WIFIルーター比較からWiMAX(ワイマックス)をおすすめする3つの理由

WiFiルーター比較 ワイマックスWIMAX(ワイマックス)とは、インターネットを可能にするモバイル回線サービスの1つであり、その「エリア」「速度」「価格」「利便性」から、ひかり通信ネット回線や無線wifiルーターを含むその他の方法などよりも評判が上がってきているサービスです。

ちなみに、wimax以外で無線モバイルwifiルーターを展開しているのは主に「ドコモ」、「ソフトバンク」、「イーモバイル」です。

そして、ひかり通信回線を展開しているのが、「NTTフレッツ光」と「auひかり」です。

またwimaxは、キャンペーン料金などが@niftyやヨドバシなど各プロバイダ・代理店によって定期的に行われ、端末価格なども時には無料で提供されています。

しかし、他のインターネット回線サービスでもキャンペーンはある訳で、細かく価格比較をした人ならば、月額の料金に関してはそれほど大きな差はない(もちろん、それでも多くの場合、比較すると安いのだが・・・)ことに気がつくはずです。

それでもなお、私は実体験からwimaxがおすすめ出来ます。

そして、賃貸マンションの光回線を不要にしては、実際にwimax1つで充実の3年間を既に過ごしてきています。

ここでは、その「おすすめ」出来る「3つの理由」を紹介したいと思います。

 

【理由1】 工事がいらない
つまり、費用も時間もかからず、すぐに使えます。

Wimaxは、プロバイダを1つ決めたら、基本的には全て数分のインターネットで予約を完了でき、数日以内に端末機が宅急便で届きます。(プロバイダ(比較など)については後ほど解説します。)

モバイルWi-Fiルーター WiMAX

そして、とっても簡単な設定を行うだけで、即日からネットの利用が出来るようになります。

反面、マンションなどでよく耳にするNTTフレッツ光やauひかりなどでは、予めその物件にこれらの光ファイバー設定が備わっていないと、入居後にその光回線を使用可能にするための工事が必要になり、入居後の工事日予約~実際の工事完了までインターネットが使えないという問題を抱えることになります。

また、工事の必要ないwimaxなら、賃貸の引越しによくある退出時の原状回復義務への心配も不要です。

反面、ひかり回線など工事の必要な場合、その部屋を出るときに元々の状態に戻す義務が発生し、わざわざ工事費用を負担しなければならなくなる場合があります。

もちろん、住んでいる物件に予め光回線がプロバイダ契約のみで使用可能状態として備わっている場合や住まいが購入した分譲マンションや持ち家の人は話は別です。

しかし、賃貸で光回線を使うには大きな工事を伴う人にとっては大きな差となります。

 

【理由2】 他の無線wifiルーターが進める4G(LTE)や光回線などと体感スピードは変わらない
よほど重たいデータ量の作業がない限り、4G(LTE)や光回線などwimaxよりも速度の最大値が高いサービスと比較しても、実際のWimaxの体感スピードは十分且つまったくストレスがありません。

それでありながら、すぐに安く使えるのです。

よく表記だけを比較して勘違いされるのですが、例えば光回線なら100Mbps、LTEなら最大75Mbpsといった速度がいかに速いのかを表す数値がありますが、これがwimaxだと最大40Mbpsというのが現状(2013年11月)です。

しかし、この数値はあくまでも「最大値」であり、場所や環境で当然ながら変化するものなのです。

そして、いくら最大値100Mbpsであっても、一般的にはwimaxの最大40Mbps以内で稼動することが多く、つまりは光回線でもLTEでもwimaxのスピードでも、体感スピードは変わらないことが多いのです。

それにも関わらず、数値だけの比較で何がお得&便利かを勘違いするケースは残念ながら存在します。

もちろん、データ量が重い(多い)作業をネットを通じて行う人の場合には、この最大値の限界がが高い回線を選択した方が良いですが、一般的なネットの利用を考えているのであれば、今やwimaxでも十分に満足を感じるスピードであると言えます。

なお、どうしてもWimaxのスピードが遅い印象で何とかならないか?と思っている人には、最近ついに「Wimax2+」という新サービスも登場しています。

従来のWimaxとの比較した違いは、Wimax2+はより速い代わりに毎月使用可能上限が7Gまでという、他のドコモやソフトバンク、イーモバイルなどの無線モバイルwifiルーターと速度含めて同様になります。
(ただし、さすがWimax2+なら、ここでおすすめのいくつかのキャンペーン経由などでは、今からの契約なら最初の2年間はこの規制免除の場合もあるみたいです。)

 

【理由3】 何よりも、速度制限が無く、さらに使えるエリアであるかを事前に確認できる
ここでの理由は、wimaxと同様のモバイルwifi同士を比較した場合の話になりますが
私はwimaxほど、細かく利用可能エリアであるか?を出しているサービスを知りません。

ここから案内を確認出来るのですが、特にリンク先の「ピンポイントエリア判定」では、
細かい番地まで含めた検索で詳細なエリアごとの電波状況を契約前に知ることが出来ます。

決して大雑把な地図をベースにした確認ではない細かいエリア確認が出来るということは、wimaxの正確さを最初に実感できます。

ひかりのインターネットと異なるモバイルwifiルーターの欠点は、利用可能エリア/不可能エリアがあることです。

多くの場合、大雑把な使える見込み話だけとなり、契約後に使えなくても文句が言えない中、利用可能エリアの確認が出来ての契約は、他との大きな違いと安心です。

もちろん、結果的にwimaxでは利用不可能なエリアに住んでいる場合は、他の無線モバイルwifiルーターや光回線でも構いません。

しかし、使える環境であるならば安心感を初めから得られるwimaxこそが、他の無線モバイルwifiルーターと比較するのであれば、何よりも長期的にも心強く満足度も高いのではないかと、私の実体験や周りの別会社を使っている人からの不満の声から感じています。

そして最後に、速度制限です。wimaxの評判や比較と速度制限

これも、wimaxと同様の無線モバイルwifi同士を比較した場合の話になりますが、wimaxはデータ使用量が多くても速度制限を受けません。

ドコモやソフトバンク、イーモバイルは、携帯電話回線を利用したwifiルーターであるため、近年のスマートフォンでも聞かれる通り、1ヶ月間で一定のデータ使用量を超えると、同月内は速度制限を受けた状態で過ごさなければならない条件があります。

しかし、携帯電話回線ではないwimaxにはそのような条件は無く、つまり、いつもでも安定した快適さを得ることが出来ます。

 

いかがでしたか?

なお、人気のwimaxのインターネット回線でも月々にかかる料金やキャンペーン内容はプロバイダーと申込み口によって異なります。

その時々によってキャンペーン内容も異なり、一部ではとても大きな割引・特典を得られる事があります。

WiMAXで一番のキャンペーンを欠かさず得るためのポイントは、広告(とくにネット広告)に目を凝らすことです。

不定期ですが、中にはお得なキャンペーンの案内が多く、私の時は、少し前の話ですが端末0円など総額10,000円分相当の特典を得られました。

 

PS
これも参考までの情報ですが、過去の経験上、特典が付与されるキャンペーン広告を仮にネットで見つけた場合でも、そのネット経由の申し込みではなく、電話で申し込みをすると、オペレーターの手違いなどでちゃんと適用してもらえないときがあります。

どうしても不明な点があるときは、電話で疑問点を問合せ確認後、あえて電話を切り、申し込み自体は見ているキャンペーンのページの申し込みボタンから入ってネットで行った方が、確実にその特典を受けられ、また申し込み手続きも簡単に進められます。






 

PPS
↓少しでも参考になったら、下記のブックマークやSNSで広めてください♪

引越しの不用品処分方法 無料回収~買取まで

引越し不用品処分引越し作業で悩みの1つとなるのが、「不用品=ゴミ」の処分です。

通常のゴミ回収で出せない大型家具やリサイクルの義務が生じる電化製品などは、一般的な粗大ゴミの回収に依頼して、通常のゴミは町内会のゴミの回収日に合わせて出すことが当たり前のように浮かびますが、ゴミの回収日が指定出来ず、不便があったり、料金が高くなることもあります。

しかし、第三のリサイクル業者による買取や無料回収まで、実は不用品処分の可能性は多岐に渡ります。

ここでは、可能な不用品回収方法について紹介します。

粗大ゴミ
恐らく一番最初に浮かぶ方法かつ一般的な不用品処分の方法です。

住んでいる市町村区の窓口に問合せ、その地域における粗大ゴミの回収規定に合わせて
指定の回収日に指定の場所へ置いて、持って行ってもらう方法です。

料金も含め、インターネットの検索で「粗大ゴミ ●●区(市)」のように検索すると
基本的に詳細を確認できるページがチェック出来ます。

まずはこの方法での料金と回収日時をチェックして、この後紹介する方法と比較すると
あなたにとって一番利便性があり経済的な方法が確認出来るようになります。

家電の処分
電化製品の中でも、テレビ、エアコン、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・乾燥機については、家電リサイクル方が設けられており、粗大ゴミには出せません。

これらの電化製品の場合は、一番分かり易いのは、新しいものを買う際に、古い方を回収してもらう方法です。

料金は、対象の電化製品のメーカーごとに異なります。

もし、買い替えで無い場合に不用品として処分したい場合は、対象製品のメーカーに問い合わせるか、http://www.rkc.aeha.or.jp/text/p_index.html で詳細を確認します。

また、ここにはないパソコンはメーカーに問い合わせて回収してもらうのが一般的です。
http://www.pc3r.jp/index.html

不用品回収業者を使っての処分(無料回収・買取り含)
街中を「何でも回収します」とスピーカーを使って走っている車を見かけた事はありませんか?

これらの不用品回収業者は、基本的に一括して何でも回収してくれます。
この場合のメリットは、処分回収日時を指定して、家まで取りに来てもらえることです。

また、彼らのネットワークにリサイクルショップがあったりすると、物によっては無料回収や
買取りとして受けてもらえることもあります。

詳細は業者によりますが、これまで紹介の一般的な粗大ゴミ+家電リサイクルよりも
場合によっては料金が安く、回収方法と日時も引越しの忙しいときに便利に働いてくれます。

以下のような業者さんがあります。




引っ越し業者に引き取り料金を払っての回収依頼
もうひとつの方法が、実際の引越しを行う際に、同じ引っ越し業者にオプションとして不用品回収処分までしてもらうことです。

最大のメリットは、問合せから回収まで1つの業者にお願いできるため
無駄な問合せ時間や回収に際して自分の時間を余計に使う必要がないことです。

引越しの見積りをお願いする際に、比較するためにも不用品回収についても
同時に聞いてしまうと、後々楽に決めることが出来るようになります。

より便利に、簡単に、経済的に引越しが出来ますように☆
タカハシ

PS
最後までお読みいただき、ありがとうございます。

意見交換などありましたら、お気軽に下記のFacebookコメント下さい♪

また、この記事が少しでも参考になりましたら、是非一番下のブックマークやシェアで広めてください☆

東京都地震危険度マップ2013

東京都内地震危険度ランク東京都地震危険度マップが平成25(2013)年9月17日の最新版として発表されました。

賃貸物件や分譲マンション購入などで引っ越しを検討する際、必ずと言っていい程気になる震災危険度を地盤や火災など様々な項目を集約してランキング化されたものになっているようです。

細かくは、地震の揺れによる以下の危険性を町丁目ごとに測定しています。

・建物倒壊危険度
・火災危険度
・総合危険度
・災害時活動困難度の危険度

今回は、東京都による都内に関する発表ということもあって、気になる人も多いのではないでしょうか?

賃貸マンションの探し方、物件の選び方の参考資料の1つとして、参照ください。
http://www.toshiseibi.metro.tokyo.jp/bosai/chousa_6/home.htm

 

PS
地震・震災に関連した項目を含む、賃貸物件の探し方に欠かせない73のチェック項目を知っていますか?
賃貸物件の探し方に欠かせない73の秘密のコツ

 

賃貸物件>住宅マンション購入の傾向に思うこと

賃貸物件かマンション購入か?賃貸物件に関して、今日こんなニュースがありました。

**********************************
平成25年版国土交通白書が発表され、この白書の中で、持ち家を希望する人は12年ぶりに80%以下となる79.8%を記録、逆に賃貸(借家)で構わない人は、12.5%と過去最高を記録している。
**********************************

最近では、消費税増税・ローン減税・低金利などの言葉に誘われたマンション購入意欲が高まるといったニュースが多くありましたが、ここに来てのこの報告内容は、とても現実的な人が増えてきた証である気がします。

以前、その分譲マンション購入、要注意!!増税・ローン減税・低金利に影響された住宅購入はするだけ損!で述べたように、賃貸物件かマンション・住宅購入かは、あなたの将来への資産投資であると私は考えます。

その中で、今回の報告内容の傾向は、現在では不動産の保持すること自体が自分への資産にならないと考える人が増えてきた結果であると思う。

そしてこれは、各々が将来を細かく想定して考えた結果であれば、決して間違った判断ではないと思う。

例えば「車」。

昔は「車」を手に入れることが、ステータスであったり、投資であったりしていた。

しかし、今は同だろう?

多くの答えが

「レンタルで十分」
「レンタルの方が、結果的に安い」
「レンタルが便利・楽」

である。

つまり、「車」=「資産」にならなくなってきている。

興味深いのは、このような答えは都心ほど多い。

当然ながら、保有する上での費用が高いことなどが理由として大きいが、
この考え方は、今は「賃貸か購入か?」にも及んでいる気がする。

そして、このような結論者が増える理由には、しっかりと将来設計と自分の資産投資できる可能性を計画している人が増えてきた証と思う。

よく世間では単純に「賃貸が増えた」=「世の中の低所得化」が聞こえるが、実際には違うと思う。

逆に、「低所得者」であるならば、余計に「賃貸」か「購入」かのバランス判断は重要であり、消費者が比較出来る情報が増えてきた今では、賢く判断されてきた結果ではないだろうか?

そして、中には購入の方が結果的に満足となるという決断をする人もいるかもしれない。
住まいの場所と年齢によっては低所得者ほど、購入のケースが増えるのかもしれない。

これらは、全て個人個人違う。

この傾向が続けば、少なくともこの先、買ったマンションや一戸建にローン返済で苦しみながら住み続け、払い終わりに予想外の出費が生じ、「そもそも購入した意味が分からない」という人は減ってくると思う。

しかし、まだ反面、このような考えが浸透しなく、安易な購入が増えている一部もある気がする。

このブログを読んでいただけている人には、少なくとも安易な確信のない判断で住宅マンション購入をすることがないよう、切に願っています。

素敵な住まいが出来ますように☆
タカハシ

PS
そして、結果的に賃貸が自分には正しい選択と考えられるときには、
賃貸物件の探し方に欠かせない73の秘密のコツ
も参考に、より有意義な住まい探しを実現させてください。

PPS
最後までお読みいただき、ありがとうございます。

この記事が他にも役立つ人が身近にいたならば、是非一番下のブックマークやシェアで共有下さい☆

住宅マンション、賃貸か購入か比較してみた

賃貸か購入か?賃貸か購入か?は、恐らく多くの人の人生で一度は考えることではないでしょうか?

私もその一人です。

賃貸マンションの引越しを考える度に、知人が家を買った話を聞く度に、
何気なくとも、「賃貸か購入か?」が頭をよぎります。

ここでは、実際に私がどのような比較を考え、実行し、どんな結論に至ったかを紹介します。

あくまでも、一個人の見解ですが、賃貸か購入の比較のポイントや考え方の参考になればと思います。

 

1. 生涯にかかる費用比較

結局最初は、ここが気になりますよね。

ということで、SUUMOで良さそうな比較を発見。

購入か賃貸か賃貸か購入か細かいことが沢山書いてありますが、ポイントは

購入は早ければ早いということ。

逆に、晩年を迎えて頃での購入は賃貸より高くなる可能性も。

単純に料金面については、「早ければ早い」ということで私も納得です。

しかし、ここで私なりの疑問。

・ もし地震があって買ったマンションがつぶれたら?
・ 上記の比較表に含まれない地震保険はどのくらい費用がかかるの?
・ もし、急な転勤や環境の変化が生まれて、購入マンションから離れたい場合は?

 

2. もし地震があって買ったマンションがつぶれたら?

今では最も大きな関心です。

と言いますか、これがはっきりしないのにマンションが買えるとしたら凄い・・・

そもそも、先の「単純に料金面については、「早ければ早い」ということで私も納得です。」は、あくまでも購入後に何も問題なくそこへ過ごし続けたらの話。

その中で、地震による損害は一番大きな関心事です。

そして、様々な雑誌などのコラムを読み、実際に不動産展示会や会社へ出向いて質問をしてきた中、私の考えとしては、「地震保険以外の対策はない」が見解です。

もちろん、購入対象の「耐震・免震」に関して備わった物件であることは前提です。

 

3. 地震保険はどのくらい費用がかかるの?

ちなみに、「地震保険」だけというのは、存在しません。
まずは「火災保険」に加入して、「地震保険」をセットにする形で契約となります。

ということで、料金相場を調べます。

私の場合、

約¥20,000/年

となりました。

仮に50年とした場合、上記の表に+¥1,000,000(100万円)です。

正直、50年で考えると、それほど大きな金額ではありませんでした。

月あたりで考えると、約1,600円程度ですから、ここまででも、「購入の方が「早ければ早い程お得」ということに納得です。」

 

4. もし、急な転勤や環境の変化が生まれて、購入マンションから離れたい場合は?

これも、可能性は長い人生、ゼロではありません。

よく、人に貸せばよいと言うけれど、そんな簡単な話なのでしょうか?

実は、ここが正直悩みどころです。

簡単に言えば、「その時がきたら、なるようにしかならない。」ということ。

しかし、「そのとき」がきたときに、「なるように物事がなりやすいようにするために購入時に出来ることが何か?」は分かりました。

それが、「ニーズの高いエリアと立地の物件を買うこと」です。

ここが「自分は我慢できるから安めの物件を買おう」にしてしまうと、イザというときの
「買い手」「借り手」は見つかりにくくなってしまうということです。

とはいえ、そればかり気にして購入金額が高いマンション購入となってしまっては、
結果的に賃貸の方が安くなるかもしれません。

 

5. もし、給料が減ったら?仕事がなくなったら?

先の「もし、急な転勤や環境の変化が生まれて、購入マンションから離れたい場合は?」と同様、
ここも相当に悩みどころであり、正直言えば、再び「その時がきたら、なるようにしかならない。」ということ。

しかし、リスクを最小限にするために購入前に買いたい人が出来ることはあります。

それは、購入対象の金額を自身が組めるローン限界額より余裕を持つことです。

月々の保険料などを含めた金額の減少を可能な限り実施して、万が一の際の支払いを
それまでの貯蓄でまかなえるように資産運用を計算した購入にすることです。

 

いかがでしたか?

以上が私なりの検証です。

 

そして私は、

「35歳~40歳くらいまでを期限に、立地やエリア条件が良く、毎月のローン支払いに余裕のある物件が見つかったら買う」

をここまでの解析結論としました。

 

当然、これ以外にも人それぞれ考え方はあります。
考えなければならない、条件なども異なるかもしれません。

しかし、はっきりしているのは、何かに絶対に焦って買ってはいけないということではないでしょうか?

そして、始めに書きましたが、ここでの紹介が、賃貸か購入の比較のポイントや考え方の1つの参考になればと思います。

 

良い答えが見出せますように☆
タカハシ

 

PS
他にも役立つ人が身近にいたならば、是非一番下のブックマークやシェアで共有下さい☆