新社会人や新大学生の一人暮らしの賃貸部屋探しはいつから?

引越しの入居日や家賃などの初期費用を考慮して、いつまでに一人暮らしの賃貸物件の部屋探しを開始するべきか?4月から入学の大学生や新社会人となる人にとって、一人暮らしの住まいとなる賃貸の部屋探しをいつのタイミングから行うのがベストか?について紹介です。

毎年、3月は必然的に新生活を迎える人が多いことから、最も引っ越しをする人が多い時期です。

考え方によっては、3月は転勤や卒業などで出ていく人も多い時期ではあります。

そのような人が住んでいる部屋が3月以降に入居可能となる場合、退去申請を退去日とする1か月前までに行うことが必要な賃貸が多いことから、掲載物件の件数発生が最も多いのは、1月から2月くらいと言えます。

次に、新社会人と新大学生とでも、一人暮らしの部屋探しができるようになる時期は異なります。

大学入試の結果が出るのが、2月から3月になることがあるのに対し、新社会人となる人にとっての就職先は、それよりも前の段階で確定していることがあります。

つまり、同じ4月から新生活を迎える人々の中でも、新社会人となる人の方が、新大学生となる人よりも早めに賃貸探しの準備ができる傾向はあります。

とはいえ、4月からの入居先に対して、早すぎる賃貸契約の内容が、実際に引っ越しをしたい日よりかなり早くから賃料の発生をさせてしまう場合、それは余計な初期費用(家賃)を生むため、おすすめできないのも現実です。

では、いつから一人暮らしの部屋探しを準備するのがいいのか?

ポイントはまず、空き物件予定となる件数発生が多い時期に、素早くいい物件と出会うことです。

そして、内見を済ませて気に入る場合、費用などの契約条件の話をできるだけ引っ越し希望日に近い日から家賃が発生するように交渉することです。

そのためには、賃貸の部屋探しを開始する段階から、引っ越し日と入居日の理想も計画しておくことがポイントです。

入社先や入学先での予定との兼ね合いもあることから、新生活先の予定から逆算して、いつを入居日にすることがいいかを決め、その入居日に近い日を家賃発生日にできるように物件について不動産屋と交渉してみます。

そして、そのような話し合いができる機会を、よい賃貸物件に対してできるだけ多く持てるよう、早めに部屋探しを開始するのがポイントです。

もちろん、特に賃料と物件の質やエリアのよさが伴う賃貸によっては、人気があるゆえ交渉できる範囲や可能性が少ないかもしれません。

そのため、どうしても一人暮らし先として気に入る場合は、どこまで初期費用の発生を考慮できるかという許容範囲もイメージしておくといいでしょう。

新社会人や新大学生の一人暮らしの賃貸部屋探しはいつからがベストな時期か?

それは、引っ越し先への入居までのスケジュールと初期費用への許容範囲を理解した上で、4月からの新社会人や新大学生としての新生活先が確定後、できれば2月くらいから賃貸探しが開始できると交渉のチャンスも多くなります。

PS
おすすめの賃貸探しアプリを探しているなら、これがおすすめです。
カナリー(←スマホからアクセスするとアプリ紹介&インストール画面が開きます)


賃貸サイトならこちら


PPS
理想とする入居日にできるだけ近い日に、しかも安く引っ越しできるようにするためにも、賃貸契約が固まると同時に、早期の引越し業者探しも忘れないようにしましょう。

そして、引っ越し料金の比較は、このようなサイトを使いながら、効率よく引っ越し日と料金の交渉をするとスムーズです。

賃貸退去日と火災保険の解約と返戻金

賃貸退去日と火災保険の解約と返戻金賃貸物件の退去をする際、火災保険の解約を別途行うことで返戻金を得られる可能性があります。

不動産管理会社への退去日の申請や、ガス・電気・水道などの光熱費に関する解約、引越し日や住所変更届などと同様、忘れずにしておきたい手続きです。

賃貸の火災保険契約は、一般的に2年ごとに契約をしては、2年分の料金を先払いしていることが多くあります。

そのため、最後の契約から2年未満のタイミングで引っ越しとなる場合、余分に払っていることとなる分が返金となるのです。

手続きは、賃貸物件に対する退去の連絡とは別に、自身(契約者本人)で契約先の火災保険会社へ申請します。

親切な賃貸物件の管理会社だと、どこへ連絡すれば解約できるか案内してくれることもありますが、火災保険の契約時に発行される保険証券や保険会社からの案内、サイトなどから方法を確認することができます。

解約手続きをすることで、お金が戻ってくる可能性があります。

忘れないように注意しましょう!



PS
↓少しでもお役に立ちそうでしたら、コメントやシェア・ブックマークなどお願いします♪


賃貸の退去日と粗大ごみと立ち会い日と引っ越し日の関係

賃貸退去日と粗大ゴミと立会い日と引越し日の関係質問です。

あなたは、引越し時に出る粗大ゴミをいつ処分しますか?
A. 引越し元で処分
B. 新居へ運んでから処分

もし、答えがAならば、この後に紹介する賃貸の退去日、立ち会い日、そして引っ越し日との関係に注意が必要です。

もし、答えがBならば、粗大ごみの量や大きさによりますが、その分で引っ越し料金の負担が大きくなる可能性に注意しましょう。

では、ここからは「賃貸の退去日と粗大ごみと立ち会い日と引っ越し日の関係」について解説します。

粗大ごみは、各自治体の粗大ごみ回収に申し込みをするのが一般的です。

この場合、粗大ごみの回収日は毎日ではなく、週に1回程度のことが多く、また1回に回収できる量も制限があります。

そのため、週1回の回収に多くの人が集まり、直ぐに予約枠いっぱいとなることも珍しくありません。

また、一人当たりの1回の予約に出せる量にも制限がある場合があります。

その場合、確保できた予約日に全部の粗大ごみが出せないこともあり、複数回に分けて粗大ごみを出す必要もあります。

つまり、その分だけ時間が必要になるということです。

ここで、賃貸の退去日と立ち会い日と引っ越し日との関係についてです。

前回の記事「賃貸の退去はいつまでに連絡すべきか? 連絡方法と家賃や掃除の考え方まで」で書きましたが、賃貸の退去日に部屋の状態を確認するための立会いに参加するのが望く、その前には引っ越しも完了している必要があります。

そして、退去月の家賃が日割り計算となる場合は、できるだけ引っ越し日と賃貸の退去日=立ち会い日が近いのが望ましくなります。

つまり、粗大ごみの回収は遅くとも引っ越し日の前日までに終わらせられるスケジュール管理が必要です。

そのためには、文頭で書いた「粗大ごみの予約枠は埋まりやすいこと」を考えると、早めに希望する賃貸退去日、立ち会い日、引っ越し日の日程を作成して、それに間に合うように粗大ごみの申し込みができそうかを、各自治体の粗大ごみセンターに問合せしておくのがおすすめです。(もちろん、その前に何を粗大ごみで出すかを決定していく必要もあります)

実は関係性がある「賃貸の退去日と粗大ごみと立ち会い日と引っ越し日」について、参考になれば幸いです。

PS
どうしても自治体の粗大ごみ回収申し込みに間に合わないが、引越し先に粗大ごみを持っていきたくない場合の参考:
引越しの不用品処分方法 無料回収~買取まで

PPS
↓少しでもお役に立ちそうでしたら、コメントやシェア・ブックマークなどお願いします♪

賃貸の退去はいつまでに連絡すべきか? 連絡方法と家賃や掃除の考え方まで

賃貸退去の連絡はいつまで?家賃や掃除は?賃貸物件の引越しを決めて退去の連絡をする場合、いつまでにどんな方法で連絡をすべきなのか?書面?ネット?電話?メール?

また、退去する月の家賃は引越し日に合わせて日割り計算してもらえるのか?
退去時の掃除は必要か?最終日に部屋での立会いは必要なのか?

ここでは、これらの疑問について、実際の経験から解説したいと思います。

1. 賃貸退去の連絡方法については、事前に管理会社などへ問い合わせをして確認をする
書面での退去通知が必要であるかなどは、住んでいる物件によって異なります。
大きな会社が運営する賃貸であれば、ネットの退去申請フォームを使うケースもあります。

私は管理会社へ一度問い合わせをしました。

もし勝手な理解で勘違いがあり、退去手続きが実際には受理されず、家賃負担増や引越し時期が遅れるようなことになれば問題です。

管理会社=大家さんというケースもあるかと思いますが、一度直接問い合わせをして確認するのがいいと思います。

なお、問い合わせ自体の時期にも、できるだけ余裕をもって臨むようにするのが無難です。

2. いつまでに退去連絡が必要かについては、契約書上に記載があるも事前問合せが無難
これも契約している物件によって、いつまでに連絡(通知)の到着が必要であるかが異なります。

30日前、1か月前、2か月前など様々です。

通常は、賃貸契約時の書面に「いつまでに退去の通知が必要」について記載があります。

しかし、間違った理解を勝手にして問題が発生しないようにするためにも、上記の退去連絡方法についてと同様に事前問合せを行うのが無難です。

どのようなことが行われた段階で通知の受理日として扱われるのか?や、〇日前や〇か月前に相当する日が土日や祝日に該当する場合の考え方なども聞いておくと無難です。

ここでもできるだけ時間に余裕を持った事前問合せを心がけましょう。

3. 家賃が日割り計算となるかも事前問合せを行い、賢く退去日を設定しよう
退去の通知をする際、退去日を設定します。
その日を最後に、以降は住まいとしての権利を消失することになります。

退去日が末日になるなどで賃料計算上で区切りのいい日で無い場合は、当月内で退去日の翌日以降の日数は請求対象にならない場合もあります。

退去月の家賃が日割り計算となるかについても、賃貸物件の契約内容によって異なります。

もし日割り計算となるならば、退去日の設定を引越し日とできるだけ近づけて設定することで、余計な家賃の費用負担を避けられます。

例えば、1か月30日の月で、賃料10万円なら1日あたり3,333円も差が出る計算です。

退去月の家賃がどのように扱われるのかについても、管理会社へ確認するのが確実です。

私の場合、日割り計算をしてもらえるとのことで、退去日に設定する日は、引越し日の翌日にしました。

引越し日と同日も考えましたが、引っ越し代を節約するために時間指定をしていない中、退去する部屋の立会いも行いたかったので、同日は厳しいと判断しました。

4. 部屋の状態確認に際した立会いには参加できるならした方がいい
通常、賃貸の退去日には部屋に何も無い状態にする必要があります。

そして、その状態に対して部屋の壁や床などの汚れや痛みの状態を確認して、原状回復に必要なクリーニング代などの費用が確定します。

このとき、立ち会いをするのが一般的です。
管理会社や大家さんと一緒に汚れや傷を確認して、費用負担の割合など話し合うことができます。(基本的には契約時の基準とガイドラインに基づき話が進みます)

入居時の部屋の写真を持っているならば、それも活用して、万が一府に落ちない指摘を受けた場合はしっかり話し合うのが必要です。

やむを得ない理由で立ち会いできないことを告げる場合は、管理会社の確認結果を基に費用が算出されてしまうため、トラブル回避をする上でも、可能な限り立ち会いには臨むのが無難です。

5. 退去前の掃除は気持ちの部分が大きい
退去時の掃除は必要なのか?

私も迷いましたが、最終的にはできるだけ掃除をしておきました。

しかし事前問合せの時に聞けた話では、私が当時住んでいた物件の場合は掃除はしなくてもいいとのことでした。

では何故したのか?
それは気持ちの部分が大きかったかと思います。

掃除はしなくていいとは言われても、もし原状回復にかかるクリーニング代に多少でも影響があると気分的に嫌でしたので。

あとは、長く住んでいたところなので、感謝の気持ちでした。

 

本記事がお役に立てれば幸いです。

PS
↓少しでも共感いただけたら、コメントやシェア・ブックマークなどお願いします♪

購入か賃貸か?

賃貸か購入か?人生のライフプランを考えるとき、多くの人が悩む、住まいとなる家への「賃貸か購入か」について今回は書きます。

私自身も、激しく悩むテーマです。

賃貸は「借家」か「マンション/アパート」というのが基本的な選択枠。

分譲マンション購入ならば、「新築マンション」「中古マンション」「中古マンションをリノベーション」。

一軒家であれば、「建売住宅」「注文住宅」「中古物件の購入」「中古一戸建てを購入してリフォーム」。

初回の今回は、上記の各パターンごとの簡単なメリットとデメリットを紹介します。

賃貸物件
・メリット
– 毎月いくら固定料金がかかるのかがわかりやすい
– 違反や過失の無い自然消耗などへの修理費は大家が負担してくれる
– 家や周りの環境に飽きたり、不満が生じる場合に引越しの検討がしやすい
– 様々な街に住んでみることができる
– 仕事やライフスタイルの変化に応じた住居変更がしやすい

・デメリット
– 退去時の原状回復負担を考えると、好きに部屋の内装を変えることが難しい
– 基本的には、室内設備などのグレードが購入物件と比べて劣る
– 月額の賃料は掛け捨てであり、将来の住まいを確保するという投資にはならないため、生涯コストとして高くつく可能性がある
– 気に入った部屋があっても、そこがペットや子供不可の物件である可能性もある

新築マンションの購入
・メリット
– とにかく新しくて綺麗
– ハイグレードな設備やサービスを手に入れられる可能性がある
– 管理費や修繕費が初めは安い値段で住める可能性がある
– タイミングと予算によっては好きな階層を選べる

・デメリット
– 初期費用やローンがまとめて必要になる
– 物件によっては立地が新規開発エリア=最寄駅から遠くなる可能性がある
– 値段(値引き)交渉がしにくい可能性がある
– まだ建物が完成していない段階での申し込みの場合、先行きが不透明な部分が多くなる

【中古マンションの購入】
・メリット
– 中古物件によってはアクセスや生活の利便性がいい土地(エリア)となる
– 新築時の相場より安く手に入れられる可能性がある
– これまでの評判や環境をネットなどで調べて知ることができる

・デメリット
– 立地や建物のグレードによっては、新築と同様やそれ以上の初期費用やローンがかかる場合がある
– 設備やサービスが古い可能性がある
– 設備やサービスの劣化が早くにくる可能性がある
– 場合によっては、住み初めの段階でリフォームや修理/修繕が必要となる
– 購入資金以外にも初期費用や維持費が多くかかる可能性がる

【建売住宅の購入】
・メリット
– 立地エリアがいい場所に一軒家を持てる可能性がある
– 将来、いい土地を資産として計算できる可能性がある

・デメリット
– 土地相場の高いエリアの場合でコストが安い場合、建物の質が低い可能性がある
– 設備や施工レベルが低い可能性がある

【注文住宅の購入】
・メリット
– 自分の好きな家を建てられる可能性がある

・デメリット
– 金額が高い
– 完成までに時間がかかる

【中古一戸建ての購入】
・メリット
– 比較的いい土地と家をリーズナブルに手に入れられる可能性がある
– 購入した中古物件をリーフォームやリノベーションで新しい好きな家に変えられる可能性がある

・デメリット
– リーフォームやリノベーションができない部分が構造によっては発生する
– メンテナンス費用が早い段階から高くなる可能性がある

 

今回は以上です。

次回からは、上記の各ポイントを少しづつ解説していきます。

どのパターンでマイホームを手に入れても、メリットやデメリットは存在します。

いかにそれらを理解しながら、何が自身の住まいとして合っていると思えるかがまずは必要なことではないでしょうか。

タカハシ

 

PS
↓少しでも共感いただけたら、コメントやシェア・ブックマークなどお願いします♪