賃貸物件を探す内見時に注意すべきこと


賃貸物件の内見時チェックリストとコツよほどのことが無い限り、賃貸物件を内見せずに契約することはありませんよね?

内見は、マンションなどの部屋がどのような作りや状態であるかなどをチェックする重要なことですが、同じタイミングで実は外見のチェックも重要になります。

賃貸の引越しというと内見した結果で決めてしまいがちですが、引っ越し先となる住居の外側は、内側の状態確認と同じくらい大事ということです。

これはまさに、満足ある賃貸物件の探し方のコツです。

 

住まいの外見(外側)としてイメージしやすいのは、駅からの距離と時間、隣の家との距離感、立地環境などです。

実際、「物件の探し方に欠かせない73の秘密のコツ」の中でも、物件の周りをチェックリストとした内容が多くあります。

例えば「40. 最寄で買い物できる場所と価格・種類をチェックする」なども対象とする賃貸物件の周辺に関する確認事項です。

 

詳しくは、それら73のコツを確認することで分かりますが、最近聞いた追加事項としてはこんな例がありました。

それは、築浅で間取りや広さ、駅からの距離などの条件がよく、建物の作りもしっかりしていて興味があり、内見した結果も悪くない物件でした。しかも、すぐ近くにコンビニまでありました。

しかし、コンビニの店前には灰皿が置いてあり、結果としてタバコを吸うことで立ち寄る人が多く集まる環境でした。

もう想像がつくかと思いますが、残念ながら特に毎朝と夜の時間帯でタバコの煙が蔓延する環境であり、興味のある物件の部屋にする場合、窓を開けて換気などできない状態でした。

 

このような問題については、内見ではなく外見の確認を事前に行うことで理解できる可能性があります。
そして、契約後に失敗したということが無いようにすることができます。

内見には、不動産会社や管理人とのスケジュール調整後に予約をする必要がありますが、物件の外側の確認は、自分が必要と感じる時間帯でチェックができます。

時間帯や曜日によっても環境は変化する場合もありますので、数回、異なる日時で確認をしておくのはおすすめです。

 

気をつけましょう。

 

PS
この記事が少しでも役に立ったなら、是非下記のブックマークやSNSボタンでシェアお願いします。


引っ越し後の費用を考える賃貸物件の選び方


引っ越し後の費用を考える賃貸物件の探し方賃貸物件を探すときの条件は何ですか?
どんなことを気にして選んでいますか?

・ 家賃
・ 毎月の賃料/共益費以外の初期費用(敷金/礼金/保証金/仲介手数料など)
・ 沿線/エリア
・ 駅からの徒歩
・ 広さ(専有面積)
・ 間取り
・ 築年数

が一般的でしょうか?

もちろん、これらは重要なポイントです。

今日紹介するのは、これら以外のところで悩みたい場合の参考の1つです。

もし、どうしても選びきれない物件候補が2つ以上ある場合、このことも比較条件にしてみてはいかがですか?

 

比較条件とは、「階層」と「建物&部屋の構造」です。

まず階層について。

一般的に、階層は上層階へ行けば行くほど、景色の良さや防犯・騒音対策などで人気があります。
その分、家賃も高くなります。
逆に1階の人気はあまり高くありません。

しかし、低層階には引っ越し後の金額面でメリットがあります。

次に建物&部屋の構造について。

マンションの場合、建物構造上でエレベーターが有る場合と無い場合があります。
階段のみの場合、設備が不足していると言う理由で賃料が安い場合があります。

しかし、その反面の引っ越し後の料金面でデメリットの可能性もあります。

さらに玄関ドアから部屋に入った後、曲がり角が多かったり、部屋と部屋をつなぐドアが小さい場合があります。
これらに該当する物件の場合も、引っ越し後の費用面でデメリットがあります。

 

具体的に何?

では、これらのメリット・デメリットとはどんなときを示すのでしょうか?

それは、引っ越し後に実際に住んでいる中で、大型家具や電化製品を買い換えるときです。
新しいものは購入後に運び入れ、不要になる物は処分で外へ出します。

このとき、買う物の配達は基本的に1階の玄関前までというケースが多くあります。

上の階へ運んでくれる場合でも、配送料が追加有料となる場合が多く、上へ行けば行くほど金額が高くなる傾向があります。

さらにエレベーターが無い場合は、より追加の料金もかかります。

また、玄関を入った後、歪な構造で大型家具などを本来設置したい場所へ運べない場合は、運び入れたい部屋の窓から高い費用でクレーンで入れなければならなかったり、最悪の場合、諦めなければならなくなります。

処分で外へ出す際も同じです。

もし1階であるならば、送料が安くなるばかりか、手間がかからずに済みます。

もし2階以上でも、階層が低ければ低いほど安くなる可能性があり、さらにエレベーターがあれば、
階段のみの賃貸物件より利便性があります。

 

実際に住んで、このような状況に対面すると、結構へこたれます。

特に日常生活に欠かせないものが急に壊れる場合、買い替えは避けられません。
そのときに実感する料金差と面倒さは結構なものなのです。

ベッド
テレビ
冷蔵庫
洗濯機
ソファ
キャビネット

例えばベッド買うならば、実際にベッドを置きたい部屋まで運ぶのは、上の階になればなるほど重くて大変です。
配送料も高額になります。

逆に廃棄処分する場合、壊れたベッドを一番下の階まで階段で下ろすのは大変です。
壁を傷つけるかもしれません。
分解を余儀なくされるかもしれません。
エレベーターでも入らないかもしれません。
クレーンを使わないといけないかもしれません。
人手を呼ばなければならないかもしれません。

全て、面倒で高額になる可能性があります。

 

低層階には一般的なデメリットもありますが、大型家具や電化製品の買い替え時の配送と処分に関して考えれば、費用と手間が少なく済み、このような引っ越し後の生活上の費用的メリットの可能性があるので、どうしても悩むときには、参考にしてみてはいかがですか?

 


 

PS
↓少しでも共感いただけたら、コメントやシェア・ブックマークなどお願いします♪


インターネット不動産ietty(イエッティ) 来店しないサイト・アプリのチャットで部屋探し


インターネット不動産ietty(イエッティ) オンラインチャット型サイト・アプリで部屋探しネット不動産アプリ・サイトのチャットで賃貸物件を探す方法

賃貸物件を探そうとパソコンやスマホに向ったとき、条件検索に合う良い物件があれば、直ぐに詳しい質問をしては答えが欲しくありませんか?

また、最終的に内見をするまでの相談事や予約などの会話も全て、わざわざ不動産店頭へ行かなくてもネット上で検索する流れで直ぐに会話式にできたら良いと思いませんか?

 

通常、インターネットの不動産サイトで気になる物件情報がある場合、問い合わせフォームを入力して、まずはメールや電話で返答が来るのを待ちます。

そして届いた返答内容をさらに質問する場合、再度返信としてメールを書いては、返答を待つようになります。

こうしている間に、時間の無駄が生じるだけでなく、興味のある物件が他の人によって契約済になってしまう可能性もあります。

また、電話でのやり取りは費用やタイミング的に難しいと感じる人もいれば、そもそも電話での話は苦手な人もいるでしょう。

 

賃貸のお部屋探しは競争です。
良い物件は早いもの勝ちです。
タイミングと巡り合わせです。

今回紹介する ietty(イエッティ) というサービスは、従来店頭に行ってからできていた詳しい話が、時間がない人でもインターネット上でオンラインチャットを使ってスムーズにできる新しいタイプの不動産屋さんです。(サイト版もアプリ版もあります)

リアルタイムで相談に乗ってもらいながら物件を探せることで、効率的に良い物件と出会う可能性を高め、興味がある際には素早く内見までの話ができるようになります。

 

もし、

・ 不動産屋に来店する時間がない。
・ メールも1つ1つのやり取りがスムーズでなく面倒。
・ 電話で直接話すのは苦手。
・ でも、スムーズにネット上で会話をして契約までの流れをつかみたい

このような人には、 ietty(イエッティ) はおすすめのサービスかもしれません。

最終的な契約時の仲介手数料も一般的(通常家賃の1ヶ月分)であり、即時対応時間も10時〜23時と使いやすい印象です。
私以外の一般的な口コミ・評判も良いようです。

さらには、インターネット上で一般公開されていない物件の紹介を受けられることもあります。

 

以下は、私が実際にサイト利用をしてみたときの流れです。

参考にしてみてください。

【ietty(イエッティ)利用開始イメージ:登録手順とログイン後の利用まで 】

1. まずは ietty(イエッティ) へアクセスします。

2. 登録はFacebookやYahoo!やLineなどの既存の各IDアカウントを使うか、別途メールアドレスを使ってアカウントを作成するかになります。今回、メールアドレスを使っての登録から紹介します。

3. ↓画像の紫で囲った欄を入力して「メールアドレスではじめる(無料)」をクリックします。
ネット不動産サイト・アプリ「イエッティ(ietty)」で賃貸物件を探す方法 登録から利用までの流れと手順

4. 基本プロフィールの入力と同意をします。
ネット不動産サイト・アプリ「イエッティ(ietty)」で賃貸物件を探す方法1

5. 引越し時期を選択します。
ネット不動産サイト・アプリ「イエッティ(ietty)」で賃貸物件を探す方法2

6. 引っ越し理由を選択します。
ネット不動産サイト・アプリ「イエッティ(ietty)」で賃貸物件を探す方法3

7. 現在の住まいへの不満について選択します。
ネット不動産サイト・アプリ「イエッティ(ietty)」で賃貸物件を探す方法4

8. 転居先に住む人数を選択します。
ネット不動産サイト・アプリ「イエッティ(ietty)」で賃貸物件を探す方法5

9. 新居として希望するエリアを選択します。
ネット不動産サイト・アプリ「イエッティ(ietty)」で賃貸物件を探す方法6

10. 引越し先の希望する沿線と最寄り駅を選択します。
ネット不動産サイト・アプリ「イエッティ(ietty)」で賃貸物件を探す方法7-1ネット不動産サイト・アプリ「イエッティ(ietty)」で賃貸物件を探す方法8-1
ネット不動産サイト・アプリ「イエッティ(ietty)」で賃貸物件を探す方法7-2ネット不動産サイト・アプリ「イエッティ(ietty)」で賃貸物件を探す方法8-2

11. 最寄の勤務先・通学先の沿線&駅を選択します。
ネット不動産サイト・アプリ「イエッティ(ietty)」で賃貸物件を探す方法9-1ネット不動産サイト・アプリ「イエッティ(ietty)」で賃貸物件を探す方法9-2

12. 引越し先お部屋の希望賃料(家賃)と間取りを選択します。
ネット不動産サイト・アプリ「イエッティ(ietty)」で賃貸物件を探す方法10

13. 新しい賃貸への駅からの距離(駅徒歩)希望を選択します。
ネット不動産サイト・アプリ「イエッティ(ietty)」で賃貸物件を探す方法11

14. 物件の築年数に対する希望を選択します。
ネット不動産サイト・アプリ「イエッティ(ietty)」で賃貸物件を探す方法12

15. 住みたい建物の種類を選択します。(マンション/アパート/戸建など)
ネット不動産サイト・アプリ「イエッティ(ietty)」で賃貸物件を探す方法13

16. お部屋の広さ(専有面積)希望を選択します。
ネット不動産サイト・アプリ「イエッティ(ietty)」で賃貸物件を探す方法14

17. その他のこだわり条件などを選択します。
ネット不動産サイト・アプリ「イエッティ(ietty)」で賃貸物件を探す方法15

18. ここまでの選択希望以外に不動産やさんに伝えたい検索条件や希望などを自由に書けます。
ネット不動産サイト・アプリ「イエッティ(ietty)」で賃貸物件を探す方法16

19. 登録完了です!以下のような画面がでてきます。
ネット不動産サイト・アプリ「イエッティ(ietty)」で賃貸物件を探す方法17

上記の完了画面以降、いつでもログインをしてこの画面に入れるようになります。

希望検索条件に合う賃貸物件の情報が、上記画像の青枠部分(画面中央)に今後どんどんおすすめリストアップ(画像付き)掲載され始めます。

不動産屋さんとのチャットも上記画像の緑枠部分で開始できます。
時間帯も長くやっている(10:00~23:00)ため、便利で家にいながらにして不動産屋での話ができる印象です。
返答も早い場合は数秒後にきて、やり取りし易いです。

画面左(上記画像の赤枠)の条件編集も画面右上の「設定」から簡単にできます。

「設定」では、その他にも「新着情報などのメール通知設定」や「退会」も可能です。

 

以上、「イエッティ(ietty)」の参考紹介でした。

時間が限られる中でスムーズな賃貸物件探しでチャンスを逃したくない人や、直接の話は最小限にオンラインチャットを基本に部屋探しをしたい人には、特におすすめなインターネット不動産サイト・アプリではないでしょうか。

登録も無料なため、とりあえず試してみるのも良いスタートかもしれません。

 

PS
↓少しでも参考になったら、コメントやシェア・ブックマークなどお願いします♪


マンションや家の防犯対策 警備会社とホームセキュリティ比較


警備会社とホームセキュリティによる防犯対策マンション、アパート、一戸建てなど家の防犯対策はどのように考えていますか?

様々な防犯対策が求められる今、鍵の強化以外にも個人による警備会社への防犯依頼や自分で室内に防犯センサーによるホームセキュリティを設置する方法もあります。

自分の身は自分で守ると言いますが、様々な犯罪に対する防犯対策をするとなると、鍵だけでは不安な人も多い世の中になりつつあります。

ここで出てくるようなカギによる防犯対策以外の強化として検討できる方法は2つあります。

1つは、CMなどで聞いたことがあるセコムやALSOKなどの警備会社へ月額料金を払ってお願いする方法。

もうひとつは、自分で専用の防犯センサーを購入して設置管理する方法です。

今回は、それぞれの特徴について紹介します。

自分で防犯グッズを買ってホームセキュリティをする
この後紹介する警備会社を利用する場合は、月額基本料金がかかります。
その月額料金は契約期間が長くなればなるほど費用が嵩みます。

これに対して、自分で家に防犯センサーを購入して設置管理する方法は、最初に費用はかかりますが、それ以降の維持費は比較的リーズナブルに防犯対策ができるようになります。(部屋内のネット環境は必要です)

例えば、防犯センサーを買って窓やドア付近に設置します。
その機材はスマホのアプリと連動され、異常が感知されるとスマホへのお知らせ及び大音量の警戒アラームが発動します。

マンションやアパートを引っ越す場合でも、それらの防犯対策グッズは再設置で使えるのもメリットです。

警備会社へ依頼をする
警備会社への依頼と聞くと、オフィスや会社法人などが契約するイメージが強い人も多いかもしれません。

しかし、個人の家への防犯対策として警備会社に依頼をすることも可能です。

多くの場合、月額費用を支払うことでセキュリティ会社が運営管理してくれます。

例えば、防犯センサーやカメラによる異常時の対応、緊急時の通報対応、火災への対応など様々なサービスがあります。

長期休暇で家を空ける場合などは、自分で管理するよりも安心感があるでしょう。

とはいえ、毎月の費用やサービス内容などは契約先によって様々です。

恐らく、どのような警備会社が存在して、どんな料金とサービス内容があるのかを知っている人は少ないでしょう。

そのような場合の最初のステップとしておすすめなのが、複数の警備会社から資料情報が手に入れられる「大手警備会社の資料をまとめてお取り寄せ」といった無料サービスを使う方法です。

この方法を利用することで、複数の警備会社の問い合わせ先を自分で調べては、毎回資料請求フォームなどを入力する手間が省けます。

また、同じタイミングで比較できることで、迅速且つ効率良く情報を知ることができます。

先に紹介した自分で設置管理するホームセキュリティが面倒であったり、それらとの比較を実際にしたい場合にもおすすめです。

PS
↓少しでも役立ったら、コメントやシェア・ブックマークなどお願いします♪


賃貸物件の検索条件と住みたいエリアランキング


賃貸物件の検索条件と住みたいエリアランキング新しい賃貸物件と住まいのエリアを探そうと思うとき、何を参考に考えますか?

多くの場合、賃貸検索サイトで賃料を含めた条件検索をするか、不動産屋さんへ行って条件に合う物件の有無を確認することでしょう。

しかしどちらの場合も、やはり「エリアの希望」は出さなければ検索結果が多すぎて絞り込めません。

 

エリアの条件を決める理由も人それぞれでしょう。

友人や家族が近いエリア、とにかく賃料相場の安いエリア、学校や勤務先に程よく近いエリア、なんとなく印象の良いエリアなど。

しかし、それでも参考になるものがなく、エリアの絞込みでお悩みのあなたへ、今回はSUUMO(スーモ)さんが発表の「住みたい街ランキング2015年」というのがあることを紹介します♪

 

2015年ももう終わりに近づいてきていますが、ご覧になったことはありますか?

実は以前にこのブログで「住みたい街ランキングと住んでよかった街」を書いたことがありましたが、今回は「住みたい街ランキング」の2015年度版になります。

エリアも、関東だけでなく、関西と名古屋もあります。

ちょっとでも多くの方の参考になりますよに。

 

ここで上位にランキングされている街は、人気ゆえに当然ながら賃料相場は高めです。

しかし、必ずしも全ての物件に当てはまるわけではありません。

例えば、駅からの距離や築年数などによっては、他のエリアの新築や駅近などの物件よりも安い場合があります。

エリア自体への魅力が発見できて、それを軸に賃貸で住む街と物件を決めたい人には、ワクワクなランキングになるかもしれません。

そして、どうしても1度はその街に住んでみたいと思えるならば、徒歩時間や築年数、間取り(面積)など部分的に妥協することで願いがかなえられる可能性もあります。

 

最後に、ランキングや人気のエリアに頼らない、でもエリアの絞込みに悩んでしまうときのエリアのもう一つの考え方を紹介します。

それは、学校や勤務先など日頃よく移動する先までの交通の所要時間が40分程度の駅であることです。

賃貸とはいっても、引っ越しを繰り返してはその分費用も時間も手間もかかってきます。

できれば、住み心地が良いからという理由で長く住みたいですよね?

 

そのことを考えたとき、日頃の移動時間は長期的にはストレスと関係します。

40分程度というのは、私の勝手な経験上の数値ですが、不満を持たずに移動を毎日続けられる目安かと思います。

ここで時間が大幅に毎日のように発生してしまう場合、移動自体に不満が出なくても、日頃の別でのストレスや疲れなどが原因で移動自体にも耐えられなくなり、やがて住まいへの不満と引っ越しの原因にもなりかねます。

 

その他、移動自体の時間を40分程度にしたのは、駅から自宅までの徒歩を10分程度まで見積もり、計50分程度を家の前から移動先の玄関までの合計時間と算出するためです。

もし、40分程度の移動時間内のエリアで賃貸物件を探すとなると家賃相場が高い場合、駅からの徒歩の時間を延ばすことで、経済的に現実化の可能性を高められます。

しかし、10分以上の徒歩では、乗り物での移動を40分程度以上にするのと同様、長期的にはそれ自体への不満に結びつく可能性があります。

さらに徒歩と交通の合計時間でも、1時間もかかってしまっては、やはり毎日のことになると長期的には不満へ変わる可能性が高くなります。

以上の観点から、徒歩込みで計50分程度で移動できるエリアの範囲で物件を探すのも、一つの考え方です。

 

よい条件の物件とエリアが見つかりますように☆
タカハシ

 


 

PS
少しでも参考になったら、コメントやシェア・ブックマークなどお願いします♪