新社会人や新大学生の一人暮らしの賃貸部屋探しはいつから?


引越しの入居日や家賃などの初期費用を考慮して、いつまでに一人暮らしの賃貸物件の部屋探しを開始するべきか?4月から入学の大学生や新社会人となる人にとって、一人暮らしの住まいとなる賃貸の部屋探しをいつのタイミングから行うのがベストか?について紹介です。

毎年、3月は必然的に新生活を迎える人が多いことから、最も引っ越しをする人が多い時期です。

考え方によっては、3月は転勤や卒業などで出ていく人も多い時期ではあります。

そのような人が住んでいる部屋が3月以降に入居可能となる場合、退去申請を退去日とする1か月前までに行うことが必要な賃貸が多いことから、掲載物件の件数発生が最も多いのは、1月から2月くらいと言えます。

次に、新社会人と新大学生とでも、一人暮らしの部屋探しができるようになる時期は異なります。

大学入試の結果が出るのが、2月から3月になることがあるのに対し、新社会人となる人にとっての就職先は、それよりも前の段階で確定していることがあります。

つまり、同じ4月から新生活を迎える人々の中でも、新社会人となる人の方が、新大学生となる人よりも早めに賃貸探しの準備ができる傾向はあります。

とはいえ、4月からの入居先に対して、早すぎる賃貸契約の内容が、実際に引っ越しをしたい日よりかなり早くから賃料の発生をさせてしまう場合、それは余計な初期費用(家賃)を生むため、おすすめできないのも現実です。

では、いつから一人暮らしの部屋探しを準備するのがいいのか?

ポイントはまず、空き物件予定となる件数発生が多い時期に、素早くいい物件と出会うことです。

そして、内見を済ませて気に入る場合、費用などの契約条件の話をできるだけ引っ越し希望日に近い日から家賃が発生するように交渉することです。

そのためには、賃貸の部屋探しを開始する段階から、引っ越し日と入居日の理想も計画しておくことがポイントです。

入社先や入学先での予定との兼ね合いもあることから、新生活先の予定から逆算して、いつを入居日にすることがいいかを決め、その入居日に近い日を家賃発生日にできるように物件について不動産屋と交渉してみます。

そして、そのような話し合いができる機会を、よい賃貸物件に対してできるだけ多く持てるよう、早めに部屋探しを開始するのがポイントです。

もちろん、特に賃料と物件の質やエリアのよさが伴う賃貸によっては、人気があるゆえ交渉できる範囲や可能性が少ないかもしれません。

そのため、どうしても一人暮らし先として気に入る場合は、どこまで初期費用の発生を考慮できるかという許容範囲もイメージしておくといいでしょう。

新社会人や新大学生の一人暮らしの賃貸部屋探しはいつからがベストな時期か?

それは、引っ越し先への入居までのスケジュールと初期費用への許容範囲を理解した上で、4月からの新社会人や新大学生としての新生活先が確定後、できれば2月くらいから賃貸探しが開始できると交渉のチャンスも多くなります。

PS
おすすめの賃貸探しアプリを探しているなら、これがおすすめです。
カナリー(←スマホからアクセスするとアプリ紹介&インストール画面が開きます)


賃貸サイトならこちら


PPS
理想とする入居日にできるだけ近い日に、しかも安く引っ越しできるようにするためにも、賃貸契約が固まると同時に、早期の引越し業者探しも忘れないようにしましょう。

そして、引っ越し料金の比較は、このようなサイトを使いながら、効率よく引っ越し日と料金の交渉をするとスムーズです。