告経由で入るページ上では見つけることが出来る場合があります。

もちろん、毎回見かけることが出来る訳ではありませんが、広告経由のページからの申し込み限定のキャンペーンは確かにお得に存在します。

以下は、これまで見つけてこれたお得な広告です。(表示が消えていたら終了しています。ご了承ください。)




賃貸のネット環境が少しでもお得になりますように☆
タカハシ

 

PS
そもそも不明なことが多い場合、1から無料相談できるサービスもあります。

 

PPS
↓少しでも共感いただけたら、コメントやシェア・ブックマークなどお願いします♪





単身一人暮らし向け無料の0円引っ越しサービスのお得と注意点



単身0円引越し引っ越しがピークの3月になりましたね。

多くの人は既に引っ越し先賃貸物件と引越し業者を決めている時期かと思いますが、「まだこれから」と言う人への参考になれるよう今回は、ネットや広告で見かけて気になった人もいるかと思われる「0円引越し」と呼ばれるサービスについて調べて書きたいと思います。

 

0円引越しって何?
「0円引越し」とはその名の通り、無料で引っ越しが出来るサービスです。

似たようなサービスで、無料ではありませんが「500円引越し」や「100円引越し」というサービスも出てきています。

そして、基本的にはどれも単身の人が対象になりやすいサービスです。

理由は、無料で受けられるサービスとして運べる荷物量の制限があり、それが一人暮らしの人の引っ越し時の荷物量相当だからです。

 

どうして無料なのか?
そして本当に無料なのか?
気になりますよね。

0円引越しの多くの場合、引っ越し契約と平行して、インターネット回線などの契約を別途結ぶことで無料の引っ越しが実現できるようになっています。

サービスの提供会社側は、そのインターネットなどの別途契約獲得分から手数料をもらえるため、このような無料引っ越しが誕生しているケースが多いようです。

たまに電気屋さんでインターネット回線契約をすると、パソコンやタブレット、ゲーム機などが1円でついてくるキャンペーンを見かけますよね?

基本的にはそれに似たようなサービスとも言えます。

 

こんな人には向いていない!
別途結ぶ必要があるネット契約などに必要性がない人(引っ越し先のネット回線契約が既に決まっている人)にとっては無駄な契約をすることになるため、いくら引っ越し料金が無料になるとは言っても、その後の無駄なネット契約費用(月額)を支払うことを考えたら高くつく可能性があります。

ネット契約などでは、回線使用料として恐らく2年間くらいの月額が発生し、途中解約の場合は違約金発生の可能性もあります。

引っ越しが0円になる条件としてある別契約に必要性が見いだせない契約は、高くなる可能性があることを理解しましょう。

 

では誰にメリットのある引っ越しサービスか?
それは先の向いていない人とは逆の状況の人です。

条件にある別途サービスがちょうど必要と考えている人にとっては、実際の引っ越しと同時に一気に契約が出来ては引っ越し料金は無料になり、まさに一石二鳥になる可能性があります。

しかし、まだ注意点はあります。

それは、引っ越し自体の条件面です。

基本的に無料とは、単身一人暮らしの人の荷物量程度までであることに加え、引っ越し先までの距離の制限、引っ越し日時の制限などが伴う可能性もあります。

また、それらの条件以上となる場合は別途追加料金が発生する可能性もあります。

その他、例えば0円引越しの条件が別途ネット回線契約の場合、その契約内容が普通に同じようなプロバイダ契約をする場合よりも総合的に高いプラン(タイプ)である可能性もあります。

普通に引っ越しとネット契約を別々に手間をかけて行った方が、結果的には安くなる可能性もあります。

なぜなら、ネット契約にはよくキャッシュバックキャンペーンなどが存在するからです。

つまり、0円引越しの全条件面を含めた満足度と合計費用負担額と、全てを個別に契約した場合の合計料金とを注意深く比較することは重要です。

 

無料といっても純粋に0円引越しになる訳ではありません。
そして、人によってはお得なサービスであり、人によっては合わないサービスでもあります。

まだこれから引越し業者を探さなくてはならない人も、ここは是非サービス名の響きだけに乗せられず、的確な比較をもって、よりリーズナブルで使えるサービスを選択するようにしてください。

タカハシ

 

PS
**********参考**************
今から普通に引越しサービスを探す人へ、とっても効率的な方法とコツ
引越し料金の見積もりを比較するために知っておくべきコト

今から引越し先のネット契約について考えたい人へ、賢くお得に考える方法
賃貸マンション引越しとインターネット設備 無料タイプ~プロバイダ契約タイプまで
**************************

 

PPS
↓少しでも共感いただけたら、コメントやシェア・ブックマークなどお願いします♪