賃貸サイトの比較 何が違うの?


賃貸サイトの比較賃貸物件に住んでいる場合、様々な理由で引越しを検討することはあるかと思います。
その度に、まずは賃貸サイトで物件を条件検索してみることでしょう。

しかし、中には検索を試みる前に、どの賃貸サイトを使うかで悩むことも多いようです。

賃貸サイトは、現在のインターネット社会において非常に多く存在します。

今回は、賃貸サイトの「掲載数」「機能」「デザイン」の各部分における比較をしてみます。

掲載数
最近ではそれほど大きな差は生まれにくくなっています。
多くの物件が、複数の賃貸サイトに掲載されています。

しかし、賃貸サイトによっては、特定の不動産のみを掲載している場合もあり、そのようなサイトでは掲載数の面では少ない場合もあります。
しかし、逆に言えば「そこにしか掲載がない」物件をそのようなサイトは扱っていることになります。

機能
これも賃貸物件の検索をするときの進め方の違いや、検索条件として選択できる項目の違いなどが細かいところで差はあるでしょうが、大差は無くなってきました。

最近では「インターネット不動産ietty(イエッティ) 来店しないサイト・アプリのチャットで部屋探し」で以前紹介したように、サイトで検索をする段階でより協力的なコミュニケーション機能を違いとしてアピールしているサイトもあります。

デザイン
以前に「誰よりも早く希望する賃貸物件情報をゲットする方法」で紹介したような機能1つをとっても、サイトデザインによってその使い勝手が異なります。

人によって使いやすいサイトと感じるところは異なるでしょう。

おすすめの賃貸サイトは?
ここまで紹介してきたとおり、大差ではなく細かい違いが点在すること=人によって使い易いと感じるサイトはより異なりやすいでしょう。

そのため、あくまでも個人的な経験からの感想としては、
沿線・駅を条件にするなら、おすすめの賃貸物件検索サイト
で紹介したこともあるように、SUUMO(スーモ)としています。

タカハシ

PS
少しでも参考になりましたら、是非一番下のブックマークやSNSでシェアで下さい☆


引っ越しが安いオフシーズンの時期とはいつか?


引越し料金が安い引っ越しオフシーズンの時期とは?引っ越しには、オフシーズンとなる時期があります。

安い引っ越しが可能となりやすくなるだけでなく、ピークシーズンでは難しいメリットがたくさんあります。

ここでは、「引っ越しが安くなるオフシーズンの時期とはいつか?」について、5つのメリット共に紹介します。

 

はじめに、引っ越しが安いオフシーズンの時期とは、一般的に4月下旬から8月くらいまでと言われています。

3月までは明らかなピークシーズン(引っ越し難民という言葉も最近はでてくる時期)となるため、需要が一気に減った後の時期がオフシーズンとなりやすくなります。

引っ越しのオフシーズンは、引っ越し料金相場が安いだけでなく、他にもメリットが考えられます。

 

・ 引越し料金が安くなりやすい
引越し業者もオフシーズンは仕事を求めている時期だけに、こちらからの費用に対する値引き交渉にもピークシーズンより応じてくれる可能性が高くなります。

・ 比較的好きな日時を選択しやすい
ピークシーズンでは大安や週末などは直ぐに枠が埋まってしまいます。しかし、オフシーズンの時期ならば、時間帯も含めて相談がしやすくなります。

・ ピークシーズンでは値段が割り増しとなりやすい曜日でも高くなりにくい
大安や週末などは需要があるだけでなく、人気ゆえ料金も高くなりやすくなります。しかし、オフシーズンの時期ならば、それほど高くならずに対応してもらえる可能性もあります。

・ 作業評価の高い人に当日現場を担当してもらいやすい
ピークシーズンには、どの引越し業者も当日に現場で作業するスタッフがたくさん必要なため、多数確保していますが、そのスキルには差が生まれやすくなります。
オフシーズンの時期ならば、多くのスタッフの中でもスキルが高く、評価の高いスタッフに優先的に自身の引越しを担当してもらえるよう相談することも可能です。

・ 見積もりを依頼する段階から粗品をもらえやすい(特典を得やすい)
粗品についてはそれほどお得な話ではないかもしれませんが、一応・・・
それ以上に、実際の見積もり料金の中で本来なら有料の部分が一部無料扱いにしてもらえることもあります。

 

有意義な引っ越しとなりますように。

 

PS
いくら引っ越しが安いオフシーズンの時期とはいえ、引っ越し業者によって提示してくる金額は様々です。

そのため比較は必要であり、一回の作業で複数の業者と交渉するチャンスが伺える一括見積もり料金比較は便利です。

 

PPS
この記事が少しでも役に立ったなら、是非下記のブックマークやSNSボタンでシェアお願いします。


沿線・駅を条件にするなら、おすすめの賃貸物件検索サイト


おすすめの賃貸検索サイト

おすすめの賃貸物件検索サイトを知りたい人に質問です。

あなたは、検索条件に「沿線・駅」を含めますか?

もし答えが「はい」ならば、1回の検索でより多くの「沿線・駅」を一括検索できる賃貸サイトこそがおすすめです。

なぜなら、もし1回の検索で限られた数の「沿線・駅」でしか賃貸検索できないとしたら、何度も条件の入れ直しで作業を行わなければならないからです。

当たり前かもしれませんが、意外にもこの機能の比較を忘れて賃貸検索サイトを選び、時間を無駄にしてしまっている人や検索の段階でストレスを抱えている人、結果的によいマンションなどに出会うチャンスを失ってしまっている人がいます。

「沿線・駅」が物件条件とされることは、不動産サイトや特集で住みたい町や人気駅ランキングなどが発表されていることからも多い傾向でです。

それにも関わらず、賃貸物件検索サイトを「沿線・駅」の機能性で意識的に比較してみると、賃貸サイトごとにかなりの差があることが分かります。

今回は、この機能の使いやすさの比較からおすすめする、賃貸検索サイトを紹介します。

————————————————–
SUUMO(スーモ)の場合】
1回の検索につき、いくつの沿線数でも駅数でも可能

【エイブルの場合】
1回の検索につき、50沿線/何駅でも

【CHINTAI(チンタイ)の場合】
1回の検索につき、50沿線/50駅

【HOME’S(ホームズ)の場合】
1回の検索につき、5沿線/何駅でも

【at home(アットホーム)の場合】
1回の検索につき、5沿線/何駅でも

【アパマンショップの場合】
1回の検索につき、1沿線/何駅でも

スマイティの場合】
1回の検索につき、5沿線/50駅

【ホームメイトの場合】
1回の検索につき、10沿線/10駅

【ピタットハウスの場合】
1回の検索につき、5沿線/30駅

【いい部屋ネットの場合】
1回の検索につき、5沿線/10駅
————————————————–

以上のように、比較すると多くの賃貸検索サイトで1回の検索における選択できる駅もしくは沿線の数に制限があるのがわかります。

しかし、SUUMO(スーモ)に関してはここの制限が一切ありません。

自分がまだどの沿線のどの駅周辺に住みたいか不明であったり、いくつか異なる沿線や駅における結果の比較をしたい場合、対象にしたい沿線数や駅数が多ければ多いほど、SUUMOは1番おすすめな賃貸物件検索サイトといえます。

SUUMOでの検索結果だけを頼りにしたく無い場合や他の検索サイトでもマンション検索などしたい場合は、エイブルも検討できます。

沿線数は1回につき50沿線までと制限がありますが、他の賃貸サイトと比較してもこれは相当多い数です。

加えて、沿線選択後の駅数には制限が無い事を考えれば、使いやすい賃貸検索サイトといえます。

賃貸マンションやアパートなどの空き家物件は日々発生しており、定期的に各賃貸サイトで更新されています。

賃貸物件を探している間は、定期的に検索をした方がいいこともあります。

また、検索時の物件条件として「沿線・駅」は常に同じで選択しながらも、「駅からの徒歩時間」や「築年数」などの他の条件を細かく変えながら検索結果の比較する人も多いでしょう。

このようなときにも、「沿線・駅」の機能が優れた賃貸サイトは、少ない検索回数で多くの情報が得られますので、おすすめの賃貸物件検索サイトとなります。

よい住まいに出会えますように。

PS
少しでも参考になりましたら、是非一番下のブックマークやSNSでシェアで下さい☆


賃貸契約&入居前に確認しておきたい原状回復に伴う掃除チェック項目


賃貸の引っ越し先ハウスクリーニングでチェックすべき清掃箇所賃貸の引越しの場合、自身が出て行く部屋への原状回復義務があります。
(詳細は、賃貸の原状回復義務とは? 工事の費用相場~ガイドラインまでも参考ください)

そして、物件への掃除や補修、修繕にかかる料金もこの中で部分的に発生する場合があります。
(最近ではもっと分かりやすく退去時のクリーニング代金として契約時に定めているところもあります)

これらの費用は、次に入居してくる人へ綺麗な部屋を提供する目的に使われます。

逆に言えば、自分が新しく契約して引っ越し先となる賃貸物件も、当然ながら清掃されていることになります。

しかし、物件によってはこの掃除や修理が行き届いていない場合もあります。

今回は、盲点となりやすい、しかし賃貸契約&入居前に確認しておきたいハウスクリーニング箇所を挙げていきます。

 

もし、これらが原状回復における清掃として本来行われなければならないにも関わらず見落とされていた問題ならば、事前に指摘をすることができます。

もし、これらが原状回復義務のクリーニングに含まれないという場合があるならば、そのような物件である理解を事前にすることができます。

そして、これらのような細かい箇所へのチェックもしておくほうが、後のトラブル回避にもなりやすくなるでしょう。

 

・ エアコンの内部・・・エアコンの黒い粉=カビへの掃除 クリーニング清掃業者による分解洗浄で紹介しているように、エアコンの内部はクリーニング清掃業者による「分解洗浄」が必要となることもあります。エアコンの掃除を行ったと一言で言っても、それがどこまでの範囲を示すのかを確認しておくことは重要です。

・ シャワーヘッド内部・・・気づかない人も多いかもしれませんが、築年数が長い場合は特にこの部分に気づかない場合もあります。シャワーヘッドは、基本的には簡単に分解して清掃が可能であるにも関わらず、忘れさられる可能性があります。

・ 排水溝内部・・・キッチンや洗面台、お風呂場やベランダにも排水溝はあります。これらはクリーニング不足があると詰まりや臭いの原因となりえます。どこまでのしっかりした清掃を実施してくれているのか確認しておくとよいでしょう。

・ 換気扇内部・・・台所や浴室、トイレなどにある換気扇も表面の掃除はされていても、内部をしっかり掃除をしてくれていることが少ない可能性はあります。これらの部分へのハウスクリーニング不足は、機能の劣化や不全につながります。

 

ご参考になれば幸いです。

 

PS
少しでも役に立つ記事であったならば、コメントやシェア・ブックマークなどお願いします♪


賃貸物件を探す内見時に注意すべきこと


賃貸物件の内見時チェックリストとコツよほどのことが無い限り、賃貸物件を内見せずに契約することはありませんよね?

内見は、マンションなどの部屋がどのような作りや状態であるかなどをチェックする重要なことですが、同じタイミングで実は外見のチェックも重要になります。

賃貸の引越しというと内見した結果で決めてしまいがちですが、引っ越し先となる住居の外側は、内側の状態確認と同じくらい大事ということです。

これはまさに、満足ある賃貸物件の探し方のコツです。

 

住まいの外見(外側)としてイメージしやすいのは、駅からの距離と時間、隣の家との距離感、立地環境などです。

実際、「物件の探し方に欠かせない73の秘密のコツ」の中でも、物件の周りをチェックリストとした内容が多くあります。

例えば「40. 最寄で買い物できる場所と価格・種類をチェックする」なども対象とする賃貸物件の周辺に関する確認事項です。

 

詳しくは、それら73のコツを確認することで分かりますが、最近聞いた追加事項としてはこんな例がありました。

それは、築浅で間取りや広さ、駅からの距離などの条件がよく、建物の作りもしっかりしていて興味があり、内見した結果も悪くない物件でした。しかも、すぐ近くにコンビニまでありました。

しかし、コンビニの店前には灰皿が置いてあり、結果としてタバコを吸うことで立ち寄る人が多く集まる環境でした。

もう想像がつくかと思いますが、残念ながら特に毎朝と夜の時間帯でタバコの煙が蔓延する環境であり、興味のある物件の部屋にする場合、窓を開けて換気などできない状態でした。

 

このような問題については、内見ではなく外見の確認を事前に行うことで理解できる可能性があります。
そして、契約後に失敗したということが無いようにすることができます。

内見には、不動産会社や管理人とのスケジュール調整後に予約をする必要がありますが、物件の外側の確認は、自分が必要と感じる時間帯でチェックができます。

時間帯や曜日によっても環境は変化する場合もありますので、数回、異なる日時で確認をしておくのはおすすめです。

 

気をつけましょう。

 

PS
この記事が少しでも役に立ったなら、是非下記のブックマークやSNSボタンでシェアお願いします。