賃貸引っ越しで買い替え時におすすめのグッズ


賃貸引っ越しで買い替え時におすすめのグッズ賃貸物件の引っ越しや分譲マンション・一戸建てへの引っ越しの時、新しい買い替えにおすすめなアイテムを紹介します。

これらは、新しい住まいとなる時の買い替え率が高く、心地よく長く使えることを望むグッズです。
(実際に私が気になったり、ワクワク使っている物です☆)

 

1. カーテン
カーテンのサイズは、引っ越し先の窓の大きさ変化による買い替えが必要になる可能性があります。

そして、カーテンはその部屋の環境を外側と内側の両方で守る大切な役割を果たします。

カーテンは単なる目隠しではありません。
外からの光や熱、冷気のコントロール、内では部屋の住み心地の良さを形成します。

意外にもカーテンは高いことが多いためか、とりあえずこれでいいかな?と安易に考えてしまう人がいます。

しかし、カーテンが良くないと、室内の温度や湿度などの環境が不快になり、結果的にエアコン代の高騰や日々のストレスにつながるケースがあります。

そこで、カーテンでおすすめなのがこちら です。

 

2. マットレス
寝具は長く使える反面、買い替えのタイミングが難しくもあります。

まだ使えるだろうと思い込んでしまったり、そもそも買い替え時の廃棄が面倒であることも理由としてあります。

しかし、睡眠は毎日を快適に過ごす上でも重要な意味を持ち、マットレスや布団は快眠を最大化する可能性を秘めています。

新しい住居となるのをきっかけに新しい快適な睡眠と毎日を目指す寝具の買い替えは、ひとつの良い考え方です。

そんなマットレスでおすすめなのは低反発マットレスの「トゥルースリーパー」です。

これをおすすめする理由は、もちろん新しいマットレス単体として購入して、高い安眠レベルを手に入れられることもありますが、仮に今使っている寝具を廃棄せず、もう1枚上に重ねて使う+αのマットレスとして手に入れるだけでも睡眠を快適にすることができるからです。
明日を、もっと、ハッピーに!『ショップジャパン』

 

3. 調理器具
ここでは、使い慣れた調理器具の買い替えということではなく、新しい空間でより使い勝手の良い調理器具への進化を目的としています。

例えば・・・

1つで3役の圧力炊飯器
これの魅力は、欲しいと思っていてもそれぞれ高くて手に入れられなかったり、場所をとってしまうことでためらってしまう「炊飯器」、「圧力鍋」、そして「ホームベーカリー」が1つにまとまった電化製品であることです。

せっかくの新しいピカピカ綺麗にスタートできるキッチンと空間にやさしく、長く楽に使えるこれらの調理器を導入してみるのは、楽しみのひとつです。

 

素敵な引っ越しと新生活への参考に♪
タカハシ

 

PS
↓少しでも役立ったら、コメントやシェア・ブックマークなどお願いします♪


中古マンション・物件をリノベーション(リフォーム)して長く住む考え方



中古物件や一戸建てをリノベーション(リフォーム)して長く住む方法中古物件(中古マンションや中古の一戸建て)を購入して、リフォームやリノベーションを行って住む方法は、賃貸や新築分譲購入をして住むのとは異なる住まいの選択のあり方です。

ちなみにリフォームとリノベーションの違いは、一般的にはリフォームが汚くなったり古くなったものを「元に戻す」ことであるのに対し、リノベーションは「元々よりもさらに新しく良くする」意味として理解されています。

 

話を戻しますが、中古物件なら「賃貸ではなく購入」という選択を新築の分譲マンションや一戸建てよりも安い費用で手に入れることができます。

そして、中古物件特有の古い間取りや設備をリフォームできれいにしたり、リノベーションで自分の好きな形に一新できるのが魅力です。

 

しかし、実際に中古の不動産物件を購入してリフォーム・リノベーションするとなると、以下のような悩みが出てくるのも事実です。

・どの物件で、どれだけ美しく住み心地良いリノベーションを行えるのかがわからない
・どの物件で、どれだけ長く住める価値があるのかわからない
・どの物件で、それだけリフォーム・リノベーション費用が必要になるかがわからない

 

いくら中古とはいえ、安易にマンションや一戸建てを買ってリフォームやリノベーションの依頼を行ったときに希望通りに出来ないことが後々になって発覚してしまっては、それは大きな価格リスクです。

安易でなかったとしても、物件の購入前に気が付かなかったという結果になることは避けなければなりません。

 

つまり

・自分が見つけて検討している物件が、実際にリフォーム・リノベーション可能か?
・可能ならば、具体的にどんなことが出来て、どの程度の料金がかかるのか?
・長く住む上での問題などあるか?

といったことを契約前に事前に専門的にチェックする必要があります。

 

これによって、その中古マンションを買う心配が減り、心置きなく予め理解している予算範囲内でリノベーションが出来る安心になります。

最近では、このような悩みを解決するためのサービスも登場してきています。

中古マンションや一戸建て物件をリノベーション・リフォームして住むことを検討するならば、この考え方も参考にしてみてください。

 

PS
私が最近気になっているのは、LOHASというサービスです。
自分が自由に見つけてきた物件を、契約前にチェックや価格交渉までしてくれて見積もりも確認できるようなサービスです。

まずはもっと詳しく流れを知りたい人のために、無料セミナーや無料の資料請求があります。
そこへWEB申請することから興味を持ってみるのは良いかも知れません。


 

PPS
外壁や塗装などのリフォーム探しにはこのようなサービスもあります。参考までに。


 

PPPS
↓少しでも参考になったら、下記のブックマークやSNSで広めてください♪





不動産マンション投資 もうひとつの賃貸OR購入への考え方



マンション不動産投資以前に「住宅マンション、賃貸か購入か比較してみた」の記事を書いたことがありますが、賃貸がいいのか?持ち家がいいのか?のテーマはいつの時代もよく耳にします。

しかし、今回は前回と少々異なる視点で、賃貸OR購入について考えてみたことを書きます。
それは、マンション投資という3つめの考え方です。

よく富を得てきた人の考え方でこのようなことを私は耳にします。

「収入からの貯蓄と出費が先ではなく、収入と投資をベースアップしてから出費をする=貯蓄となる」

 

投資の最たると言えば、株や不動産です。
どちらも簡単に言えば、自身が手に入れたとき以上の価値に高めて売ることで利益を得るということです。

例えば、ローン35年で毎月12万円の返済が必要なマンションを買って、毎月12万円以上で別の人へ貸したり、3,000万で買ったマンションを時期を見て4,000万で売るといったことです。

これらは、いわゆる副収入でもあります。

 

この記事を書いている今では、億ションが完売するニュースがあるなど、不動産の人気上昇が聞こえてきます。

また日本人以外の不動産投資者のニュースも流れ、マンション投資の考えは広がりつつあります。

つまり、物件の賃貸か?購入か?で悩むときに、いずれかで悩むのではなく、「不動産投資のためのマンション購入をする」という考え方もあるということです。

 

しかし不動産マンション投資には、当然ながらメリットとデメリットがあります。

メリットを浮かべることは簡単です。

先ほどの例のように、毎月のローンの支払い金額以上の「儲け」を自身が賃貸人となって得られたり、売却で数百万円から数千万円の利益を上げるチャンスがあることです。

しかしデメリットは、そんな簡単な話しでもないことです。

マンション購入後、賃貸で貸し出すにも販売で売るにしても、相手が見つからなければ、その期間発生するローンをそのまま払い続けることになります。

自分が購入した不動産物件によっては、まったく借り手や買い手が見つからない場合もあります。

どんな種類の物件を購入して不動産投資とするのが良いのか?などのある程度の見極める力も必要です。

 

マンション投資は、自分が最初にある程度大きな資金を投資しなければ始まりません。
しかし、高額な投資資金となるゆえ、失敗の大きさもリスクとしてはあります。

その他にも普段気がつかないリスクや費用も想定されます。
専門的なことも出てきます。

とはいっても、成功を導ければそれなりに大きな支えになることも考えられます。

雑誌などでも見かけるとおり、やり方次第で10年後20年後の資産で数千万円の違いを生む可能性もあります。

賃貸に住みながら不動産投資を考えることも1つです。
不動産投資としてマンションを購入して、最終的に住むというケースもあります。

 

不動産マンション投資を検討するには、まずは自身で少し勉強してみたりアドバイスを受けるのがスタートポイントです。

そこで具体的に「何を思えるか?」から無理なくスタートしてみます。

資料請求
から始めるのことも出来れば、セミナー
などに参加するのもありますが、何事も新しい試みをスタートするときは悩みや不安は付き物であり、「相談」というのが最初のスタートしてはおすすめかもしれません。

 

そもそもライフプランと現実的な今をしっかり見据えた計画などをするには、自身独学や判断だけでは頼りない部分も出てきます。

不動産マンション投資において相談をベースにするメリットは、無料で相談できる場所があることです。

一度、この無料相談
でイメージと現実を知ることから始めるのもおすすめです。

タカハシ



PS
↓少しでも共感いただけたら、コメントやシェア・ブックマークなどお願いします♪





東京都地震危険度マップ2013



東京都内地震危険度ランク東京都地震危険度マップが平成25(2013)年9月17日の最新版として発表されました。

賃貸物件や分譲マンション購入などで引っ越しを検討する際、必ずと言っていい程気になる震災危険度を地盤や火災など様々な項目を集約してランキング化されたものになっているようです。

細かくは、地震の揺れによる以下の危険性を町丁目ごとに測定しています。

・建物倒壊危険度
・火災危険度
・総合危険度
・災害時活動困難度の危険度

今回は、東京都による都内に関する発表ということもあって、気になる人も多いのではないでしょうか?

賃貸マンションの探し方、物件の選び方の参考資料の1つとして、参照ください。
http://www.toshiseibi.metro.tokyo.jp/bosai/chousa_6/home.htm

 

PS
地震・震災に関連した項目を含む、賃貸物件の探し方に欠かせない73のチェック項目を知っていますか?
賃貸物件の探し方に欠かせない73の秘密のコツ

 






賃貸物件>住宅マンション購入の傾向に思うこと


賃貸物件かマンション購入か?賃貸物件に関して、今日こんなニュースがありました。

**********************************
平成25年版国土交通白書が発表され、この白書の中で、持ち家を希望する人は12年ぶりに80%以下となる79.8%を記録、逆に賃貸(借家)で構わない人は、12.5%と過去最高を記録している。
**********************************

最近では、消費税増税・ローン減税・低金利などの言葉に誘われたマンション購入意欲が高まるといったニュースが多くありましたが、ここに来てのこの報告内容は、とても現実的な人が増えてきた証である気がします。

以前、その分譲マンション購入、要注意!!増税・ローン減税・低金利に影響された住宅購入はするだけ損!で述べたように、賃貸物件かマンション・住宅購入かは、あなたの将来への資産投資であると私は考えます。

その中で、今回の報告内容の傾向は、現在では不動産の保持すること自体が自分への資産にならないと考える人が増えてきた結果であると思う。

そしてこれは、各々が将来を細かく想定して考えた結果であれば、決して間違った判断ではないと思う。

例えば「車」。

昔は「車」を手に入れることが、ステータスであったり、投資であったりしていた。

しかし、今は同だろう?

多くの答えが

「レンタルで十分」
「レンタルの方が、結果的に安い」
「レンタルが便利・楽」

である。

つまり、「車」=「資産」にならなくなってきている。

興味深いのは、このような答えは都心ほど多い。

当然ながら、保有する上での費用が高いことなどが理由として大きいが、
この考え方は、今は「賃貸か購入か?」にも及んでいる気がする。

そして、このような結論者が増える理由には、しっかりと将来設計と自分の資産投資できる可能性を計画している人が増えてきた証と思う。

よく世間では単純に「賃貸が増えた」=「世の中の低所得化」が聞こえるが、実際には違うと思う。

逆に、「低所得者」であるならば、余計に「賃貸」か「購入」かのバランス判断は重要であり、消費者が比較出来る情報が増えてきた今では、賢く判断されてきた結果ではないだろうか?

そして、中には購入の方が結果的に満足となるという決断をする人もいるかもしれない。
住まいの場所と年齢によっては低所得者ほど、購入のケースが増えるのかもしれない。

これらは、全て個人個人違う。

この傾向が続けば、少なくともこの先、買ったマンションや一戸建にローン返済で苦しみながら住み続け、払い終わりに予想外の出費が生じ、「そもそも購入した意味が分からない」という人は減ってくると思う。

しかし、まだ反面、このような考えが浸透しなく、安易な購入が増えている一部もある気がする。

このブログを読んでいただけている人には、少なくとも安易な確信のない判断で住宅マンション購入をすることがないよう、切に願っています。

 

素敵な住まいが出来ますように☆
タカハシ

PS
そして、結果的に賃貸が自分には正しい選択と考えられるときには、
賃貸物件の探し方に欠かせない73の秘密のコツ
も参考に、より有意義な住まい探しを実現させてください。

 

PPS
最後までお読みいただき、ありがとうございます。

この記事が他にも役立つ人が身近にいたならば、是非一番下のブックマークやシェアで共有下さい☆