【除湿シートでカビ防止】フローリングに布団やマットレスを敷く順番とは?


フローリングと敷ふとんの間に除湿シートでカビ防止賃貸に住む上での睡眠に、布団で寝るという方も多いかと思います。

ベッドと異なり、布団の場合は使わないときに収納することもでき、特に住まいスペースが限られた場合に有効です。

しかし、布団ならではのデメリットもあります。

それは、夏場に特に気づくのがカビです。

賃貸がフローリングの場合、敷布団やマットレスを直接敷くとカビの発生頻度が上昇します。

実際、私個人の経験で朝に布団を上げると、敷布団の表面に黒い点があり、それはカビでした。

私の場合、布団を敷きっぱなしにしていた時間が長かったことも影響していた可能性があります。

調べたところ、体や室内の湿気が床と布団の間に溜まることが原因のようでした。
カビ防止対策としては、フローリングと敷布団の間に湿気が溜まらない様にします。

そこで、「除湿シート」を活用することにしました。

最初は半信半疑でしたが、実際に使ってみると除湿シートはグングン湿気を吸収してくれます。

「除湿シート」は様々なものが売られています。

私の選んだものは、シートがどのくらい湿気を吸い取っているか確認できるタイプでした。どれだけ湿気を吸収できていて、いつメンテナンスが必要かもはっきりします。

メンテナンス方法は、基本的に直射日光に干します。
それにより、湿気がリセットされ、何度も使うことができます。
(私の選んでシートは必要に応じて洗うことも可能でした)

以上の経験から「除湿シート」は、1枚で布団を湿気とカビから守ってくれる心強いアイテムであると実感しました。

フローリング生活で布団を使って寝ている方で、カビ予防のお役に立てれば幸いです。

PS
参考に、私が買ったのは、この除湿シートです。(同じお店で商品自体は私が購入したときよりリニューアルされているようです:リンク先でサイズ別)