賃貸に最適な窓目隠しフィルム=窓ガラスフィルム(曇りガラスシート)を賢く使おう!


窓目隠しにガラスフィルム窓の目隠しフィルム、窓ガラスフィルムが賃貸で時にカーテンやブラインドよりも使える訳

賃貸で部屋の窓が透明で目隠しをしたい時、

・カーテンレールがない
・その窓に合った最適なサイズのカーテンやブラインドがない(もしくは特注になってしまう)
・レールやブラインドを後付けすると壁などに傷が付く

といった悩みを抱えたことはありませんか?

私は、賃貸物件の引越しの度に、この悩みを持っていました。

特に、通常の部屋の窓であれば、備え付けのレールを使ってカーテンを取り付けますが、壁の小窓などでガラスの透けているのが気になる場合、安易にカーテンやブラインドなどでの目隠しを行ってしまうと、壁などを傷つけることになり、将来その賃貸部屋を引越しで退去する時に発生する「原状回復義務」の負担が大きくなってしまうリスクがあります。

そして、このリスクを考慮して問題なくプライバシーを守るにはどうするのがベストな方法なのか?について悩みました。

そんなとき、友人の紹介で知った「革命的!」な物こそが、「窓ガラスフィルム」でした。

曇りガラスシート窓ガラスフィルムは別名「曇りガラスシート」とも呼ばれ、シートを窓に直接貼って窓を曇らせ、窓の目隠しとして使えるフィルムのことです。

そして、このガラスフィルムの凄いところは、貼るときも剥がすときも丁寧に作業を行えば、壁や窓を傷つけずに目隠しとして使えるのです。

また窓ガラスフィルムは、通常の窓にもカーテンやブラインドより優れて使える部分はあります。

特に、カーテンと窓を開けて風を取り入れたいとき、カーテンを開けることで風通しが良くなる半面、部屋が外から丸見えになってしまう場合、窓自体に目隠しのフィルムを貼っておくことで、カーテンを開けても窓の開閉調節である程度プライバシー確保が可能となります。

しかも窓ガラスフィルムは、太陽の光を通すので、目隠しを単にするだけでなく、日中の部屋の明るさも保ってくれます。

さらに、窓ガラスフィルムは基本的に、

・飛散防止
・UV(紫外線)カット
・防犯

という役割も備えていることからもあらゆる窓に重宝すると言えます。

中には

・遮熱・断熱

といった効果をもった物もあります。

その他、ガラスシート自体に様々なデザインがあることから、窓の目隠しフィルムであると同時にインテリアとしてお洒落なお部屋の空間をも演出してくれます。

それでありながら、窓の目隠し以外にガラス飛散防止やUVカット、防犯対策などとしても効果を発揮することからもコストパフォーマンスと活用性の良さがあります。

そして何より、賃貸にとって大きな負担となりかねない「原状回復義務」という難関を回避しやすい優れものであるということです。

これからの窓の目隠しに、窓ガラスフィルム(曇りガラスシート)を賢く使ってみてはいかがですか?

 

PS
私は、サンゲツのガラスシートを使っています。不器用な私でも使えましたので参考までに。

 

PPS
賃貸の引っ越し前でも引っ越し後でも使える、インターネット環境の賢い選び方
賃貸マンション引越しとインターネット設備 無料タイプ~プロバイダ契約タイプまで

 

PPPS
↓少しでも参考になったら、下記のブックマークやSNSで広めてください♪