不動産マンション投資 もうひとつの賃貸OR購入への考え方


マンション不動産投資以前に「住宅マンション、賃貸か購入か比較してみた」の記事を書いたことがありますが、賃貸がいいのか?持ち家がいいのか?のテーマはいつの時代もよく耳にします。

しかし、今回は前回と少々異なる視点で、賃貸OR購入について考えてみたことを書きます。
それは、マンション投資という3つめの考え方です。

よく富を得てきた人の考え方でこのようなことを私は耳にします。

「収入からの貯蓄と出費が先ではなく、収入と投資をベースアップしてから出費をする=貯蓄となる」

 

投資の最たると言えば、株や不動産です。
どちらも簡単に言えば、自身が手に入れたとき以上の価値に高めて売ることで利益を得るということです。

例えば、ローン35年で毎月12万円の返済が必要なマンションを買って、毎月12万円以上で別の人へ貸したり、3,000万で買ったマンションを時期を見て4,000万で売るといったことです。

これらは、いわゆる副収入でもあります。

 

この記事を書いている今では、億ションが完売するニュースがあるなど、不動産の人気上昇が聞こえてきます。

また日本人以外の不動産投資者のニュースも流れ、マンション投資の考えは広がりつつあります。

つまり、物件の賃貸か?購入か?で悩むときに、いずれかで悩むのではなく、「不動産投資のためのマンション購入をする」という考え方もあるということです。

 

しかし不動産マンション投資には、当然ながらメリットとデメリットがあります。

メリットを浮かべることは簡単です。

先ほどの例のように、毎月のローンの支払い金額以上の「儲け」を自身が賃貸人となって得られたり、売却で数百万円から数千万円の利益を上げるチャンスがあることです。

しかしデメリットは、そんな簡単な話しでもないことです。

マンション購入後、賃貸で貸し出すにも販売で売るにしても、相手が見つからなければ、その期間発生するローンをそのまま払い続けることになります。

自分が購入した不動産物件によっては、まったく借り手や買い手が見つからない場合もあります。

どんな種類の物件を購入して不動産投資とするのが良いのか?などのある程度の見極める力も必要です。

 

マンション投資は、自分が最初にある程度大きな資金を投資しなければ始まりません。
しかし、高額な投資資金となるゆえ、失敗の大きさもリスクとしてはあります。

その他にも普段気がつかないリスクや費用も想定されます。
専門的なことも出てきます。

とはいっても、成功を導ければそれなりに大きな支えになることも考えられます。

雑誌などでも見かけるとおり、やり方次第で10年後20年後の資産で数千万円の違いを生む可能性もあります。

賃貸に住みながら不動産投資を考えることも1つです。
不動産投資としてマンションを購入して、最終的に住むというケースもあります。

 

不動産マンション投資を検討するには、まずは自身で少し勉強してみたりアドバイスを受けるのがスタートポイントです。

そこで具体的に「何を思えるか?」から無理なくスタートしてみます。

資料請求
から始めるのことも出来れば、セミナー
などに参加するのもありますが、何事も新しい試みをスタートするときは悩みや不安は付き物であり、「相談」というのが最初のスタートしてはおすすめかもしれません。

 

そもそもライフプランと現実的な今をしっかり見据えた計画などをするには、自身独学や判断だけでは頼りない部分も出てきます。

不動産マンション投資において相談をベースにするメリットは、無料で相談できる場所があることです。

一度、この無料相談
でイメージと現実を知ることから始めるのもおすすめです。

タカハシ



PS
↓少しでも共感いただけたら、コメントやシェア・ブックマークなどお願いします♪