WiMAXの格安&キャッシュバックキャンペーン比較方法とおすすめ契約先プロバイダ


おすすめWiMAXプロバイダ契約と格安&キャッシュバックキャンペーン料金比較のコツ2013年頃、「WIFIルーター比較からWiMAX(ワイマックス)をおすすめする3つの理由」という記事で既にWiMAXをおすすめしていましたが、時が経ち、今ではWiMAX2+としてギガ放題というデータ通信が使い放題のプランまで登場しています。

今回、ますますおすすめWiFiルーターとしての地位を築いているWiMAXの中でも、いったいどのプロバイダとの契約が安くお得になるのか?を検証すべく、実体験からの比較方法を紹介をします。

一言でWiMAXといえども、そのサービスを提供している「プロバイダ」は複数あり、それぞれが独自のキャンペーンを展開しています。

初めから設定の基本料金を格安としてPRしているとこともあれば、キャッシュバックによる特典でキャンペーンを展開しているところなど様々です。

そして、プロバイダ比較=料金比較を徹底して契約先を決めることで、最終的に負担する費用に大きな差が生まれる可能性もあります。

おすすめのWiMAX契約先プロバイダの紹介と共に、これまでの経験上で分かってきた格安料金やキャッシュバックキャンペーンの比較方法(検証材料)を紹介します。

・キャッシュバックが特典となるキャンペーン>月額料金設定が格安としている特典
今回の記事の最初の方で「初めから設定の基本料金を格安としてPRしているとこともあれば、キャッシュバックによる特典でキャンペーンを展開しているとことなど様々です。」と書きましたが、これまでの経験上、キャッシュバックによるキャンペーンの方が、キャッシュバック無しに「月々わずか●円!」とあるPRのキャンペーンよりも、最終的には安い可能性があります。

これは、キャッシュバックには手間がかかること、またキャッシュバックを受けるには、最低でも何ヶ月間は使わなければならないことが条件になるためです。

・解約費が発生しない「更新月」のタイミングがいつとなるか?
WiMAXは多くの場合、2年契約か3年契約になります。どちらの場合でも、それぞれの期間が終了する時点で「更新月」が設けられ、そこで解約をしない場合、次の2年もしくは3年の契約更新が発生します。

「更新月」以外で解約をしようとするならば、違約金が発生することが多いため、契約後は最初の更新月まで使用することが殆どです。

つまり、どのプロバイダのどのキャンペーンで契約する場合にいくら最初の契約期間で料金が合計で発生するかの計算と比較は、「更新月まで」となります。

しかし、この「更新月」は必ずしも例えば2年契約ならば24ヶ月目となる訳ではありません。プロバイダによっては24ヶ月目となる場合もあれば25ヶ月目とする場合もあります。

また、数え方として契約開始日する日の月=1ヶ月目となるのか、もしくはサービス開始日となる月の翌月が最初の1ヶ月目となる場合もあります。

解約料金が発生しない「更新月」がいつになるのか?をしっかり把握して、最初の契約期間に合計でいくらの費用がかかるのかを料金比較することが重要です。

・「月額わずか●●円!」の先
このようにプロバイダによっては月額料金の安さを前面にキャンペーンしている場合があります。

しかし、月額料金の詳細を詳しく見てみると、目玉としてPRされている基本料金設定は最初の2ヶ月間のみで、残りの期間は値上げされた月額料金となる場合があります。

契約後、何ヶ月間が「月額わずか●●円!」とキャンペーンされている金額であるのかを詳細に確認することが料金比較において求められます。

・事務(申込)手数料が発生する場合としない場合がある
WiMAXの契約では多くの場合、事務(申込)手数料という費用が発生します。
約3,000円くらいです。1か月分の月額に近い料金ですよね?

しかし、キャンペーンによっては特定のルーター機種や契約年数などを条件に事務(申込)手数料を無料とするケースもあります。

同じプロバイダの展開する複数のキャンペーン間においても比較してみると、この点についての差がある可能性があります。

プロバイダごとの料金比較でも、同じプロバイダ内のキャンペーン別での比較でも、この点の違いについてがあれば大きな差になりますのでチェックしましょう。

・1つのプロバイダが入り口ごとに異なるキャンペーンを用意している
GoogleやYahooの検索結果から入るページで案内されるWiMAXキャンペーンと、特定のサイトが掲載しているWiMAX広告を入り口として確認できるキャンペーンとでは、同じプロバイダでも一方がよりお得なキャンペーンを提供している場合があります。

私の経験上では、後者の方がお得な可能性があると感じています。

特定のサイトが掲載しているWiMAX広告を入り口として確認できるキャンペーンとは、
↓このようなものになります。



以上がおすすめWiMAX契約先プロバイダを知る前に、自身でWiMAXの格安料金&キャッシュバックキャンペーンを比較する際に使えるコツです。

有意義なWiMAX料金比較が実現しますように。
タカハシ

 

PS
WiMAXでおすすめの契約先プロバイダは、上記バナー先で確認できるキャッシュバックキャンペーンのいずれかと今までの経験上では感じています。

 

PPS
最後までお読みいただき、ありがとうございます。

この記事が他にも役立つ人が身近にいたならば、是非一番下のブックマークやシェアで共有下さい☆


引っ越しが安いオフシーズンの時期とはいつか?


引越し料金が安い引っ越しオフシーズンの時期とは?引っ越しには、オフシーズンとなる時期があります。

安い引っ越しが可能となりやすくなるだけでなく、ピークシーズンでは難しいメリットがたくさんあります。

ここでは、「引っ越しが安くなるオフシーズンの時期とはいつか?」について、5つのメリット共に紹介します。

はじめに、引っ越しが安いオフシーズンの時期とは、一般的に4月下旬から8月くらいまでと言われています。

3月までは明らかなピークシーズン(引っ越し難民という言葉も最近はでてくる時期)となるため、需要が一気に減った後の時期がオフシーズンとなりやすくなります。

引っ越しのオフシーズンは、引っ越し料金相場が安いだけでなく、他にもメリットが考えられます。

・ 引越し料金が安くなりやすい
引越し業者もオフシーズンは仕事を求めている時期だけに、こちらからの費用に対する値引き交渉にもピークシーズンより応じてくれる可能性が高くなります。

・ 比較的好きな日時を選択しやすい
ピークシーズンでは大安や週末などは直ぐに枠が埋まってしまいます。しかし、オフシーズンの時期ならば、時間帯も含めて相談がしやすくなります。

・ ピークシーズンでは値段が割り増しとなりやすい曜日でも高くなりにくい
大安や週末などは需要があるだけでなく、人気ゆえ料金も高くなりやすくなります。しかし、オフシーズンの時期ならば、それほど高くならずに対応してもらえる可能性もあります。

・ 作業評価の高い人に当日現場を担当してもらいやすい
ピークシーズンには、どの引越し業者も当日に現場で作業するスタッフがたくさん必要なため、多数確保していますが、そのスキルには差が生まれやすくなります。
オフシーズンの時期ならば、多くのスタッフの中でもスキルが高く、評価の高いスタッフに優先的に自身の引越しを担当してもらえるよう相談することも可能です。

・ 見積もりを依頼する段階から粗品をもらえやすい(特典を得やすい)
粗品についてはそれほどお得な話ではないかもしれませんが、一応・・・
それ以上に、実際の見積もり料金の中で本来なら有料の部分が一部無料扱いにしてもらえることもあります。

有意義な引っ越しとなりますように。

PS
いくら引っ越しが安いオフシーズンの時期とはいえ、引っ越し業者によって提示してくる金額は様々です。

そのため比較は必要であり、一回の作業で複数の業者と交渉するチャンスが伺える一括見積もり料金比較は便利です。


PPS
この記事が少しでも役に立ったなら、是非下記のブックマークやSNSボタンでシェアお願いします。


おすすめな安い引越し業者の選び方


安いおすすめの引っ越し業者2018年になりましたね。

これから4月の新生活を迎える人々を中心に、新しい賃貸物件への引っ越しが最も多い時期になります。
同時期には、賃貸契約の更新を迎える人も多くおり、さらに引越し需要は増えます。

そして、この時期に多い検索ワードといえば「引越し業者 おすすめ」「引越し業者 安い」などです。

新しい賃貸物件が決まれば引っ越しです。
そんなときによく検索されるキーワードがこれらなのです。

しかし、一概にこの業者がいい!というのはありません。

引っ越し準備におすすめの見積もり比較から手続きまで
ではかなりのコツを紹介していますが、あなたの土地や引っ越し先、時期や引っ越す量などによっても業者の良し悪しは変わるものです。

 

ですから、業者名への印象だけで判断しない方がおすすめです。
そして、上記のリンク先でも解説の通り、見積もり金額や質を比較することが必要と考えます。

それでも最後の一手まで、安い引っ越し料金を目指すなら、今回は今からでも(今だからこそ)最後の一押しとして活用できるかもしれない値段の交渉方法を3つ紹介します。

もちろん、最終交渉として自分にも条件を作る内容となりますので、いずれもあなたにとってできることが前提で必要です。

 

1. ずばり、4月に入ってからでいいので、●●円値下げできませんか?

3月末までは、どこの業者も人やトラックなどが一杯な状態である一方、4月に入れば一気に需要が減る傾向があります。

引越し業者としても、3月のピークの流れを継続できるタイミングで予約をしてくれるならば、メリットがあります。

その点を活かして、値引き交渉をしてみる方法です。

 

2. 急なキャンセル枠に入り込むことで値引きできませんか?

仮に引っ越し時期のピークシーズンと言われる1月~3月であっても、急なキャンセルが発生した枠に収まるように予約が可能な場合、引越し業者にとっても多少の値引きをしても無駄が減る分助かるとして、お互いにメリットのある話となる可能性があります。

そこを狙ったアプローチ方法です。

 

3. 直近ではなく、かなり前もったタイミングでの見積もり依頼とする

急な予約の場合(それが引っ越しの繁忙期であればあるほど)、値下げが難しいのは当然ながら、引越しの手配も困難になりやすいものです。

逆に考えれば、今から余裕のある時期へのお願いとなれば、その分料金交渉付きでも承諾がもらえる可能性があります。

 

いかがですか?

いずれの場合も、あくまでも可能性のある方法であり、必ず成功するとは限りません。

しかし、可能ならば何もしないよりは聞いてみるということも時には必要であり、聞いてみるアイディアの1つの参考にしてみてください。

さらに別の活用方法として、一括見積もりで料金比較をしている場合、複数の業者に同じ問いかけをして、応答の違いを見て最終的に比較判断するのも手です。

 




長期不在宅やマンションを簡単査定比較でより高く売却する方法


戸建て1軒家やマンションを簡単見積もり査定の比較をしてより高く売る方法先日の「空き家物件の管理対策 長期不在の留守宅を活用する方法」に関連して、前回までに

長期不在となる物件で賃貸運営する方法
そのまま防犯対策をして留守にする方法

について紹介をしてきましたが、今回は「留守宅を売却する方法」について紹介します。

これはつまり、持ち家やマンションなど不動産の売却ということになるのですが、
いざ売却を検討してみると、細かい流れなど不明な点が多く浮かび上がりますよね。

また、疑問点を相談をしようとしても、いったいどこに聞けば良いのか?という悩みにもぶつかる可能性があります。

そして何よりも、一番気になるのは売値であり、買い取ってくれる不動産会社によって提示してくる金額の違うことを上手く比較したいはずです。

しかし、1社ごとに見積もり依頼の問い合わせをするのは、効率が良いとはいえません。

また、そもそもどの不動産会社に査定申込みをすれば良いのか不明な中で、手当たりしだいに行動すること自体、ストレスや不安となってしまうでしょう。

以上をまとめると、なるべく物件買い取り価格の提示額が高いところを簡単比較して探し、その中のいくつかと詳しい相談を進めてみるのがスタートとして良いかもしれません。

では、どのようにすれば高い見積もり査定額を簡単比較して探せるか?

実は、不動産物件の売却における無料の「一括査定見積もり比較」を提供しているサービスは複数存在します。

例えば、

  

各サービスによって特徴が異なる場合もあります。

しかし共通しているのは、1つのフォーム入力をすることで、いくつもある不動産査定会社の中から最大で6社からの結果が得られて比較することができることです。

売値の相場や差は、比較することで明確になります。

そして、得られる査定額がその後に大きな影響を及ぼすことを考えれば、いかに効率良く比較しては、最大のメリットが得られる売却方法を見逃さないことがポイントです。

まずは、このような一括査定見積もりサービスの1つを利用して比較スタートしてみるという考え方も、ひとつの参考にしてみてはいかがでしょうか?

PS
少しでも役に立ったら、下記のブックマークやSNSボタンでシェアください。


空き家物件や長期留守宅をしっかり防犯管理する方法


長期留守で空き家になる物件を防犯対策して管理する方法前回、「空き家物件の管理対策 長期不在の留守宅を活用する方法」にて留守宅を活用する方法がいくつかあることを紹介しました。

・ 長期不在となる物件で賃貸運営する方法
・ そのまま防犯対策をして留守にする方法
・ 留守宅を売却する方法

今回は、その中でも「そのまま防犯対策をして留守にする方法」について紹介します。

この方法を選択するメリットは、将来に必要となった際、直ぐに自分の住まいとして活用できることです。

また、人の手に渡らないため、自分自身の空間を維持し続けられます。

さらには、この先の予定が未定である中、安易に売りに出せないが、賃貸運営するほどでもない場合などにも検討できる方法です。

しかし、住んでいない部屋の防犯対策をするためには、それなりに費用が発生します。

いわゆるホームセキュリティを実際に住んでいない家やマンションの部屋に設置するのです。

とはいえ、今ではホームセキュリティなるサービスは、従来の方法として思いつくSECOMなどの警備会社に依頼する方法だけでなく、機器を購入設置後、スマホを使って自分自身で管理する方法まであります。

料金的にも初期導入費用や月額費用の違いがあります。

それぞれの方法にメリットはありますが、その辺については
マンションや家の防犯対策 警備会社とホームセキュリティ比較
の中で以前にまとめてありますので、参考ください。

PS
少しでも役に立ったら、下記のブックマークやSNSボタンでシェアください。