引っ越し比較サイトを使うときに費用以外にチェックすべきこと


引っ越し比較サイトの一括費用見積もり結果へのチェックリスト引っ越し見積もりを一括に行い、費用比較が簡単にできる引っ越し比較サイトが便利で人気です。

そして、結果として得られる費用が安い業者から引っ越し方法を選ぶ人が増えています。

しかし、料金相場や業者間における引っ越し費用比較だけで結論付けしてしまうと、場合によって想定外の問題に遭遇してしまう可能性があります。

費用の一括比較はもちろん便利で大事ですが、それ以外の比較ポイントも把握した上で、最終的な引っ越し業者を決めるのがおすすめです。

ここでは、引っ越し比較サイトを使って一括見積もりから得られた費用以外のチェックリストを紹介します。

 

・質=必ずしも安かろう悪かろうではありませんが、引っ越し費用が格安な場合の理由が、当日に実際作業を行う人々の丁寧さや細やかさと反比例することになると、引っ越し中の損害につながるリスクがあります。

また、提示された費用で配置してもらえる当日の作業員の人数内訳が、他の業者と比較して異なるか否かもポイントです。

作業員が他よりも少ない=作業の質に影響があるかもしれません。

費用以外で引っ越し業者を探す過程の中で、当日配備してもらえる人の経験値をヒアリングしたり、人数が他の業者よりも少ない場合はその理由などを聞いて納得できるかをチェックするのがおすすめです。

・実施日時=費用が安いと引っ越し作業日もしくは時間帯が自由に選択できない可能性もあります。

引っ越し業者にとって空いている時間帯や日にちだからこその格安引っ越し料金提示である可能性もあります。

引っ越し日や時間帯にこだわりがある人は、この点においても不本意な内容でないかをチェックしておくことがおすすめです。

・資材=ダンボールやふとん袋、テープなどの引っ越し用資材がどのような数量と料金加算されての結果であるかもポイントです。

その量で足りるのか?足りない場合は、どのくらいの追加料金が別途考えられるのかを確認しておくことで、最終的な引っ越し費用とのギャップの可能性を計ることができます。

また、提示資材の中で不要な物がある場合の指摘と値下げの可能性を探ることもできます。

 

これらのポイントを、引っ越し比較サイトを使った一括費用見積もりの結果に加味して最終判断してみるのはおすすめです。

 

満足な引っ越し比較サイトの活用が実現しますように♪
タカハシ

 

 

PS
↓良かったら、ブックマークやシェアお願いします。


WiMAXの格安&キャッシュバックキャンペーン比較方法とおすすめ契約先プロバイダ



おすすめWiMAXプロバイダ契約と格安&キャッシュバックキャンペーン料金比較のコツ2013年頃、「WIFIルーター比較からWiMAX(ワイマックス)をおすすめする3つの理由」という記事で既にWiMAXをおすすめしていましたが、時が経ち、今ではWiMAX2+としてギガ放題というデータ通信が使い放題のプランまで登場しています。

今回、ますますおすすめWiFiルーターとしての地位を築いているWiMAXの中でも、いったいどのプロバイダとの契約が安くお得になるのか?を検証すべく、実体験からの比較方法を紹介をします。

一言でWiMAXといえども、そのサービスを提供している「プロバイダ」は複数あり、それぞれが独自のキャンペーンを展開しています。

初めから設定の基本料金を格安としてPRしているとこともあれば、キャッシュバックによる特典でキャンペーンを展開しているところなど様々です。

そして、プロバイダ比較=料金比較を徹底して契約先を決めることで、最終的に負担する費用に大きな差が生まれる可能性もあります。

おすすめのWiMAX契約先プロバイダの紹介と共に、これまでの経験上で分かってきた格安料金やキャッシュバックキャンペーンの比較方法(検証材料)を紹介します。

・キャッシュバックが特典となるキャンペーン>月額料金設定が格安としている特典
今回の記事の最初の方で「初めから設定の基本料金を格安としてPRしているとこともあれば、キャッシュバックによる特典でキャンペーンを展開しているとことなど様々です。」と書きましたが、これまでの経験上、キャッシュバックによるキャンペーンの方が、キャッシュバック無しに「月々わずか●円!」とあるPRのキャンペーンよりも、最終的には安い可能性があります。

これは、キャッシュバックには手間がかかること、またキャッシュバックを受けるには、最低でも何ヶ月間は使わなければならないことが条件になるためです。

・解約費が発生しない「更新月」のタイミングがいつとなるか?
WiMAXは多くの場合、2年契約か3年契約になります。どちらの場合でも、それぞれの期間が終了する時点で「更新月」が設けられ、そこで解約をしない場合、次の2年もしくは3年の契約更新が発生します。

「更新月」以外で解約をしようとするならば、違約金が発生することが多いため、契約後は最初の更新月まで使用することが殆どです。

つまり、どのプロバイダのどのキャンペーンで契約する場合にいくら最初の契約期間で料金が合計で発生するかの計算と比較は、「更新月まで」となります。

しかし、この「更新月」は必ずしも例えば2年契約ならば24ヶ月目となる訳ではありません。プロバイダによっては24ヶ月目となる場合もあれば25ヶ月目とする場合もあります。

また、数え方として契約開始日する日の月=1ヶ月目となるのか、もしくはサービス開始日となる月の翌月が最初の1ヶ月目となる場合もあります。

解約料金が発生しない「更新月」がいつになるのか?をしっかり把握して、最初の契約期間に合計でいくらの費用がかかるのかを料金比較することが重要です。

・「月額わずか●●円!」の先
このようにプロバイダによっては月額料金の安さを前面にキャンペーンしている場合があります。

しかし、月額料金の詳細を詳しく見てみると、目玉としてPRされている基本料金設定は最初の2ヶ月間のみで、残りの期間は値上げされた月額料金となる場合があります。

契約後、何ヶ月間が「月額わずか●●円!」とキャンペーンされている金額であるのかを詳細に確認することが料金比較において求められます。

・事務(申込)手数料が発生する場合としない場合がある
WiMAXの契約では多くの場合、事務(申込)手数料という費用が発生します。
約3,000円くらいです。1か月分の月額に近い料金ですよね?

しかし、キャンペーンによっては特定のルーター機種や契約年数などを条件に事務(申込)手数料を無料とするケースもあります。

同じプロバイダの展開する複数のキャンペーン間においても比較してみると、この点についての差がある可能性があります。

プロバイダごとの料金比較でも、同じプロバイダ内のキャンペーン別での比較でも、この点の違いについてがあれば大きな差になりますのでチェックしましょう。

・1つのプロバイダが入り口ごとに異なるキャンペーンを用意している
GoogleやYahooの検索結果から入るページで案内されるWiMAXキャンペーンと、特定のサイトが掲載しているWiMAX広告を入り口として確認できるキャンペーンとでは、同じプロバイダでも一方がよりお得なキャンペーンを提供している場合があります。

私の経験上では、後者の方がお得な可能性があると感じています。

特定のサイトが掲載しているWiMAX広告を入り口として確認できるキャンペーンとは、
↓このようなものになります。



以上がおすすめWiMAX契約先プロバイダを知る前に、自身でWiMAXの格安料金&キャッシュバックキャンペーンを比較する際に使えるコツです。

有意義なWiMAX料金比較が実現しますように。
タカハシ

 

PS
WiMAXでおすすめの契約先プロバイダは、上記バナー先で確認できるキャッシュバックキャンペーンのいずれかと今までの経験上では感じています。

 

PPS
最後までお読みいただき、ありがとうございます。

この記事が他にも役立つ人が身近にいたならば、是非一番下のブックマークやシェアで共有下さい☆





長期不在宅やマンションを簡単査定比較でより高く売却する方法



戸建て1軒家やマンションを簡単見積もり査定の比較をしてより高く売る方法先日の「空き家物件の管理対策 長期不在の留守宅を活用する方法」に関連して、前回までに

長期不在となる物件で賃貸運営する方法
そのまま防犯対策をして留守にする方法

について紹介をしてきましたが、今回は「留守宅を売却する方法」について紹介します。

これはつまり、持ち家やマンションなど不動産の売却ということになるのですが、
いざ売却を検討してみると、細かい流れなど不明な点が多く浮かび上がりますよね。

また、疑問点を相談をしようとしても、いったいどこに聞けば良いのか?という悩みにもぶつかる可能性があります。

そして何よりも、一番気になるのは売値であり、買い取ってくれる不動産会社によって提示してくる金額の違うことを上手く比較したいはずです。

しかし、1社ごとに見積もり依頼の問い合わせをするのは、効率が良いとはいえません。

また、そもそもどの不動産会社に査定申込みをすれば良いのか不明な中で、手当たりしだいに行動すること自体、ストレスや不安となってしまうでしょう。

以上をまとめると、なるべく物件買い取り価格の提示額が高いところを簡単比較して探し、その中のいくつかと詳しい相談を進めてみるのがスタートとして良いかもしれません。

では、どのようにすれば高い見積もり査定額を簡単比較して探せるか?

実は、不動産物件の売却における無料の「一括査定見積もり比較」を提供しているサービスは複数存在します。

例えば、

  

各サービスによって特徴が異なる場合もあります。

しかし共通しているのは、1つのフォーム入力をすることで、いくつもある不動産査定会社の中から最大で6社からの結果が得られて比較することができることです。

売値の相場や差は、比較することで明確になります。

そして、得られる査定額がその後に大きな影響を及ぼすことを考えれば、いかに効率良く比較しては、最大のメリットが得られる売却方法を見逃さないことがポイントです。

まずは、このような一括査定見積もりサービスの1つを利用して比較スタートしてみるという考え方も、ひとつの参考にしてみてはいかがでしょうか?

PS
少しでも役に立ったら、下記のブックマークやSNSボタンでシェアください。





マンションや家の防犯対策 警備会社とホームセキュリティ比較


警備会社とホームセキュリティによる防犯対策マンション、アパート、一戸建てなど家の防犯対策はどのように考えていますか?

様々な防犯対策が求められる今、鍵の強化以外にも個人による警備会社への防犯依頼や自分で室内に防犯センサーによるホームセキュリティを設置する方法もあります。

自分の身は自分で守ると言いますが、様々な犯罪に対する防犯対策をするとなると、鍵だけでは不安な人も多い世の中になりつつあります。

 

ここで出てくるようなカギによる防犯対策 以外の強化として検討できる方法は2つあります。

1つは、CMなどで聞いたことがあるセコムやALSOKなどの警備会社へ月額料金を払ってお願いする方法。

もうひとつは、自分で専用の防犯センサーを購入して設置管理する方法です。

今回は、それぞれの特徴について紹介します。

 

自分で防犯グッズを買ってホームセキュリティをする
この後紹介する警備会社を利用する場合は、月額基本料金がかかります。
その月額料金は契約期間が長くなればなるほど費用が嵩みます。

これに対して、自分で家に防犯センサーを購入して設置管理する方法は、最初に費用はかかりますが、それ以降の維持費は比較的リーズナブルに防犯対策ができるようになります。(部屋内のネット環境は必要です)

例えば、防犯センサーを買って窓やドア付近に設置します。
その機材はスマホのアプリと連動され、異常が感知されるとスマホへのお知らせ及び大音量の警戒アラームが発動します。

マンションやアパートを引っ越す場合でも、それらの防犯対策グッズは再設置で使えるのもメリットです。

 

警備会社へ依頼をする
警備会社への依頼と聞くと、オフィスや会社法人などが契約するイメージが強い人も多いかもしれません。

しかし、個人の家への防犯対策として警備会社に依頼をすることも可能です。

多くの場合、月額費用を支払うことでセキュリティ会社が運営管理してくれます。

例えば、防犯センサーやカメラによる異常時の対応、緊急時の通報対応、火災への対応など様々なサービスがあります。

長期休暇で家を空ける場合などは、自分で管理するよりも安心感があるでしょう。

とはいえ、毎月の費用やサービス内容などは契約先によって様々です。

恐らく、どのような警備会社が存在して、どんな料金とサービス内容があるのかを知っている人は少ないでしょう。

そのような場合の最初のステップとしておすすめなのが、複数の警備会社から資料情報が手に入れられる「大手警備会社の資料をまとめてお取り寄せ
」といった無料サービスを使う方法です。

この方法を利用することで、複数の警備会社の問い合わせ先を自分で調べては、毎回資料請求フォームなどを入力する手間が省けます。

また、同じタイミングで比較できることで、迅速且つ効率良く情報を知ることができます。

先に紹介した自分で設置管理するホームセキュリティが面倒であったり、それらとの比較を実際にしたい場合にもおすすめです。

 

PS
↓少しでも役立ったら、コメントやシェア・ブックマークなどお願いします♪





賃貸引っ越しで買い替え時におすすめのグッズ


賃貸引っ越しで買い替え時におすすめのグッズ賃貸物件の引っ越しや分譲マンション・一戸建てへの引っ越しの時、新しい買い替えにおすすめなアイテムを紹介します。

これらは、新しい住まいとなる時の買い替え率が高く、心地よく長く使えることを望むグッズです。
(実際に私が気になったり、ワクワク使っている物です☆)

 

1. カーテン
カーテンのサイズは、引っ越し先の窓の大きさ変化による買い替えが必要になる可能性があります。

そして、カーテンはその部屋の環境を外側と内側の両方で守る大切な役割を果たします。

カーテンは単なる目隠しではありません。
外からの光や熱、冷気のコントロール、内では部屋の住み心地の良さを形成します。

意外にもカーテンは高いことが多いためか、とりあえずこれでいいかな?と安易に考えてしまう人がいます。

しかし、カーテンが良くないと、室内の温度や湿度などの環境が不快になり、結果的にエアコン代の高騰や日々のストレスにつながるケースがあります。

そこで、カーテンでおすすめなのがこちら です。

 

2. マットレス
寝具は長く使える反面、買い替えのタイミングが難しくもあります。

まだ使えるだろうと思い込んでしまったり、そもそも買い替え時の廃棄が面倒であることも理由としてあります。

しかし、睡眠は毎日を快適に過ごす上でも重要な意味を持ち、マットレスや布団は快眠を最大化する可能性を秘めています。

新しい住居となるのをきっかけに新しい快適な睡眠と毎日を目指す寝具の買い替えは、ひとつの良い考え方です。

そんなマットレスでおすすめなのは低反発マットレスの「トゥルースリーパー」です。

これをおすすめする理由は、もちろん新しいマットレス単体として購入して、高い安眠レベルを手に入れられることもありますが、仮に今使っている寝具を廃棄せず、もう1枚上に重ねて使う+αのマットレスとして手に入れるだけでも睡眠を快適にすることができるからです。
明日を、もっと、ハッピーに!『ショップジャパン』

 

3. 調理器具
ここでは、使い慣れた調理器具の買い替えということではなく、新しい空間でより使い勝手の良い調理器具への進化を目的としています。

例えば・・・

1つで3役の圧力炊飯器
これの魅力は、欲しいと思っていてもそれぞれ高くて手に入れられなかったり、場所をとってしまうことでためらってしまう「炊飯器」、「圧力鍋」、そして「ホームベーカリー」が1つにまとまった電化製品であることです。

せっかくの新しいピカピカ綺麗にスタートできるキッチンと空間にやさしく、長く楽に使えるこれらの調理器を導入してみるのは、楽しみのひとつです。

 

素敵な引っ越しと新生活への参考に♪
タカハシ

 

PS
↓少しでも役立ったら、コメントやシェア・ブックマークなどお願いします♪