引越しの手続きチェックリスト 全手順と準備項目20


引越しの手続きチェックリスト 全手順と準備20項目新しい賃貸物件や分譲マンション、一軒家などへの契約・手続きが完了すると待ち受けているのは「引っ越し」です。

引越しと一言で言っても、新しい住まいへ移動するだけではありません。
やることは広く多くあります。

そして、多くの事を普段の日常生活と平行して行っていると、忘れ事が出てきてしまうものです。

ここでは、「引っ越し」に関連して必要となる手続き20項目を、手順と準備リストと共に紹介します。

 

引越しの手続きチェックリスト 全手順と準備20項目

1. 物件の契約が完了する (賃貸契約の流れ及び現在住んでいる物件に対して、最初に知っておくべき最低限必要な手続きの流れもチェックしておく→賃貸マンション検索・契約から引越しまでの流れ

2. 取り急ぎ、友人や家族などへ必要に応じて新住所をお知らせする

3. 具体的な引越し方法を考え、決める (参考:5つの引越し方法を比較してみた

4. 不用品処分について理解する (参考:引越しの不用品処分方法 無料回収~買取まで

5. 引っ越し先物件に合ったインターネット回線の環境を準備する (参考:賃貸マンション引越しとインターネット設備 無料タイプ~プロバイダ契約タイプまで

6. 現在の賃貸で契約使用中のネット回線などを解約する (必要がある場合)

7. 今住んでいる部屋の水道・ガス・電気の終了通知を引越し日と共に各会社へ伝え、必要な手続きをする (誤請求を避けるためにも、何月何日までの料金を支払う必要があるのかなども確認しておく)

8. 新しい住宅の水道・ガス・電気への手続き有無を不動産会社などへ確認・対応する

9. 職場や学校へ引っ越しをする報告と新しい住所を伝え、必要な各手続きを確認・お願いする (年金や保険証など)

10. 新しい区間の定期券発行とこれまでの定期券への対応をする ・・・基本的には、定期券を発行する各鉄道窓口へ行き、新しい区間の定期を発行すると同時に古い区間分で払い戻しをしてくれる分があれば返金を受け取れる

11. 郵便局や宅急便会社へ転送依頼をする ・・・郵便の場合、「転居・転送サービス」なるものがあり、旧住所の記載が確認できる免許証など持参して郵便窓口で手続きをすれば1年間は古い住所宛になったものを新住所へ転送してくれます。宅急便の場合、ヤマト運輸は宅急便に限り、一定期間の転送をお願いできるようです。手続き方法など詳しくは、最新情報を「ヤマト運輸 転送」で検索して調べてみましょう。

12. 転居前の役所へ引っ越しをすることを伝え、必要な手続きをする (転出証明書の発行など)

13. 新しい住まいエリアの役所で必要な手続きを聞いて行う (転入届など、一般的には引越し後2週間以内が望ましい)

14. 印鑑登録をしている場合、そちらへの登録内容変更も依頼する

15. 以降の手続きで必要になることを想定して新しい住民票の発行を何部か余分にしておく

16. 運転免許証を持っているならば、登録変更の申請をする ・・・基本的は警察署や免許更新センター・試験場でできます。手続き上必要な書類や場所の最新情報は「免許 住所変更」で検索して確認しましょう。

17. 銀行やゆうちょの口座に対する住所変更の連絡をする ・・・基本的には、各窓口へお届け印・通帳・本人確認ができるもの(免許証や保険証)を持参すると可能です。他にも郵送やオンラインでもできる場合があり、「●●銀行 住所変更」で最新情報を検索してみると良いでしょう。

18. クレジットカードの登録住所を変更する ・・・基本的に電話や郵送、オンラインでできます。詳しくは保有のクレジットカードによって異なるため、「●●クレジットカード 住所変更」と事前に一度検索してみましょう。

19. 携帯電話の登録内容変更をする ・・・オンライン、電話、ショップなどで手続きできます。具体的に必要なものや方法は、「携帯会社名 住所変更」で検索して確認しましょう。

20. その他オンラインアカウントや会員カードなどで住所登録してあるものは更新をする

 

有意義なゆとりある引越しが実現できますように☆
タカハシ

PS
↓少しでも役立ったら、コメントやシェア・ブックマークなどお願いします♪


引越しの不用品処分方法 無料回収~買取まで


引越し不用品処分引越し作業で悩みの1つとなるのが、「不用品=ゴミ」の処分です。

通常のゴミ回収で出せない大型家具やリサイクルの義務が生じる電化製品などは、一般的な粗大ゴミの回収に依頼して、通常のゴミは町内会のゴミの回収日に合わせて出すことが当たり前のように浮かびますが、ゴミの回収日が指定出来ず、不便があったり、料金が高くなることもあります。

しかし、第三のリサイクル業者による買取や無料回収まで、実は不用品処分の可能性は多岐に渡ります。

ここでは、可能な不用品回収方法について紹介します。

 

粗大ゴミ
恐らく一番最初に浮かぶ方法かつ一般的な不用品処分の方法です。

住んでいる市町村区の窓口に問合せ、その地域における粗大ゴミの回収規定に合わせて
指定の回収日に指定の場所へ置いて、持って行ってもらう方法です。

料金も含め、インターネットの検索で「粗大ゴミ ●●区(市)」のように検索すると
基本的に詳細を確認できるページがチェック出来ます。

まずはこの方法での料金と回収日時をチェックして、この後紹介する方法と比較すると
あなたにとって一番利便性があり経済的な方法が確認出来るようになります。

 

家電の処分
電化製品の中でも、テレビ、エアコン、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・乾燥機については、家電リサイクル方が設けられており、粗大ゴミには出せません。

これらの電化製品の場合は、一番分かり易いのは、新しいものを買う際に、古い方を回収してもらう方法です。

料金は、対象の電化製品のメーカーごとに異なります。

もし、買い替えで無い場合に不用品として処分したい場合は、対象製品のメーカーに問い合わせるか、http://www.rkc.aeha.or.jp/text/p_index.html で詳細を確認します。

また、ここにはないパソコンはメーカーに問い合わせて回収してもらうのが一般的です。
http://www.pc3r.jp/index.html

 

不用品回収業者を使っての処分(無料回収・買取り含)
街中を「何でも回収します」とスピーカーを使って走っている車を見かけた事はありませんか?

これらの不用品回収業者は、基本的に一括して何でも回収してくれます。
この場合のメリットは、処分回収日時を指定して、家まで取りに来てもらえることです。

また、彼らのネットワークにリサイクルショップがあったりすると、物によっては無料回収や
買取りとして受けてもらえることもあります。

詳細は業者によりますが、これまで紹介の一般的な粗大ゴミ+家電リサイクルよりも
場合によっては料金が安く、回収方法と日時も引越しの忙しいときに便利に働いてくれます。

以下のような業者さんがあります。




 

引っ越し業者に引き取り料金を払っての回収依頼
もうひとつの方法が、実際の引越しを行う際に、同じ引っ越し業者にオプションとして不用品回収処分までしてもらうことです。

最大のメリットは、問合せから回収まで1つの業者にお願いできるため
無駄な問合せ時間や回収に際して自分の時間を余計に使う必要がないことです。

引越しの見積りをお願いする際に、比較するためにも不用品回収についても
同時に聞いてしまうと、後々楽に決めることが出来るようになります。

より便利に、簡単に、経済的に引越しが出来ますように☆
タカハシ

 

PS
最後までお読みいただき、ありがとうございます。

意見交換などありましたら、お気軽に下記のFacebookコメント下さい♪

また、この記事が少しでも参考になりましたら、是非一番下のブックマークやシェアで広めてください☆


賃貸保証人の必要書類と審査条件とは?


賃貸保証人の必要書類と審査条件賃貸の保証人になってくれる人が出来たら、その人から必要書類などをお願いすることになります。

審査が完了してからの契約をスムーズに行うためにも、事前に知っておきましょう。

ここでは、そもそも保証人になれる人の条件や審査基準などから解説していきます。

なお、保証人がいない場合については、賃貸の保証会社と連帯保証人についてで保証人代行に関する記事を参考下さい。

 

【必要な書類】*全て保証人本人名義のもの

1. 印鑑証明として登録してある実印を捺印する不動産会社指定の書面
2. 印鑑証明書
3. 収入証明書(源泉徴収票・課税証明書・確定申告書・年金受給書など)

 

【賃貸保証人になるための審査条件】

賃貸の保証人として審査が通る基準は、物件ごとに異なりますが、ここでは私の経験上分かった
『5つのポイント』を紹介します。

・ 親族であること
親族=両親・兄弟がメイン、続いて祖父・祖母・叔父・叔母。これ以上の範囲は難しくなる場合も。

・ 正社員であること
意外にも、この点は保証人の安定性を審査するためか、よく聞かれます。

・ クレジットカードやローンなどで過去にブラックリスト、延滞・滞納履歴が無いこと
これは、実際に賃貸する本人への審査と同じく信用としてチェックされます。日ごろの延滞など気をつけましょう。

・ 収入額が借りる物件の賃料に対して満足であること
これは、上記の「収入証明書」に載る金額のことですが、少なくとも毎月の給与が保証人として対象の賃貸物件の料金をカバーできるレベルであることは必須です。

つまり、月収10万円では、いくら正社員で親族でも家賃10万円/月のマンションへの保証人としては審査通過しにくいということです。

・ 上記で紹介した必要書類が全て提出できること
書類なくして契約は出来ません。

 

いかがですか?

保証人は、ここで解説の保証代行会社を利用しない場合、もしくは利用できない場合は、多くの場合で求められます。

気に入った賃貸物件があっても、審査が厳しかったりする可能性もあります。

少しでも気に入ってきた場合には、早い段階で保証人有無や審査条件などをクリアにしておきましょう。

土壇場での後悔といった結果をせずに、効率的で満足度の高い引越しの実現が出来るようになります。

 

良い賃貸選びと引越しが実現しますように☆
タカハシ

 

PS
賃貸の保証人を変更したい場合、基本的には代わりの保証人を決める、もしくは利用できる場合の保証代行会社を使うことなどにより、次の「保証人」なる人が決まった後、賃貸の管理会社やオーナーさんへ伝えます。

その後は、代わりの「保証人」の可否や手続き方法などに沿って変更が可能です。

 

PPS
保証人もいいけど、引越し先でのインターネットはどう使う気?
それで本当に問題ない?
これをすると意外にお金がかかることになる、賃貸マンション引越しとインターネット工事と回避策

 

PPPS
実際の引越し初期費用を抑えるための引越し料金比較を簡単にする方法を知っていますか?
引越し料金の見積もりを比較するために知っておくべきコト

 

↓少しでも参考になったら、コメントやシェア・ブックマークなどお願いします♪


引越し準備リスト 引越しの挨拶に使えるギフト編


引越しの挨拶引越しの準備をする上で、忘れがちなのが挨拶。
引越し挨拶は義務ではありませんが、お互いがその後気持ち良く住む上では
あるに越したことはありません。

【挨拶ギフト】
まず挨拶ギフトですが、これは相手が不在時にも置くことが出来る薄型で期限の長いものが良いでしょう。

経験からのおすすめリストとしては、

・ タオル2枚
・ せんべいやクッキーなど期限の長いお菓子

引越し挨拶ギフト
こんな薄型、でもこんなに豪華過ぎる見た目の必要はない

【予算】
また、料金の予算としては、高すぎると相手にも自分にも負担になります。
ここは、合計で500-1,000円程度で十分です。

【挨拶のタイミング】
伺うタイミングは、引越し日の2日前もしくは前日が理想です。

「明日(明後日)に、●●号室へ引越しをする○○です。当日はご不便をおかけ致しますが、今後ともよろしくお願いします。」といって自然な挨拶ができるようになります。

【引越し日前までに挨拶が難しい場合】
どうしても、事前にうかがえない場合は、当日から3日以内が理想です。

【タイミングが合わない場合】
この期間中に伺っても、タイミングが合わない場合は、挨拶で述べようとしたことを手紙に一筆してポストにギフトと共に入れましょう。

【挨拶をする範囲】
多くの戸数が入っている賃貸マンション・アパートの場合は、最大で両隣と上下の部屋の最大4部屋+同じ敷地に大家(オーナー)が住んでいれば、そちらへの伺いで十分です。

【注意点】
最後に、物騒な世の中ですので、出来るだけ女性1人での引っ越し挨拶は避けましょう。

良い引越しができますように☆
タカハシ

 

↓少しでも参考になったら、コメントやシェア・ブックマークなどお願いします♪励みになります。


5つの引越し方法を比較してみた


5つの引越し方法と比較引越しをする方法は、何も引越し業者に依頼するだけではありません。

ここでは、考えられる引越し方法を比較できるように一覧紹介していきます。

 

1. 赤帽で引っ越す

引越しで料金がかかる理由の1つが、トラックです。
もう1つは、人件費用です。

その両方を安く出来る可能性があるのが「赤帽」です。

赤帽とは、個人事業主が赤帽組合員として登録し、依頼があると軽自動車で配達や引っ越しを手伝ってくれる仕組みです。

個人事業主なので、評判もしっかりしているのが特徴です。

ただし、積める荷物量の限界があり、作業をお手伝いも原則1名のみです。

そのため、自分が荷造り準備から運びまでかなりをやらなければなりませんが、節約できる料金が生まれる可能性があります。

 

2. 自分や友人の自動車を使って引っ越す

もし、あなたや親切な知り合いが車を保有しているならば、それを借りての作業を行うことで、
移動費用をさらに安く出来る可能性があります。(多少の謝礼を友人には渡しましょう)

ただし、赤帽以上に、荷造り準備~移動など基本的に自分の力に頼らなければならないため、
荷物が多い場合や、保有の車種、ガソリン代、移動距離などによっては、
大きな節約にはならない可能性もあります。

一人では準備や作業が大変な場合、友人に日給や食事手当てなどのお礼をつけてお願いすることもオプションの1つです。

しかし、その場合はその分の費用が嵩みます。

このあたりを赤帽や引っ越し業者からの見積もりと一度総合的に比較した方が無難です。

 

3. レンタカーをしてで引っ越す

赤帽でも料金が高いと感じる中、自分や友人の車の保有が無い場合、
都内や市内程度の引越し距離であればトラックのレンタカーという手段もあります。

レンタカーは、軽自動車や軽トラック、中~大型まで多種多様な車が揃っています。

ただし、この場合も荷造り準備から荷物移動など基本的に自分の力に頼らなければならないため、荷物が多い場合や、保有の車種、ガソリン代、移動距離などによっては、あまり安くならないかもしれません。

友人の手伝いを考えたとき、逆に高くなる可能性も考慮しましょう。

いずれにしても、このケースでも、このあたりを他の手段を利用するときの見積もりと一度総合的に比較した方が無難です。

なお、個人的にお勧めのレンタカー会社は、車種、営業所、営業時間、在庫数、料金とバランスの良いニッポンレンタカーです。

 

4. 全て自分の力だけで引っ越す(台車くらいは使う?)

もし、一人暮らしで引っ越し先が同じマンション内であったり、同じ街の徒歩圏であるならば、
車を使わず、人でも自分+可能であれば友人の短時間の手伝いで実施することも考えられます。

例えば、大型な荷物や家具で不要なものは、リサイクル業者に売ってしまったりして
なるべく自分の負担を減らしながら、移動をしては、新品家具を浮いた費用で買うという人もいます。

これも、他の方法と総合的にどの程度お得になるのか?として比較はおすすめしますが、
引越し手段の1つになることは覚えておいても良いかもしれません。

 

5. 引っ越し業者へお願いする

最もよく聞かれる方法です。

最近では、単身・家族問わず忙しい人には全ての荷造り梱包から収納までもお任せできるパック~最小限のコストに抑えるプランまで幅広くなってきています。

これまでに挙げた方法の多くは、少しでも安い引越し料金にしたい思いが見えますが、
だからと言って、引っ越し業者が必ずしも高い相場となるとは限りません。

必ず比較を忘れずに行いましょう。

 

追伸:
引っ越し業者に見積もり料金をお願いして比較する上での賢い考え方や手続き、そして料金目安の捕らえ方などは引越し準備におすすめの見積もりや引越し業者比較から手続きまででさらに詳しく解説しています。

合わせてチェックしてみて下さい。

 

良い引越し方法が見つかりますように☆
タカハシ

↓共感いただけたら、一番下のコメントやシェア・ブックマークなどお願いします♪励みになります。