引越しのピークシーズンに向けて効率よく物件探しを行うためのコツ


引っ越し繁忙期の賃貸物件の探し方とコツ

引越しの需要が最も高まるピークは、一般的に3月と言われています。(引っ越し難民がでてくる時期でもあります)

つまり、その前に相当する期間には、当然ながら多くの人が引っ越し先の賃貸物件を探しています。

つまり、その分競争も激しくなり、よい物件は直ぐに契約が結ばれます。

可能ならば、そのような時期に賃貸物件を探すのは避け、より長い時間を費やしては計画的に物件探しができるのが望ましいですが、急な引越しの必要性が生じたり、定期的な契約の理由などで繁忙期に賃貸物件を探さなければならない人も多いでしょう。

今回は、そんなピークシーズンのときでも、より効率よく賃貸物件探しをできるようにするための3つのコツを紹介します。

1. 賃貸物件サイトで検索時の毎回の手間を省くために、条件保存する

ネットで自分の希望条件を選択して賃貸物件を賃貸サイト(スーモスマイティいえらぶ、など)で検索する際、毎回条件を選択していては面倒です。

また、複数の賃貸サイトを利用するのであれば、なおさら時間がかかります。

このような非効率を解消してくれるのが「条件保存」の機能です。

多くの賃貸物件を紹介しているサイトでこの機能があり、これを活用することで毎回各サイトへアクセスしては条件を選択する時間の無駄や手間によるストレス、やる気の減少も軽減します。

詳細は、こちらを参照ください。
賃貸マンション情報の検索条件を保存して、ラクラク物件探しをする方法

2. 希望にあった賃貸物件が登場次第、勝手に通知してもらう

賃貸物件の探し方は、必ずしも不動産サイトで自分から条件検索したり、街の不動産屋を訪問するだけではありません。

わざわざ自分で毎回探しにいかなくても、勝手に条件や希望に合った物件がある度にメールで通知してくれるサービスが存在します。

それが
誰よりも早く希望する賃貸物件情報をゲットする方法
です。

この機能も、多くの賃貸物件サイトに備わっており、利用することでよい物件に素早く出会える可能性を高められます。

3. サイトで探すと同時にチャットをして一気に理解を深める

不動産サイトによっては、単に条件の検索結果に基づく情報提供を受けるだけでなく、オンライン上のチャットで相談しながら探すことが可能となります。

通常は、良さそうな物件がある場合、まずはその物件を管轄している不動産会社へ電話やメールで問合わせをして、場合によっては一度訪問を経てから詳細を確認できるようになります。

しかし、チャットの同時機能を活用することで、その場でより詳しい物件情報を得ることが会話として成立するため、話が早く進められる可能性があります。

このような機能を備えたサービスを提供している代表的なサイトについては
インターネット不動産ietty(イエッティ) 来店しないサイト・アプリのチャットで部屋探し
で紹介していますので、ご参考ください。

引越しのピークとなる時期の前に物件探しをしなければならない人にとって、少しでも効率化のきっかけになれば幸いです。

PS
↓少しでも参考になったら、コメントやシェア・ブックマークなどお願いします♪


賃貸サイトの比較 何が違うの?


賃貸サイトの比較賃貸物件に住んでいる場合、様々な理由で引越しを検討することはあるかと思います。
その度に、まずは賃貸サイトで物件を条件検索してみることでしょう。

しかし、中には検索を試みる前に、どの賃貸サイトを使うかで悩むことも多いようです。

賃貸サイトは、現在のインターネット社会において非常に多く存在します。

今回は、賃貸サイトの「掲載数」「機能」「デザイン」の各部分における比較をしてみます。

掲載数
最近ではそれほど大きな差は生まれにくくなっています。
多くの物件が、複数の賃貸サイトに掲載されています。

しかし、賃貸サイトによっては、特定の不動産のみを掲載している場合もあり、そのようなサイトでは掲載数の面では少ない場合もあります。
しかし、逆に言えば「そこにしか掲載がない」物件をそのようなサイトは扱っていることになります。

機能
これも賃貸物件の検索をするときの進め方の違いや、検索条件として選択できる項目の違いなどが細かいところで差はあるでしょうが、大差は無くなってきました。

最近では「インターネット不動産ietty(イエッティ) 来店しないサイト・アプリのチャットで部屋探し」で以前紹介したように、サイトで検索をする段階でより協力的なコミュニケーション機能を違いとしてアピールしているサイトもあります。

デザイン
以前に「誰よりも早く希望する賃貸物件情報をゲットする方法」で紹介したような機能1つをとっても、サイトデザインによってその使い勝手が異なります。

人によって使いやすいサイトと感じるところは異なるでしょう。

おすすめの賃貸サイトは?
ここまで紹介してきたとおり、大差ではなく細かい違いが点在すること=人によって使い易いと感じるサイトはより異なりやすいでしょう。

そのため、あくまでも個人的な経験からの感想としては、
沿線・駅を条件にするなら、おすすめの賃貸物件検索サイト
で紹介したこともあるように、SUUMO(スーモ)としています。

タカハシ

PS
少しでも参考になりましたら、是非一番下のブックマークやSNSでシェアで下さい☆


沿線・駅を条件にするなら、おすすめの賃貸物件検索サイト


おすすめの賃貸検索サイト

おすすめの賃貸物件検索サイトを知りたい人に質問です。

あなたは、検索条件に「沿線・駅」を含めますか?

もし答えが「はい」ならば、1回の検索でより多くの「沿線・駅」を一括検索できる賃貸サイトこそがおすすめです。

なぜなら、もし1回の検索で限られた数の「沿線・駅」でしか賃貸検索できないとしたら、何度も条件の入れ直しで作業を行わなければならないからです。

当たり前かもしれませんが、意外にもこの機能の比較を忘れて賃貸検索サイトを選び、時間を無駄にしてしまっている人や検索の段階でストレスを抱えている人、結果的によいマンションなどに出会うチャンスを失ってしまっている人がいます。

「沿線・駅」が物件条件とされることは、不動産サイトや特集で住みたい町や人気駅ランキングなどが発表されていることからも多い傾向でです。

それにも関わらず、賃貸物件検索サイトを「沿線・駅」の機能性で意識的に比較してみると、賃貸サイトごとにかなりの差があることが分かります。

今回は、この機能の使いやすさの比較からおすすめする、賃貸検索サイトを紹介します。

————————————————–
SUUMO(スーモ)の場合】
1回の検索につき、いくつの沿線数でも駅数でも可能

【エイブルの場合】
1回の検索につき、50沿線/何駅でも

【CHINTAI(チンタイ)の場合】
1回の検索につき、50沿線/50駅

【HOME’S(ホームズ)の場合】
1回の検索につき、5沿線/何駅でも

【at home(アットホーム)の場合】
1回の検索につき、5沿線/何駅でも

【アパマンショップの場合】
1回の検索につき、1沿線/何駅でも

スマイティの場合】
1回の検索につき、5沿線/50駅

【ホームメイトの場合】
1回の検索につき、10沿線/10駅

【ピタットハウスの場合】
1回の検索につき、5沿線/30駅

【いい部屋ネットの場合】
1回の検索につき、5沿線/10駅
————————————————–

以上のように、比較すると多くの賃貸検索サイトで1回の検索における選択できる駅もしくは沿線の数に制限があるのがわかります。

しかし、SUUMO(スーモ)に関してはここの制限が一切ありません。

自分がまだどの沿線のどの駅周辺に住みたいか不明であったり、いくつか異なる沿線や駅における結果の比較をしたい場合、対象にしたい沿線数や駅数が多ければ多いほど、SUUMOは1番おすすめな賃貸物件検索サイトといえます。

SUUMOでの検索結果だけを頼りにしたく無い場合や他の検索サイトでもマンション検索などしたい場合は、エイブルも検討できます。

沿線数は1回につき50沿線までと制限がありますが、他の賃貸サイトと比較してもこれは相当多い数です。

加えて、沿線選択後の駅数には制限が無い事を考えれば、使いやすい賃貸検索サイトといえます。

賃貸マンションやアパートなどの空き家物件は日々発生しており、定期的に各賃貸サイトで更新されています。

賃貸物件を探している間は、定期的に検索をした方がいいこともあります。

また、検索時の物件条件として「沿線・駅」は常に同じで選択しながらも、「駅からの徒歩時間」や「築年数」などの他の条件を細かく変えながら検索結果の比較する人も多いでしょう。

このようなときにも、「沿線・駅」の機能が優れた賃貸サイトは、少ない検索回数で多くの情報が得られますので、おすすめの賃貸物件検索サイトとなります。

よい住まいに出会えますように。

PS
少しでも参考になりましたら、是非一番下のブックマークやSNSでシェアで下さい☆


賃貸物件を探す内見時に注意すべきこと


賃貸物件の内見時チェックリストとコツよほどのことが無い限り、賃貸物件を内見せずに契約することはありませんよね?

内見は、マンションなどの部屋がどのような作りや状態であるかなどをチェックする重要なことですが、同じタイミングで実は外見のチェックも重要になります。

賃貸の引越しというと内見した結果で決めてしまいがちですが、引っ越し先となる住居の外側は、内側の状態確認と同じくらい大事ということです。

これはまさに、満足ある賃貸物件の探し方のコツです。

 

住まいの外見(外側)としてイメージしやすいのは、駅からの距離と時間、隣の家との距離感、立地環境などです。

実際、「物件の探し方に欠かせない73の秘密のコツ」の中でも、物件の周りをチェックリストとした内容が多くあります。

例えば「40. 最寄で買い物できる場所と価格・種類をチェックする」なども対象とする賃貸物件の周辺に関する確認事項です。

 

詳しくは、それら73のコツを確認することで分かりますが、最近聞いた追加事項としてはこんな例がありました。

それは、築浅で間取りや広さ、駅からの距離などの条件がよく、建物の作りもしっかりしていて興味があり、内見した結果も悪くない物件でした。しかも、すぐ近くにコンビニまでありました。

しかし、コンビニの店前には灰皿が置いてあり、結果としてタバコを吸うことで立ち寄る人が多く集まる環境でした。

もう想像がつくかと思いますが、残念ながら特に毎朝と夜の時間帯でタバコの煙が蔓延する環境であり、興味のある物件の部屋にする場合、窓を開けて換気などできない状態でした。

 

このような問題については、内見ではなく外見の確認を事前に行うことで理解できる可能性があります。
そして、契約後に失敗したということが無いようにすることができます。

内見には、不動産会社や管理人とのスケジュール調整後に予約をする必要がありますが、物件の外側の確認は、自分が必要と感じる時間帯でチェックができます。

時間帯や曜日によっても環境は変化する場合もありますので、数回、異なる日時で確認をしておくのはおすすめです。

 

気をつけましょう。

 

PS
この記事が少しでも役に立ったなら、是非下記のブックマークやSNSボタンでシェアお願いします。


引っ越し後の費用を考える賃貸物件の選び方


引っ越し後の費用を考える賃貸物件の探し方賃貸物件を探すときの条件は何ですか?
どんなことを気にして選んでいますか?

・ 家賃
・ 毎月の賃料/共益費以外の初期費用(敷金/礼金/保証金/仲介手数料など)
・ 沿線/エリア
・ 駅からの徒歩
・ 広さ(専有面積)
・ 間取り
・ 築年数

が一般的でしょうか?

もちろん、これらは重要なポイントです。

今日紹介するのは、これら以外のところで悩みたい場合の参考の1つです。

もし、どうしても選びきれない物件候補が2つ以上ある場合、このことも比較条件にしてみてはいかがですか?

 

比較条件とは、「階層」と「建物&部屋の構造」です。

まず階層について。

一般的に、階層は上層階へ行けば行くほど、景色の良さや防犯・騒音対策などで人気があります。
その分、家賃も高くなります。
逆に1階の人気はあまり高くありません。

しかし、低層階には引っ越し後の金額面でメリットがあります。

次に建物&部屋の構造について。

マンションの場合、建物構造上でエレベーターが有る場合と無い場合があります。
階段のみの場合、設備が不足していると言う理由で賃料が安い場合があります。

しかし、その反面の引っ越し後の料金面でデメリットの可能性もあります。

さらに玄関ドアから部屋に入った後、曲がり角が多かったり、部屋と部屋をつなぐドアが小さい場合があります。
これらに該当する物件の場合も、引っ越し後の費用面でデメリットがあります。

 

具体的に何?

では、これらのメリット・デメリットとはどんなときを示すのでしょうか?

それは、引っ越し後に実際に住んでいる中で、大型家具や電化製品を買い換えるときです。
新しいものは購入後に運び入れ、不要になる物は処分で外へ出します。

このとき、買う物の配達は基本的に1階の玄関前までというケースが多くあります。

上の階へ運んでくれる場合でも、配送料が追加有料となる場合が多く、上へ行けば行くほど金額が高くなる傾向があります。

さらにエレベーターが無い場合は、より追加の料金もかかります。

また、玄関を入った後、歪な構造で大型家具などを本来設置したい場所へ運べない場合は、運び入れたい部屋の窓から高い費用でクレーンで入れなければならなかったり、最悪の場合、諦めなければならなくなります。

処分で外へ出す際も同じです。

もし1階であるならば、送料が安くなるばかりか、手間がかからずに済みます。

もし2階以上でも、階層が低ければ低いほど安くなる可能性があり、さらにエレベーターがあれば、
階段のみの賃貸物件より利便性があります。

 

実際に住んで、このような状況に対面すると、結構へこたれます。

特に日常生活に欠かせないものが急に壊れる場合、買い替えは避けられません。
そのときに実感する料金差と面倒さは結構なものなのです。

ベッド
テレビ
冷蔵庫
洗濯機
ソファ
キャビネット

例えばベッド買うならば、実際にベッドを置きたい部屋まで運ぶのは、上の階になればなるほど重くて大変です。
配送料も高額になります。

逆に廃棄処分する場合、壊れたベッドを一番下の階まで階段で下ろすのは大変です。
壁を傷つけるかもしれません。
分解を余儀なくされるかもしれません。
エレベーターでも入らないかもしれません。
クレーンを使わないといけないかもしれません。
人手を呼ばなければならないかもしれません。

全て、面倒で高額になる可能性があります。

 

低層階には一般的なデメリットもありますが、大型家具や電化製品の買い替え時の配送と処分に関して考えれば、費用と手間が少なく済み、このような引っ越し後の生活上の費用的メリットの可能性があるので、どうしても悩むときには、参考にしてみてはいかがですか?

 


 

PS
↓少しでも共感いただけたら、コメントやシェア・ブックマークなどお願いします♪