おすすめ賃貸物件検索アプリ「カナリー」


賃貸物件探しを、気軽にiPhoneやAndroidなどのスマートフォンアプリで行いたい人も多いかと思います。

通勤途中や昼休み、寝起きや就寝前など、好きな時間に手軽に使えるスマホアプリであれば、時間を有効に活用できます。

また、よい賃貸との出会いはタイミングでもあるので、できるときに直ぐアクセスできるスマホアプリは、とても便利です。

さらに、アプリでは自分の検索結果や検索条件の履歴、お気に入りなどを管理できるだけでなく、よい物件を発見後の問い合わせへの連動もスムーズに行えるメリットがあります。

とはいえ、どのアプリも上記のように使いやすく、内容も充実しているかといえば、そうでもありません。

そこで今回は、おすすめの賃貸物件検索アプリ「カナリー」を紹介します。

マンションなど賃貸物件検索におすすめアプリ「カナリー」
賃貸物件検索アプリ「カナリー」には、以下の特徴があります。
これらは、実際に使ってみた感想でもあります。

・検索条件する機能が優れており、使いやすい
一般的な路線と駅名を条件に入れて検索する部分においても、賃貸サイトでよくあるのが、一回の検索に選択できる駅数が少なすぎることで、一気に結果を得ることができず、何度も検索をしなければならないことです。

しかし、カナリーでは1回の検索時に何駅でも設定できます。

また、駅名による絞り込み検索以外にも、最終的に降りる駅までの「所要時間が何分以内の物件」というような検索が可能です。

検索機能が充実していることでも、よい物件に出会える可能性を高めてくれます。

・賃貸物件の検索条件設定を保存できる
検索毎に条件を設定していては時間がもったいないですが、この機能により1タップで同条件下における最新の結果が毎回検索できます。

・お気に入り登録と比較
検索結果に出てくるマンションなどは、すべてが好みの物件にはならないでしょう。

逆に検索結果を一通りチェックしている過程で、気に入る物件がいくつか出てくることもあるでしょう。

気になる物件があって、後で細かくチェックしたい場合は、「お気に入り」に1タップで入れることが可能です。

これにより、まずは一通り結果を見てから、気になった物件を細かく確認したり、他と比較したりにも活用できます。

・問い合わせがスムーズにできる
気になる物件が見つかってからも、他に探している人との競争は始まったばかりです。

できるだけ早くスムーズに、その物件が本当に自分に合っているかなどの確認を進めることは重要です。

その上で、スムーズな問い合わせができることはポイントです。

気になる物件ページから数タップで、LINEとの連動で問い合わせができたり、従来の問い合わせフォームの形で問い合わせも可能です。

・内見が現地待ち合わせ/解散でできる&契約をオンラインで完結も可能
人が集まる店舗に行くことなく、内見が予約実施できるのは特に今の時代に助かる特徴です。

また、契約をオンラインで完結することも可能となっています。

・不動産エージェントから希望条件に合う新着物件の紹介が得られる
マイページに希望条件を設定することで、それに合う新着物件がある場合には提案を受けられるようになります。

前にも書きましたが、よい物件との出会いはタイミングでもあります。

自分から探しに行くだけでなく、新着に合わせて紹介を受けられることで、よい出会いの可能性を高められます。

・仲介手数料
これはカナリーがアプリの特徴として解説していますが、「仲介手数料を大幅削減でお得」「最低価格を保証」と書いています。

一般的な仲介手数料は、契約先の賃貸物件の賃料1ヵ月分となることが多い中、少しでも賃貸への引っ越しにかかる初期費用を抑えることにつなげられる可能性があります。

・デメリットは?
カナリーを実際に使っていて、デメリットもあります。
それは、探せる賃貸物件が一都三県に限られることです。

東京・神奈川・埼玉・千葉にあるマンションなどの賃貸物件でなければ、検索結果には出てきません。

今後、さらに機能がアップしていく中で、対象地域が拡大される可能性はありますが、現時点では一都三県になっています。


いかがですか?

もし「おすすめの賃貸検索アプリ」をお探しであれば、一度
カナリー(タップするとアプリ紹介&インストール画面が開きます)
を試してみてください。


PS
↓少しでも参考になったら、シェアやブックマークなどお願いします♪