新社会人や新大学生の一人暮らしの賃貸部屋探しはいつから?

引越しの入居日や家賃などの初期費用を考慮して、いつまでに一人暮らしの賃貸物件の部屋探しを開始するべきか?4月から入学の大学生や新社会人となる人にとって、一人暮らしの住まいとなる賃貸の部屋探しをいつのタイミングから行うのがベストか?について紹介です。

毎年、3月は必然的に新生活を迎える人が多いことから、最も引っ越しをする人が多い時期です。

考え方によっては、3月は転勤や卒業などで出ていく人も多い時期ではあります。

そのような人が住んでいる部屋が3月以降に入居可能となる場合、退去申請を退去日とする1か月前までに行うことが必要な賃貸が多いことから、掲載物件の件数発生が最も多いのは、1月から2月くらいと言えます。

次に、新社会人と新大学生とでも、一人暮らしの部屋探しができるようになる時期は異なります。

大学入試の結果が出るのが、2月から3月になることがあるのに対し、新社会人となる人にとっての就職先は、それよりも前の段階で確定していることがあります。

つまり、同じ4月から新生活を迎える人々の中でも、新社会人となる人の方が、新大学生となる人よりも早めに賃貸探しの準備ができる傾向はあります。

とはいえ、4月からの入居先に対して、早すぎる賃貸契約の内容が、実際に引っ越しをしたい日よりかなり早くから賃料の発生をさせてしまう場合、それは余計な初期費用(家賃)を生むため、おすすめできないのも現実です。

では、いつから一人暮らしの部屋探しを準備するのがいいのか?

ポイントはまず、空き物件予定となる件数発生が多い時期に、素早くいい物件と出会うことです。

そして、内見を済ませて気に入る場合、費用などの契約条件の話をできるだけ引っ越し希望日に近い日から家賃が発生するように交渉することです。

そのためには、賃貸の部屋探しを開始する段階から、引っ越し日と入居日の理想も計画しておくことがポイントです。

入社先や入学先での予定との兼ね合いもあることから、新生活先の予定から逆算して、いつを入居日にすることがいいかを決め、その入居日に近い日を家賃発生日にできるように物件について不動産屋と交渉してみます。

そして、そのような話し合いができる機会を、よい賃貸物件に対してできるだけ多く持てるよう、早めに部屋探しを開始するのがポイントです。

もちろん、特に賃料と物件の質やエリアのよさが伴う賃貸によっては、人気があるゆえ交渉できる範囲や可能性が少ないかもしれません。

そのため、どうしても一人暮らし先として気に入る場合は、どこまで初期費用の発生を考慮できるかという許容範囲もイメージしておくといいでしょう。

新社会人や新大学生の一人暮らしの賃貸部屋探しはいつからがベストな時期か?

それは、引っ越し先への入居までのスケジュールと初期費用への許容範囲を理解した上で、4月からの新社会人や新大学生としての新生活先が確定後、できれば2月くらいから賃貸探しが開始できると交渉のチャンスも多くなります。

PS
おすすめの賃貸探しアプリを探しているなら、これがおすすめです。
カナリー(←スマホからアクセスするとアプリ紹介&インストール画面が開きます)


賃貸サイトならこちら


PPS
理想とする入居日にできるだけ近い日に、しかも安く引っ越しできるようにするためにも、賃貸契約が固まると同時に、早期の引越し業者探しも忘れないようにしましょう。

そして、引っ越し料金の比較は、このようなサイトを使いながら、効率よく引っ越し日と料金の交渉をするとスムーズです。

引越しによる郵便局への転送依頼(転居届・e転居)はいつからいつまでにすべきか?

いつからいつまでに転居届やe転居による転送依頼を郵便局へすべきか?郵便局へ転居届やe転居を提出すると、引越しによる住所変更があっても、1年間は郵便や荷物を無料で新しい住所へ転送してくれます。

郵便局への転送依頼をいつから行うべきか?
転居届やe転居は、いつまでに出すべきか?

これらへの解説と注意事項をまとめてみました。

はじめに、郵便局への郵便物や荷物の転送依頼は、基本的には2つのやり方で可能です。

郵便局の窓口で転居届を書いて提出する方法と、インターネットのe転居というページで申請する方法があります。

ここでいきなりの注意事項ですが、どちらの依頼方法でも「転送開始希望日」を設定するのですが、郵便物や荷物を転送してくる1年間の開始日は、この「転送開始希望日」から1年間ではありません。

郵便局のページによると「転送期間は、届出日から1年間です(転送開始希望日からではありません)」と記載が確認できます。

この「届出日」というのが、何を示すのかが解説されていないのですが、恐らく窓口で転居届を提出する日、もしくはe転居で申請を送信する日ではないかと思います。

つまり、「転送開始希望日」よりもかなり早いタイミングで依頼の提出をしてしまうと、その分だけ早いタイミングで転送が終了してしまいます。

転送してくれている期間中に、新しい住所の通知や変更依頼をしたい計画がある場合、それらの全てが完了するまでに時間を要する見込みがある場合は、転居届やe転居を提出する日が早すぎることには注意が必要です。

以上が「いつから郵便局へ転居届もしくはe転居を提出すべきか?」となります。

次に、転居届やe転居の依頼が遅すぎる場合も問題が生じることについて解説します。

郵便局のページには「最寄りの郵便局に転居届を提出されてから登録までに3~7営業日を要します。転居される際には、お早めに転居届を提出してください。」やe転居のページでも「受付が完了してから登録までに3~7営業日を要しますので、あらかじめご了承ください。」と案内があります。

つまり、「転送開始希望日」と考えている日に近すぎると、今度は転送手配が間に合わなくなります。

このように、転居届やe転居による転送の依頼は、早すぎず遅すぎずのタイミングを、ご自身の「転送開始希望日」と考えている日から逆算して実行するのがおすすめです。

以上が「いつまでに郵便や荷物の転送依頼を郵便局へするべきか?」となります。

なお、携帯電話やスマートフォンを持っている場合、e転居の方が自宅でできる分簡単です。(本人確認は、転居届受付確認センターへ電話(有料)することで完了となります)

郵便局窓口で転居届を提出する場合は、本人確認として運転免許証や各種健康保険証等が必要です。(旧住所の記載内容の確認として、運転免許証など住所の記載があるものについても必要との案内があります)

引っ越しによる住所変更手続きは、多岐にわたり大変ですが、いつからいつまでに郵便局への転居届やe転居による転送依頼をすべきかを計画的に行うこともポイントとなります。



PS
↓少しでも記事が役立ったら、シェアやブックマークなどお願いします♪

引っ越し時に必要な登録住所変更の手続き先(転居届け先)チェックリスト一覧

引越しで必要な住所変更の手続き先(転居届け先)一覧引っ越しが確定すると必要となる各登録の住所変更(転居届け)について、代表的な一覧を紹介します。ご自身のチェックリストから漏れがないかの参照先として活用ください。

「どのような住所変更が必要であるか?」はもちろん、「いつから、いつまでが手続きのタイミングか?」「どの順番で変更が必要か?」「手続き上で用意する物は何か?」などを事前に知り、スケジュール管理することが重要です。

・ 郵便局への転居届
最寄りの郵便局の窓口で転居届を書いて提出、もしくはオンラインの「e転居」で手続き可能です。
基本的な仕組みについては、「引っ越し 郵便 転居」とネット検索して、公式ページで確認することが可能です。

・ ヤマト宅急便の転送依頼
ヤマト運輸の場合、「宅急便転居転送サービス」を利用することで宅急便・宅急便コンパクト・ネコポスなどを1年間転送してくれます。
注意事項は、手続きの流れ上、郵便局への転居届完了による転送開始が先に必要です。
詳細は「宅急便転居転送サービス」と検索の上、公式ページの案内をご確認ください。
なお、佐川急便など他の宅配業者では転送サービスは現時点では無いようです。

・ 住民票の移動(転居届 / 転出届 / 転入届)
引越し先の自治体(市区町村)が、引越し前の自治体(市区町村)と同じかどうかでも手続きの流れが変わります。
状況に応じて、転居届だけで済む場合もあれば、転出届と転入届の両方を順番に必要となる場合もあります。
手続きをいつから、いつからいつまでに行う必要があるかなどを含め、まずは現在の住まいと引越し先の住まいの両方の自治体(市区町村)名で検索して詳細を確認ください。
例:「住民票 届出 〇〇市」

・ マイナンバーの住所変更
基本的に役所で行いますので、住民票の移し先の窓口で相談します。
いつまでに手続きが必要かなど期限の確認など含め、まずは詳細を引越し先の自治体(市区町村)名で検索して確認ください。
例:「マイナンバー 住所変更 〇〇市」

・ 運転免許証の住所変更
引越し先の住所を管轄する警察署や運転免許更新センター、運転免許試験場などでできますが、具体的にどこでどのように、いつまでに必要かなどは詳細確認が必要です。
「運転免許証 住所変更 〇〇〇」と〇〇〇の部分に引っ越し先の都道府県名を入れて検索の上、各警察の公式案内で確認します。

・ 印鑑登録の住所変更
引越し先が引越し前と同じ自治体(市区町村)である場合、基本的には住民票移動時の転居届の段階で変更されますので、特別な手続きは不要です。(例外があるといけませんので、念のため住民票の移動における転居届の際に窓口で相談はしましょう)
しかし、引っ越し先が異なる自治体(市区町村)となる場合は、転出届と転入届の各段階において、同時に印鑑登録の手続きが必要です。転居届の際は印鑑登録の抹消依頼を行い、転入届の際は印鑑登録の新規登録を依頼します。各窓口で相談しましょう。
実印と身分証明書が必要となります。

・ 銀行への登録住所変更
従来の窓口での変更手続き以外にも、銀行によって郵送やインターネットバンキングなどによるオンライン上での変更手続きも可能です。
「〇〇銀行 住所変更」で検索して、公式ページの案内を確認します。

・ クレジットカードの住所変更
マイページにログインをして変更する方法が一般的です。
「〇〇カード 住所変更」で検索して、公式ページの案内を確認します。

・ 携帯電話会社への住所変更
インターネット上やショップ、サポートセンターへの電話での手続きが基本になります。
「〇〇〇 住所変更」と〇〇〇の部分に契約先の携帯電話会社名を入れて検索の上、各公式案内で確認します。

・ 各種サービスのIDやアカウントなどに登録の住所変更
ネットショップやオンラインサービス、メンバーズカード、会員証、ポイントカード、契約書など、これらの会員情報への住所変更も必要です。
「〇〇〇 住所変更」と〇〇〇の部分にサービス名を入れて検索の上、各公式サイトの案内に沿って進めます。





PS
↓少しでも共感いただけたら、コメントやシェア・ブックマークなどお願いします♪

少しでも安く物件を手に入れる探し方とコツ お祝い金キャッシュバックがもらえるおすすめ賃貸サイト

お祝い金キャッシュバックで賃貸物件を安く手に入れる探し方とコツ賃貸マンションなどの部屋探しで初期費用を少しでも安くする賃貸物件の探し方とコツがあります。

それは、お祝い金キャッシュバックがもらえる賃貸サイトを利用することです。

一部の賃貸サイトでは、お祝い金やキャッシュバックという名目でキャンペーン企画を行っています。

詳細は各賃貸サイトの案内を見る必要がありますが、基本的にはその賃貸サイトから物件について不動産会社へ問い合わせをした後に、そことの賃貸契約が完了すると、5千円や1万円などのお祝い金キャッシュバックが得られます。

敷金や礼金、不動産会社への仲介手数料や引っ越し料金など、賃貸契約においては、初期費用として多くの費用がかかります。

そんな中で、5千円や1万円でもお金が節約できることは大きなメリットです。

同じ賃貸物件についての紹介が、お祝い金やキャッシュバックを行っている賃貸サイトと行っていないサイトの両方で見つかるならば、行っている賃貸サイト経由で問い合わせから契約に至る方が、賢いおすすめの探し方であるともいえます。

ただし、すべての賃貸サイトでこのようなキャンペーンが行われている訳ではありません。

スマイティキャッシュバック賃貸DOOR賃貸、などの賃貸サイトが行っています。

その中でも、おすすめの賃貸サイトは、スマイティです。

理由としては「賃貸マンションなど物件探しにおすすめの不動産賃貸サイト「スマイティ」」で紹介していますので、合わせてチェックください。

以上、賃貸物件を安い初期費用にできる探し方とコツでした。

PS
少しでも参考になりましたら、是非一番下のブックマークやSNSでシェアで下さい☆

賃貸退去日と火災保険の解約と返戻金

賃貸退去日と火災保険の解約と返戻金賃貸物件の退去をする際、火災保険の解約を別途行うことで返戻金を得られる可能性があります。

不動産管理会社への退去日の申請や、ガス・電気・水道などの光熱費に関する解約、引越し日や住所変更届などと同様、忘れずにしておきたい手続きです。

賃貸の火災保険契約は、一般的に2年ごとに契約をしては、2年分の料金を先払いしていることが多くあります。

そのため、最後の契約から2年未満のタイミングで引っ越しとなる場合、余分に払っていることとなる分が返金となるのです。

手続きは、賃貸物件に対する退去の連絡とは別に、自身(契約者本人)で契約先の火災保険会社へ申請します。

親切な賃貸物件の管理会社だと、どこへ連絡すれば解約できるか案内してくれることもありますが、火災保険の契約時に発行される保険証券や保険会社からの案内、サイトなどから方法を確認することができます。

解約手続きをすることで、お金が戻ってくる可能性があります。

忘れないように注意しましょう!



PS
↓少しでもお役に立ちそうでしたら、コメントやシェア・ブックマークなどお願いします♪