おうち時間・ステイホームの賃貸生活におすすめの料理レシピアプリ

おうち時間・ステイホームの賃貸生活におすすめの料理レシピアプリ何かとステイホームの必要性やおうち時間が長くなりやすいとき、食生活が自炊となることが多くなることは、健康面や経済面でもメリットがあります。

しかし、自炊回数が増加したり、家にある食材が限られていると、作る料理レシピに困るようになるのもよくあることです。

そこでおすすめなお料理レシピのアプリがあります。

クラシル (Kurashiru)(←スマホでタップするとアプリ紹介&インストール画面が開きます)
です。

他にも有名なレシピサイトやアプリもありますが、クラシルには以下の便利な特徴があります。

・ 作り方が短い動画で確認できる
文字の説明だと、それがどのくらいの量になるのか?、どんな見た目の切り方になるのか?、どんな焼き加減などが必要か?などを理解しづらいですが、動画があることで理解が簡単に深まるだけでなく、どのくらいの手間や料理工程が必要なレシピかも先に把握できます。自分に合っているレシピであるかを、短い動画で素早くチェックできることは大きなメリットです。

・ 具材名からレシピ検索ができる
自分が何を具体的に作りたいか分からなかったり、冷蔵庫にある食材を使った料理を知りたかったするとき、手元にある具材名を数点入れるだけで様々なレシピを表示してくれます。例えば「豚ひき肉 なす」といった検索です。もし風味の希望がある場合「豚ひき肉 なす 和風」といった検索でさらに絞り込む検索も可能です。


以上、おうち時間・ステイホームの賃貸生活におすすめのお料理レシピアプリでした。

クラシル (Kurashiru)(←スマホでタップするとアプリ紹介&インストール画面が開きます)


PS
少しでも参考になったら、シェアやブックマークなどお願いします♪

新しい住まい(新生活)におすすめアプリ「Shufoo!」

引っ越し先の新しい賃貸生活で役立つおすすめアプリ「Shufoo!(シュフー)」4月から新しい引っ越し先での賃貸生活がスタートしている人が多いのではないでしょうか?

住まい環境が変わると、今までとのちょっとした違いで生活が不便に感じたりします。

特に食料や日用品など日々の買い物については、土地勘が不慣れな間、賃貸のある場所から近くてお得なスーパーを知るには意外と時間がかかります。

そんなときに活用できるおすすめのスマホアプリを紹介します。

それは・・・

Shufoo!(シュフー)(スマホでタップするとアプリ紹介&インストール画面が開きます)

です。

このアプリでは、スーパーや薬局などのチラシが掲載されています。

自分の住所を入れることで、そこから近い場所のスーパーや薬局のチラシを表示することも可能です。

これにより、どんなスーパーや薬局が自分の家の近くにあるのを簡単に知ることができます。

普通に歩いた範囲では見つけられなかったお店も出てくるかもしれません。

また、チラシを確認できることで、どんなものが安い価格で売られているかを、部屋に居ながらにして(もちろん外出先でも)チェックできるのもポイントです。

Shufoo!(シュフー)(スマホでタップするとアプリ紹介&インストール画面が開きます)
↑ここからアプリをインストールしておき、いつでもワンタップで今日の特売がチェックできるのは、とても便利でおすすめです。

まずはアプリを使って、自分の住まいや行きやすい場所にどんなスーパーや薬局があるのかを確認してみてはいかがですか?


PS
少しでも参考になったら、シェアやブックマークなどお願いします♪

お部屋探しにおすすめの賃貸サイト・賃貸アプリ

お部屋探しにおすすめの賃貸サイト・アプリ賃貸マンションなど物件探しにおいて、使えるおすすめの賃貸サイトや賃貸アプリをまとめて紹介します。

お部屋探しの不動産サイトとして口コミ・評判が高く、私が実際に使った上での評価も高いおすすめの探し方です。

いかに日々の条件検索が簡単で、いい部屋に出会える可能性を高め、スムーズな問い合わせから仲介手数料など初期費用を安く抑えられるかのポイントを網羅した各賃貸サイト・アプリのおすすめです。

【おすすめの賃貸サイト】スマイティ
スマイティの特徴はいくつかありますが、代表的なものとして以下のメリットがあり、おすすめの賃貸サイトとして挙げられます。

まず、賃貸サイトによっては掲載されている物件の数が異なったり、表示のされ方が異なったりします。

そのため、同じ条件検索をしていても、本来一方の賃貸サイトであれば出会えたいい部屋が、使う賃貸サイトによっては出会えない可能性もあります。

スマイティは、「スーモ」「エイブル」「いい部屋ネット」「アパマンショップ」「CHINTAI」など大手の賃貸サイトに掲載の物件をカバーしているため、一回の検索による出会いを最大化できると言えます。

また、お祝い金がプレゼントされるキャンペーンがあります。

つまり、複数の賃貸サイトに掲載がある賃貸物件の紹介について気に入る場合、それがスマイティを経由しても問い合わせが可能であるならば、そちらの方が契約後にお得な結果がついてくる=初期費用を抑えることができます。

その他の使ってみた中で評価できる詳細を知りたい人は、こちらも参照ください。
賃貸マンションなど物件探しにおすすめの不動産賃貸サイト「スマイティ」


【おすすめの賃貸アプリ】
カナリー

カナリーは賃貸アプリとしておすすめです。

理由はいくつかありますが、大きな点は毎回の検索がスムーズ且つ効率的であることです。

検索時に指定できる対象駅数に制限がなく、その日にいい物件が無くても、次の機会にすぐに同条件で検索できることや、以前見つけた気になる物件との比較が簡単にできる機能など充実しています。

しかもカナリーはスマホアプリなので、いつでも好きなときに直ぐ使えるようになります。

いい物件と出会うにはタイミングも重要です。
その点を最大化しやすいのが、カナリーがおすすめな賃貸アプリである理由の1つです。

その他、仲介手数料が安いなどの詳細をチェックしたい人は、こちら
おすすめ賃貸物件検索アプリ「カナリー」


【おすすめの賃貸サイト・賃貸アプリ】
ietty

最後に、チャット型の賃貸サイトも使い勝手が良ければおすすめです。
こちらはアプリをインストールしての活用も可能です。

名前は、ietty (イエッティ) 。

ポイントとなるチャット型とは、実際には不動産屋さんに行っていないが、あたかも不動産屋さんのスタッフの目の前にいて、いつもお部屋探しができるということです。

賃貸検索から気になる物件があれば、多くの時間帯でリアルタイムでチャットでやり取りできる=つまり目の前で接客を受けるのと同じことができるようになります。

気になる物件がある場合、通常のメールや電話で問い合わせをして、折り返しの連絡が来るのを待って、内容を確認してから再度折り返すといった時間のロスを、iettyでは減らせるようにもなります。

いい物件は、早い者勝ちにもなりやすく、早々に内見をしておきたい中、事前の問い合わせにおけるやり取りや確認事項がスムーズに行えるに越したことはありません。

他にも、物件検索してもいい賃貸物件が出てこない場合、どんな部屋を探しているかをチャットで相談することもできます。これもまた、あたかも不動産屋にいるような活動を家にいて実現できます。

もっと知りたい人は、こちらも参考ください。
インターネット不動産ietty(イエッティ) 来店しない賃貸サイト・アプリのチャットで部屋探し


以上です。
上記に紹介の賃貸サイト・賃貸アプリは、どれも一般的な口コミ・評判も高いので、気になるようであれば、一通り試してみるのもいいかもしれません。

効果的な部屋探しをすることで、少しでも多くのいい物件に出会い、新しい素敵な生活がスタートできることを願っています。


PS
↓少しでも参考になったら、シェアやブックマークなどお願いします♪

学生のマンション探しにおすすめの賃貸サイトと物件検索機能

学生のマンションの選び方 おすすめの賃貸サイト・アプリと物件検索機能春の入学や卒業時期に向けて、年明け前後から賃貸物件探しが活発化して引越しのピークシーズンに入っていきます。

今回は、学生や新社会人のマンション探しにおすすめの賃貸サイトと物件検索機能を紹介します。この機能は、上京など新しい地域で新生活が始まる学生などのマンションの賢い選び方といえるかもしれません。

はじめに、新しい街の賃貸物件を探す場合の悩みとなるのが「土地勘」です。

慣れないエリアでは、どんな路線や駅があって、どこまでの範囲なら自分が今後足を運ぶ学校や職場に近いのかが判断しにくいことです。

結果、賃貸サイトの機能でよくある「路線・駅から探す」方法が効果的に活用しにくくなります。

そんな時に便利なのが、はっきりしている「学校や勤務先の最寄り駅から何分以内の範囲にある物件を探す」という検索機能です。

これなら、実は自分の最寄り駅から近い駅なのに、知らない駅名や路線であるゆえ見逃していた!ということも回避できます。

また、意外なエリアであることから賃料が安かったり、自分にとって魅力的な場所の発見となる可能性もあります。

では、「学校や職場の最寄り駅から何分以内の範囲にある物件を検索」という機能は、どのように使えるのか?

今まで「賃貸マンションなど物件探しにおすすめの不動産賃貸サイト」で、おすすめの賃貸サイトとして紹介の「スマイティ」と、「おすすめ賃貸物件検索アプリ」で紹介した「カナリー」の場合で紹介します。

スマイティの場合
1. スマイティにアクセスします。
2. 下記の画面で青〇した箇所「通勤・通学から探す」をクリックします。
学生のマンション探しにおすすめの賃貸サイト「スマイティ」と物件検索機能
3. 「通勤・通学先の最寄り駅」「乗車時間」「乗り換え回数」の希望を入れて「この条件で探す」をクリックすると、条件に合った物件が表示されます。

カナリーの場合
1. カナリー(タップするとアプリ紹介&インストール画面が開きます)をインストールして起動させます。
2. 下記の画面で赤〇した箇所「通勤時間から」をタップします。
学生のマンション探しにおすすめの賃貸検索アプリ「カナリー」と物件検索機能
3. 「***駅まで」「所要時間」「乗り換え回数」の希望を入れて「条件選択へ」をタップします。
4. 次の画面で賃料や間取り、築年数や駅徒歩などさらに詳細を指定することもできます。最後に、「検索」をタップすると、条件に合った物件が表示されます。

 

賃貸サイトはたくさんありますが、学生のマンション探しなど、探す先の地域などに詳しくない場合は特に、上記のサイトやアプリにある「学校や職場の最寄り駅から何分以内の範囲にある物件を検索」機能はおすすめです。

よい物件に出会えますように♪

 

PS
従来の賃貸サイトや不動産検索アプリとは異なる、新しい「チャット型不動産=ietty(イエッティ) 」の場合、担当者にチャットの中で「学校や職場の最寄り駅から何分以内の範囲にある物件を探して!」とリクエストを出すのもいいかと思います。

おすすめ賃貸物件検索アプリ「カナリー」

賃貸物件探しを、気軽にiPhoneやAndroidなどのスマートフォンアプリで行いたい人も多いかと思います。

通勤途中や昼休み、寝起きや就寝前など、好きな時間に手軽に使えるスマホアプリであれば、時間を有効に活用できます。

また、よい賃貸との出会いはタイミングでもあるので、できるときに直ぐアクセスできるスマホアプリは、とても便利です。

さらに、アプリでは自分の検索結果や検索条件の履歴、お気に入りなどを管理できるだけでなく、よい物件を発見後の問い合わせへの連動もスムーズに行えるメリットがあります。

とはいえ、どのアプリも上記のように使いやすく、内容も充実しているかといえば、そうでもありません。

そこで今回は、おすすめの賃貸物件検索アプリ「カナリー(←スマホでタップするとアプリ紹介&インストール画面が開きます。スマホアプリとして使えない人はこちらから)」を紹介します。

マンションなど賃貸物件検索におすすめアプリ「カナリー」
賃貸物件検索アプリ「カナリー」には、以下の特徴があります。
これらは、実際に使ってみた感想でもあります。

・検索条件する機能が優れており、使いやすい
一般的な路線と駅名を条件に入れて検索する部分においても、賃貸サイトでよくあるのが、一回の検索に選択できる駅数が少なすぎることで、一気に結果を得ることができず、何度も検索をしなければならないことです。

しかし、カナリーでは1回の検索時に何駅でも設定できます。

また、駅名による絞り込み検索以外にも、最終的に降りる駅までの「所要時間が何分以内の物件」というような検索が可能です。

検索機能が充実していることでも、よい物件に出会える可能性を高めてくれます。

・賃貸物件の検索条件設定を保存できる
検索毎に条件を設定していては時間がもったいないですが、この機能により1タップで同条件下における最新の結果が毎回検索できます。

・お気に入り登録と比較
検索結果に出てくるマンションなどは、すべてが好みの物件にはならないでしょう。

逆に検索結果を一通りチェックしている過程で、気に入る物件がいくつか出てくることもあるでしょう。

気になる物件があって、後で細かくチェックしたい場合は、「お気に入り」に1タップで入れることが可能です。

これにより、まずは一通り結果を見てから、気になった物件を細かく確認したり、他と比較したりにも活用できます。

・問い合わせがスムーズにできる
気になる物件が見つかってからも、他に探している人との競争は始まったばかりです。

できるだけ早くスムーズに、その物件が本当に自分に合っているかなどの確認を進めることは重要です。

その上で、スムーズな問い合わせができることはポイントです。

気になる物件ページから数タップで、LINEとの連動で問い合わせができたり、従来の問い合わせフォームの形で問い合わせも可能です。

・内見が現地待ち合わせ/解散でできる&契約をオンラインで完結も可能
人が集まる店舗に行くことなく、内見が予約実施できるのは特に今の時代に助かる特徴です。

また、契約をオンラインで完結することも可能となっています。

・不動産エージェントから希望条件に合う新着物件の紹介が得られる
マイページに希望条件を設定することで、それに合う新着物件がある場合には提案を受けられるようになります。

前にも書きましたが、よい物件との出会いはタイミングでもあります。

自分から探しに行くだけでなく、新着に合わせて紹介を受けられることで、よい出会いの可能性を高められます。

・仲介手数料
これはカナリー(←スマホでタップするとアプリ紹介&インストール画面が開きます。スマホアプリとして使えない人はこちらから)がアプリの特徴として解説していますが、「仲介手数料を大幅削減でお得」「最低価格を保証」と書いています。

一般的な仲介手数料は、契約先の賃貸物件の賃料1ヵ月分となることが多い中、少しでも賃貸への引っ越しにかかる初期費用を抑えることにつなげられる可能性があります。

・デメリットは?
カナリーを実際に使っていて、デメリットもあります。
それは、探せる賃貸物件が一都三県に限られることです。

東京・神奈川・埼玉・千葉にあるマンションなどの賃貸物件でなければ、検索結果には出てきません。

今後、さらに機能がアップしていく中で、対象地域が拡大される可能性はありますが、現時点では一都三県になっています。


いかがですか?

もし「おすすめの賃貸検索アプリ」をお探しであれば、一度
カナリー(←スマホでタップするとアプリ紹介&インストール画面が開きます。スマホアプリとして使えない人はこちらから
を試してみてください。


PS
↓少しでも参考になったら、シェアやブックマークなどお願いします♪