その分譲マンション購入、要注意!!増税・ローン減税・低金利に影響された住宅購入はするだけ損!


分譲マンション購入に注意・ アベノミクス
・ 消費税増税
・ 景気回復

あなたは、そんな羽振りの良いニュースや雰囲気、消費税増税や住宅ローン減税、の影響に惑わさせられ、後押しされ、もしくは焦らされてマンション購入を検討していませんか?

マンション購入は、人生のラーニングポイントでもあり、一生に一度の大きな買い物。

そんな超が付く高額な住宅購入に焦りや雰囲気での購入は馬鹿げた話。

・ 諸費用も賃貸よりお得になってくる
・ 増税前と後では大きな差

そんな言葉に要注意!

さらに、マンションは消耗品ということを忘れてはいけない!

あなたは、ちゃんと35年後を想定していますか?

世の中の多くの住宅マンションの寿命は20年~25年です。

その頃から、相当なボロが出ます。

あなたが、分譲マンション購入時に払う金額の一部、修繕積立金は当てになりません。

それは、マンション維持のためであり、あなたが買った部屋の損害への修繕は、あなたが別途出します。

あなたは、35年後、その部屋に住み続けるつもりですか?

貸し出すなら、貸せると思いますか?

マンション購入は、甘い言葉が非常に多い。

それは、全て営業文句です。

・ 月々わずか9万円~
・ 賃貸よりゴージャスな内装設備
・ 老後の住居が安心
・ もうすぐ増税

これらの言葉、35年後に「信じて買っておいて良かった」になりますか?

これらの言葉に影響され、マンションを購入するのであれば、損をする結果の可能性にも気づいて下さい。

景気回復に向かうニュースで、増税に向かうニュースで、
不動産業でも「マンション購入者が増えた」という言葉を多く聞きます。

増税の影響を心配をするならば、先に住宅マンション購入をした場合の35年後の心配をして下さい。

その長期プランなくして、マンション購入はお勧めできません。

購入するならば、その35年後、あなたがどのようにマンションを管理し、扱っていられるのかのライフプランを賃貸をしたときと照らし合わせて比較してから考えて下さい。

今日は、どうも回りに流される人をよく見ては耳にする昨今への私の反応として、
いつもと少し異なりますが、この記事を書かせていただきました。

以上。

タカハシ

 

PS
もし、そもそもマンション購入を資産投資としても考える場合は、このような記事も参考になるかもしれません。
・ 不動産マンション投資 もうひとつの賃貸OR購入への考え方

 

PPS
この記事が他にも役立つ人が身近にいたならば、是非下記のブックマークやシェアで共有下さい☆


住宅マンション、賃貸か購入か比較してみた


賃貸か購入か?賃貸か購入か?は、恐らく多くの人の人生で一度は考えることではないでしょうか?

私もその一人です。

賃貸マンションの引越しを考える度に、知人が家を買った話を聞く度に、
何気なくとも、「賃貸か購入か?」が頭をよぎります。

ここでは、実際に私がどのような比較を考え、実行し、どんな結論に至ったかを紹介します。

あくまでも、一個人の見解ですが、賃貸か購入の比較のポイントや考え方の参考になればと思います。

 

1. 生涯にかかる費用比較

結局最初は、ここが気になりますよね。

ということで、SUUMOで良さそうな比較を発見。

購入か賃貸か賃貸か購入か細かいことが沢山書いてありますが、ポイントは

購入は早ければ早いということ。

逆に、晩年を迎えて頃での購入は賃貸より高くなる可能性も。

単純に料金面については、「早ければ早い」ということで私も納得です。

しかし、ここで私なりの疑問。

・ もし地震があって買ったマンションがつぶれたら?
・ 上記の比較表に含まれない地震保険はどのくらい費用がかかるの?
・ もし、急な転勤や環境の変化が生まれて、購入マンションから離れたい場合は?

 

2. もし地震があって買ったマンションがつぶれたら?

今では最も大きな関心です。

と言いますか、これがはっきりしないのにマンションが買えるとしたら凄い・・・

そもそも、先の「単純に料金面については、「早ければ早い」ということで私も納得です。」は、あくまでも購入後に何も問題なくそこへ過ごし続けたらの話。

その中で、地震による損害は一番大きな関心事です。

そして、様々な雑誌などのコラムを読み、実際に不動産展示会や会社へ出向いて質問をしてきた中、私の考えとしては、「地震保険以外の対策はない」が見解です。

もちろん、購入対象の「耐震・免震」に関して備わった物件であることは前提です。

 

3. 地震保険はどのくらい費用がかかるの?

ちなみに、「地震保険」だけというのは、存在しません。
まずは「火災保険」に加入して、「地震保険」をセットにする形で契約となります。

ということで、料金相場を調べます。

私の場合、

約¥20,000/年

となりました。

仮に50年とした場合、上記の表に+¥1,000,000(100万円)です。

正直、50年で考えると、それほど大きな金額ではありませんでした。

月あたりで考えると、約1,600円程度ですから、ここまででも、「購入の方が「早ければ早い程お得」ということに納得です。」

 

4. もし、急な転勤や環境の変化が生まれて、購入マンションから離れたい場合は?

これも、可能性は長い人生、ゼロではありません。

よく、人に貸せばよいと言うけれど、そんな簡単な話なのでしょうか?

実は、ここが正直悩みどころです。

簡単に言えば、「その時がきたら、なるようにしかならない。」ということ。

しかし、「そのとき」がきたときに、「なるように物事がなりやすいようにするために購入時に出来ることが何か?」は分かりました。

それが、「ニーズの高いエリアと立地の物件を買うこと」です。

ここが「自分は我慢できるから安めの物件を買おう」にしてしまうと、イザというときの
「買い手」「借り手」は見つかりにくくなってしまうということです。

とはいえ、そればかり気にして購入金額が高いマンション購入となってしまっては、
結果的に賃貸の方が安くなるかもしれません。

 

5. もし、給料が減ったら?仕事がなくなったら?

先の「もし、急な転勤や環境の変化が生まれて、購入マンションから離れたい場合は?」と同様、
ここも相当に悩みどころであり、正直言えば、再び「その時がきたら、なるようにしかならない。」ということ。

しかし、リスクを最小限にするために購入前に買いたい人が出来ることはあります。

それは、購入対象の金額を自身が組めるローン限界額より余裕を持つことです。

月々の保険料などを含めた金額の減少を可能な限り実施して、万が一の際の支払いを
それまでの貯蓄でまかなえるように資産運用を計算した購入にすることです。

 

いかがでしたか?

以上が私なりの検証です。

 

そして私は、

「35歳~40歳くらいまでを期限に、立地やエリア条件が良く、毎月のローン支払いに余裕のある物件が見つかったら買う」

をここまでの解析結論としました。

 

当然、これ以外にも人それぞれ考え方はあります。
考えなければならない、条件なども異なるかもしれません。

しかし、はっきりしているのは、何かに絶対に焦って買ってはいけないということではないでしょうか?

そして、始めに書きましたが、ここでの紹介が、賃貸か購入の比較のポイントや考え方の1つの参考になればと思います。

 

良い答えが見出せますように☆
タカハシ

 


 

PS
他にも役立つ人が身近にいたならば、是非一番下のブックマークやシェアで共有下さい☆