おすすめ賃貸物件検索アプリ「カナリー」

賃貸物件探しを、気軽にiPhoneやAndroidなどのスマートフォンアプリで行いたい人も多いかと思います。

通勤途中や昼休み、寝起きや就寝前など、好きな時間に手軽に使えるスマホアプリであれば、時間を有効に活用できます。

また、よい賃貸との出会いはタイミングでもあるので、できるときに直ぐアクセスできるスマホアプリは、とても便利です。

さらに、アプリでは自分の検索結果や検索条件の履歴、お気に入りなどを管理できるだけでなく、よい物件を発見後の問い合わせへの連動もスムーズに行えるメリットがあります。

とはいえ、どのアプリも上記のように使いやすく、内容も充実しているかといえば、そうでもありません。

そこで今回は、おすすめの賃貸物件検索アプリ「カナリー(←スマホでタップするとアプリ紹介&インストール画面が開きます。スマホアプリとして使えない人はこちらから)」を紹介します。

マンションなど賃貸物件検索におすすめアプリ「カナリー」
賃貸物件検索アプリ「カナリー」には、以下の特徴があります。
これらは、実際に使ってみた感想でもあります。

・検索条件する機能が優れており、使いやすい
一般的な路線と駅名を条件に入れて検索する部分においても、賃貸サイトでよくあるのが、一回の検索に選択できる駅数が少なすぎることで、一気に結果を得ることができず、何度も検索をしなければならないことです。

しかし、カナリーでは1回の検索時に何駅でも設定できます。

また、駅名による絞り込み検索以外にも、最終的に降りる駅までの「所要時間が何分以内の物件」というような検索が可能です。

検索機能が充実していることでも、よい物件に出会える可能性を高めてくれます。

・賃貸物件の検索条件設定を保存できる
検索毎に条件を設定していては時間がもったいないですが、この機能により1タップで同条件下における最新の結果が毎回検索できます。

・お気に入り登録と比較
検索結果に出てくるマンションなどは、すべてが好みの物件にはならないでしょう。

逆に検索結果を一通りチェックしている過程で、気に入る物件がいくつか出てくることもあるでしょう。

気になる物件があって、後で細かくチェックしたい場合は、「お気に入り」に1タップで入れることが可能です。

これにより、まずは一通り結果を見てから、気になった物件を細かく確認したり、他と比較したりにも活用できます。

・問い合わせがスムーズにできる
気になる物件が見つかってからも、他に探している人との競争は始まったばかりです。

できるだけ早くスムーズに、その物件が本当に自分に合っているかなどの確認を進めることは重要です。

その上で、スムーズな問い合わせができることはポイントです。

気になる物件ページから数タップで、LINEとの連動で問い合わせができたり、従来の問い合わせフォームの形で問い合わせも可能です。

・内見が現地待ち合わせ/解散でできる&契約をオンラインで完結も可能
人が集まる店舗に行くことなく、内見が予約実施できるのは特に今の時代に助かる特徴です。

また、契約をオンラインで完結することも可能となっています。

・不動産エージェントから希望条件に合う新着物件の紹介が得られる
マイページに希望条件を設定することで、それに合う新着物件がある場合には提案を受けられるようになります。

前にも書きましたが、よい物件との出会いはタイミングでもあります。

自分から探しに行くだけでなく、新着に合わせて紹介を受けられることで、よい出会いの可能性を高められます。

・仲介手数料
これはカナリー(←スマホでタップするとアプリ紹介&インストール画面が開きます。スマホアプリとして使えない人はこちらから)がアプリの特徴として解説していますが、「仲介手数料を大幅削減でお得」「最低価格を保証」と書いています。

一般的な仲介手数料は、契約先の賃貸物件の賃料1ヵ月分となることが多い中、少しでも賃貸への引っ越しにかかる初期費用を抑えることにつなげられる可能性があります。

・デメリットは?
カナリーを実際に使っていて、デメリットもあります。
それは、探せる賃貸物件が一都三県に限られることです。

東京・神奈川・埼玉・千葉にあるマンションなどの賃貸物件でなければ、検索結果には出てきません。

今後、さらに機能がアップしていく中で、対象地域が拡大される可能性はありますが、現時点では一都三県になっています。


いかがですか?

もし「おすすめの賃貸検索アプリ」をお探しであれば、一度
カナリー(←スマホでタップするとアプリ紹介&インストール画面が開きます。スマホアプリとして使えない人はこちらから
を試してみてください。


PS
↓少しでも参考になったら、シェアやブックマークなどお願いします♪

窓の開け方 正しい方向で虫予防

正しい窓の開け方と蚊対策空気の入れ替えや掃除での換気、涼しい風を入れたい場合など、窓は右から左にも、左から右にも開くことができます。

でも、網戸が通常カバーできるのは片側だけです。
そして、ある日ふと思いました。

どちら側に網戸を設置して、どちら側へ窓を開くのが正しいのか分からない。

でも正しい方向はあると思います。(個人的な窓と網戸の位置構成&開閉パターン研究からの見解です)

そして、間違った窓で開閉していることは、蚊などの虫の侵入率が劇的に上がってしまうのではないかと考えます。

今まで何も深く考えず開閉しては、なぜか虫の室内侵入が多いとストレスを抱えていました。

でも、自分なりに気づいた正しい窓の開ける方向を意識してからは、状況は好転したと感じています。

では、どちらの方向へ開閉するのが良いのか?

簡単に答えを書くと、「室内に近い方の窓を開閉に使う」ということです。
(網戸は開閉に使う室内に近い方の窓側にあることが前提です)

理由を解説します。

次の図解のように、「室内に近い方の窓を開閉に使う」とは逆にした場合、窓を開いている間に虫がその窓に付着し、閉じるタイミングに重なると、網戸の内側に虫が入ることになります。(②から③)

その虫が③の時点で網戸に移動して、そのタイミングで窓を開くと網戸から室内に侵入できるルートが毎回作られてしまうのです。
窓の正しい開け方がわからない人へ
反面、「室内に近い方の窓を開閉に使う」場合、次の図解のように開閉される窓自体は、網戸ともう1枚の窓の内側にあることから、開閉時中共に虫が直接付く可能性を回避できます。
窓を正しい方向に開けて、蚊などの虫除けと換気をする方法下手な図解で申し訳ない気持ちですが、何となく他の方の参考にもなると思いましたので、今回はこの紹介を書いてみました。

これから虫も多くなる季節ですね。

皆様、お気をつけてお過ごしください。


PS
少しでも役立つ内容でしたら、シェアいただけると嬉しいです。

賃貸住まいで近所迷惑に悩むときの解決方法

賃貸物件での近所迷惑と解決方法賃貸マンションや物件の周辺では、音や臭いの他、ゴミやペットのふん、車や虫などによる様々な近所迷惑があるものです。

どの問題であるにせよ、我慢のできないストレスとなる場合、そのままでは日々の生活が苦しくなるだけです。

ここでは、「近所迷惑」に遭遇した際の解決方法をいくつか紹介します。

1. 直接的に問題に立ち向かうのは避ける
問題となっている事や物の原因に対して、直接迫ることは、誤解やさらなる混乱もしくは揉め事に発展する可能性もあります。

まずは、インターネット検索で似たような問題に対してどんな似た境遇の人がいたり、それぞれがどんな解決策を行ってみているのかをチェックしてみましょう。

この客観的な把握により、問題となっている近所迷惑がどんなものなのかを理解して、自分だけの問題ではないことやストレスを貯めすぎないようにします。

2. 管理会社へ相談する
どんな近所迷惑であるかを主観的且つ客観的に理解した上で、まずは管理会社へ相談しましょう。

どのような問題であるにせよ、賃貸として住んでいるところに弊害が生じていることとして、間接的に管理会社に解決してもらうのがおすすめです。(管理会社=大家さんであれば、大家さんへの相談)

3. 引っ越すことも検討する
上記の解決策を講じても問題が解決されない場合、今後の根本的な解決は難しいかもしれません。

明らかに一時的な問題でない限り、それは自分ではどうしようもない環境、人、もしくは管理体制の問題であるからです。

そのような状態の中で、我慢の暮らしを続けるのは得策ではないでしょう。

多少の時間と費用はかかりますが、現状の問題がない環境を意識した新しい賃貸探しをすることは、今後の時間と生活を充実させることにつながります。

この考え方ができるのは、賃貸に住んでいるメリットとも言えます。

まずは、おすすめのアプリ=カナリー(←スマホでタップするとアプリ紹介&インストール画面が開きます。スマホアプリとして使えない人はこちらから)で、簡単にどんな物件が存在するかを見てみるといいかもしれません。

そして、少しでも基本的な条件に合うマンションや部屋が見つかった場合は、その賃貸物件には現在の問題が無いかどうかを「お問い合わせ」から相談してみましょう。

その他、これまで本サイトで紹介してきた賃貸物件の探し方に欠かせない73の秘密のコツと引越し方法の項目についても参考に相談を続け、自分に適した住まいであるかを確認していくといいかと思います。

以上、個人的な見解ではありましたが、少しでも参考になれば幸いです。
充実の日々を願っています。

PS
本記事が役立ったら、シェアやブックマークなどお願いします。




おうち時間・ステイホームの賃貸生活におすすめの料理レシピアプリ

おうち時間・ステイホームの賃貸生活におすすめの料理レシピアプリ何かとステイホームの必要性やおうち時間が長くなりやすいとき、食生活が自炊となることが多くなることは、健康面や経済面でもメリットがあります。

しかし、自炊回数が増加したり、家にある食材が限られていると、作る料理レシピに困るようになるのもよくあることです。

そこでおすすめなお料理レシピのアプリがあります。

クラシル (Kurashiru)(←スマホでタップするとアプリ紹介&インストール画面が開きます)
です。

他にも有名なレシピサイトやアプリもありますが、クラシルには以下の便利な特徴があります。

・ 作り方が短い動画で確認できる
文字の説明だと、それがどのくらいの量になるのか?、どんな見た目の切り方になるのか?、どんな焼き加減などが必要か?などを理解しづらいですが、動画があることで理解が簡単に深まるだけでなく、どのくらいの手間や料理工程が必要なレシピかも先に把握できます。自分に合っているレシピであるかを、短い動画で素早くチェックできることは大きなメリットです。

・ 具材名からレシピ検索ができる
自分が何を具体的に作りたいか分からなかったり、冷蔵庫にある食材を使った料理を知りたかったするとき、手元にある具材名を数点入れるだけで様々なレシピを表示してくれます。例えば「豚ひき肉 なす」といった検索です。もし風味の希望がある場合「豚ひき肉 なす 和風」といった検索でさらに絞り込む検索も可能です。


以上、おうち時間・ステイホームの賃貸生活におすすめのお料理レシピアプリでした。

クラシル (Kurashiru)(←スマホでタップするとアプリ紹介&インストール画面が開きます)


PS
少しでも参考になったら、シェアやブックマークなどお願いします♪

新しい住まい(新生活)におすすめアプリ「Shufoo!」

引っ越し先の新しい賃貸生活で役立つおすすめアプリ「Shufoo!(シュフー)」4月から新しい引っ越し先での賃貸生活がスタートしている人が多いのではないでしょうか?

住まい環境が変わると、今までとのちょっとした違いで生活が不便に感じたりします。

特に食料や日用品など日々の買い物については、土地勘が不慣れな間、賃貸のある場所から近くてお得なスーパーを知るには意外と時間がかかります。

そんなときに活用できるおすすめのスマホアプリを紹介します。

それは・・・

Shufoo!(シュフー)(スマホでタップするとアプリ紹介&インストール画面が開きます)

です。

このアプリでは、スーパーや薬局などのチラシが掲載されています。

自分の住所を入れることで、そこから近い場所のスーパーや薬局のチラシを表示することも可能です。

これにより、どんなスーパーや薬局が自分の家の近くにあるのを簡単に知ることができます。

普通に歩いた範囲では見つけられなかったお店も出てくるかもしれません。

また、チラシを確認できることで、どんなものが安い価格で売られているかを、部屋に居ながらにして(もちろん外出先でも)チェックできるのもポイントです。

Shufoo!(シュフー)(スマホでタップするとアプリ紹介&インストール画面が開きます)
↑ここからアプリをインストールしておき、いつでもワンタップで今日の特売がチェックできるのは、とても便利でおすすめです。

まずはアプリを使って、自分の住まいや行きやすい場所にどんなスーパーや薬局があるのかを確認してみてはいかがですか?


PS
少しでも参考になったら、シェアやブックマークなどお願いします♪

引っ越し業者の良し悪しを知る1つの方法

いい引越し業者を知る1つの方法おすすめの引っ越し業者をサイトなどで知り得たとして、本当にその業者が優れているとは限りません。

もちろん、そんなことを言っていては切りがないですが、少なくともあなたが実際に業者に対して感じる印象がどうであるかは重要です。

その業者に、あなたの大事な家具や新しい住まいへの移動を任せられるかどうか?

そう思える業者であるかを契約前に感じられる簡単な方法があります。

それは、街に出て他の人の引っ越し作業をしている現場スタッフを見つけては観察してみることです。

3月は、住宅街において引っ越し業者を見つけることは難しくありません。

それくらい、多くの人が引越しをする時期でもあります。

引っ越し業者を探すとき、料金の話などで会う業者の人は、多くの場合で営業の人であり、引っ越し当日に現場で担当するスタッフではありません。

つまり、あなたの荷物を扱う人にどんな人が多いのか?を参考にできるのは、実際に外の現場で作業している人を見てみることです。

家具などを運んでいるときの扱い方や作業中の言動など、少しでも見て感じる印象はあるはずです。

今まさに引っ越しのタイミングを迎え、業者の選定に悩んでいるならば、実際の現場のスタッフを観察してみることで、そのときに受ける印象も交えての選択をするのも1つです。

とはいえ、いい印象の業者にだけ最終的なお願いの声をかけてしまっては、提示される料金があなたの引っ越しに対する費用として適切な料金であるかを判断ができません。

いい業者である事前の印象は持ちつつも、複数の業者に見積もり依頼をして費用の比較をすることも大事です。

いい印象の業者からの見積もり金額が他より高い場合、他からの提示金額を具体的な参考として料金交渉することもできるようになります。

もちろん、サービス内容の確認と比較にも有効です。

しかし、複数の引っ越し業者から同じ条件に対する料金提示を受けて比較するために、1回1回各業者に見積もり依頼をしていては、手間がかかります。

そこで活用できるのが、一括見積もり比較 です。

引越し料金の一括見積もり比較についての詳細な解説はこちらも参照ください。
引越し料金の見積もりを比較するために知っておくべきコト

いい引っ越しが実現できますように。



PS
↓少しでも共感いただけたら、コメントやシェア・ブックマークなどお願いします♪