引っ越し比較サイトを使うときに費用以外にチェックすべきこと


引っ越し比較サイトの一括費用見積もり結果へのチェックリスト引っ越し見積もりを一括に行い、費用比較が簡単にできる引っ越し比較サイト が便利で人気です。

そして、結果として得られる費用が安い業者から引っ越し方法を選ぶ人が増えています。

しかし、料金相場や業者間における引っ越し費用比較だけで結論付けしてしまうと、場合によって想定外の問題に遭遇してしまう可能性があります。

費用の一括比較はもちろん便利で大事ですが、それ以外の比較ポイントも把握した上で、最終的な引っ越し業者を決めるのがおすすめです。

ここでは、引っ越し比較サイト を使って一括見積もりから得られた費用以外のチェックリストを紹介します。

 

・質=必ずしも安かろう悪かろうではありませんが、引っ越し費用が格安な場合の理由が、当日に実際作業を行う人々の丁寧さや細やかさと反比例することになると、引っ越し中の損害につながるリスクがあります。

また、提示された費用で配置してもらえる当日の作業員の人数内訳が、他の業者と比較して異なるか否かもポイントです。

作業員が他よりも少ない=作業の質に影響があるかもしれません。

費用以外で引っ越し業者を探す過程の中で、当日配備してもらえる人の経験値をヒアリングしたり、人数が他の業者よりも少ない場合はその理由などを聞いて納得できるかをチェックするのがおすすめです。

・実施日時=費用が安いと引っ越し作業日もしくは時間帯が自由に選択できない可能性もあります。

引っ越し業者にとって空いている時間帯や日にちだからこその格安引っ越し料金提示である可能性もあります。

引っ越し日や時間帯にこだわりがある人は、この点においても不本意な内容でないかをチェックしておくことがおすすめです。

・資材=ダンボールやふとん袋、テープなどの引っ越し用資材がどのような数量と料金加算されての結果であるかもポイントです。

その量で足りるのか?足りない場合は、どのくらいの追加料金が別途考えられるのかを確認しておくことで、最終的な引っ越し費用とのギャップの可能性を計ることができます。

また、提示資材の中で不要な物がある場合の指摘と値下げの可能性を探ることもできます。

 

これらのポイントを、引っ越し比較サイト を使った一括費用見積もりの結果に加味して最終判断してみるのはおすすめです。

 

満足な引っ越し比較サイトの活用が実現しますように♪
タカハシ

 

 

PS
↓良かったら、ブックマークやシェアお願いします。


WiMAXの格安&キャッシュバックキャンペーン比較方法とおすすめ契約先プロバイダ



おすすめWiMAXプロバイダ契約と格安&キャッシュバックキャンペーン料金比較のコツ2013年頃、「WIFIルーター比較からWiMAX(ワイマックス)をおすすめする3つの理由」という記事で既にWiMAXをおすすめしていましたが、時が経ち、今ではWiMAX2+としてギガ放題というデータ通信が使い放題のプランまで登場しています。

今回、ますますおすすめWiFiルーターとしての地位を築いているWiMAXの中でも、いったいどのプロバイダとの契約が安くお得になるのか?を検証すべく、実体験からの比較方法を紹介をします。

一言でWiMAXといえども、そのサービスを提供している「プロバイダ」は複数あり、それぞれが独自のキャンペーンを展開しています。

初めから設定の基本料金を格安としてPRしているとこともあれば、キャッシュバックによる特典でキャンペーンを展開しているところなど様々です。

そして、プロバイダ比較=料金比較を徹底して契約先を決めることで、最終的に負担する費用に大きな差が生まれる可能性もあります。

おすすめのWiMAX契約先プロバイダの紹介と共に、これまでの経験上で分かってきた格安料金やキャッシュバックキャンペーンの比較方法(検証材料)を紹介します。

・キャッシュバックが特典となるキャンペーン>月額料金設定が格安としている特典
今回の記事の最初の方で「初めから設定の基本料金を格安としてPRしているとこともあれば、キャッシュバックによる特典でキャンペーンを展開しているとことなど様々です。」と書きましたが、これまでの経験上、キャッシュバックによるキャンペーンの方が、キャッシュバック無しに「月々わずか●円!」とあるPRのキャンペーンよりも、最終的には安い可能性があります。

これは、キャッシュバックには手間がかかること、またキャッシュバックを受けるには、最低でも何ヶ月間は使わなければならないことが条件になるためです。

・解約費が発生しない「更新月」のタイミングがいつとなるか?
WiMAXは多くの場合、2年契約か3年契約になります。どちらの場合でも、それぞれの期間が終了する時点で「更新月」が設けられ、そこで解約をしない場合、次の2年もしくは3年の契約更新が発生します。

「更新月」以外で解約をしようとするならば、違約金が発生することが多いため、契約後は最初の更新月まで使用することが殆どです。

つまり、どのプロバイダのどのキャンペーンで契約する場合にいくら最初の契約期間で料金が合計で発生するかの計算と比較は、「更新月まで」となります。

しかし、この「更新月」は必ずしも例えば2年契約ならば24ヶ月目となる訳ではありません。プロバイダによっては24ヶ月目となる場合もあれば25ヶ月目とする場合もあります。

また、数え方として契約開始日する日の月=1ヶ月目となるのか、もしくはサービス開始日となる月の翌月が最初の1ヶ月目となる場合もあります。

解約料金が発生しない「更新月」がいつになるのか?をしっかり把握して、最初の契約期間に合計でいくらの費用がかかるのかを料金比較することが重要です。

・「月額わずか●●円!」の先
このようにプロバイダによっては月額料金の安さを前面にキャンペーンしている場合があります。

しかし、月額料金の詳細を詳しく見てみると、目玉としてPRされている基本料金設定は最初の2ヶ月間のみで、残りの期間は値上げされた月額料金となる場合があります。

契約後、何ヶ月間が「月額わずか●●円!」とキャンペーンされている金額であるのかを詳細に確認することが料金比較において求められます。

・事務(申込)手数料が発生する場合としない場合がある
WiMAXの契約では多くの場合、事務(申込)手数料という費用が発生します。
約3,000円くらいです。1か月分の月額に近い料金ですよね?

しかし、キャンペーンによっては特定のルーター機種や契約年数などを条件に事務(申込)手数料を無料とするケースもあります。

同じプロバイダの展開する複数のキャンペーン間においても比較してみると、この点についての差がある可能性があります。

プロバイダごとの料金比較でも、同じプロバイダ内のキャンペーン別での比較でも、この点の違いについてがあれば大きな差になりますのでチェックしましょう。

・1つのプロバイダが入り口ごとに異なるキャンペーンを用意している
GoogleやYahooの検索結果から入るページで案内されるWiMAXキャンペーンと、特定のサイトが掲載しているWiMAX広告を入り口として確認できるキャンペーンとでは、同じプロバイダでも一方がよりお得なキャンペーンを提供している場合があります。

私の経験上では、後者の方がお得な可能性があると感じています。

特定のサイトが掲載しているWiMAX広告を入り口として確認できるキャンペーンとは、
↓このようなものになります。



以上がおすすめWiMAX契約先プロバイダを知る前に、自身でWiMAXの格安料金&キャッシュバックキャンペーンを比較する際に使えるコツです。

有意義なWiMAX料金比較が実現しますように。
タカハシ

 

PS
WiMAXでおすすめの契約先プロバイダは、上記バナー先で確認できるキャッシュバックキャンペーンのいずれかと今までの経験上では感じています。

 

PPS
最後までお読みいただき、ありがとうございます。

この記事が他にも役立つ人が身近にいたならば、是非一番下のブックマークやシェアで共有下さい☆





賃貸サイトの比較 何が違うの?



賃貸サイトの比較賃貸物件に住んでいる場合、様々な理由で引越しを検討することはあるかと思います。
その度に、まずは賃貸サイトで物件を条件検索してみることでしょう。

しかし、中には検索を試みる前に、どの賃貸サイトを使うかで悩むことも多いようです。

賃貸サイトは、現在のインターネット社会において非常に多く存在します。

今回は、賃貸サイトの「掲載数」「機能」「デザイン」の各部分における比較をしてみます。

掲載数
最近ではそれほど大きな差は生まれにくくなっています。
多くの物件が、複数の賃貸サイトに掲載されています。

しかし、賃貸サイトによっては、特定の不動産のみを掲載している場合もあり、そのようなサイトでは掲載数の面では少ない場合もあります。
しかし、逆に言えば「そこにしか掲載がない」物件をそのようなサイトは扱っていることになります。

機能
これも賃貸物件の検索をするときの進め方の違いや、検索条件として選択できる項目の違いなどが細かいところで差はあるでしょうが、大差は無くなってきました。

最近では「インターネット不動産ietty(イエッティ) 来店しないサイト・アプリのチャットで部屋探し」で以前紹介したように、サイトで検索をする段階でより協力的なコミュニケーション機能を違いとしてアピールしているサイトもあります。

デザイン
以前に「誰よりも早く希望する賃貸物件情報をゲットする方法」で紹介したような機能1つをとっても、サイトデザインによってその使い勝手が異なります。

人によって使いやすいサイトと感じるところは異なるでしょう。

おすすめの賃貸サイトは?
ここまで紹介してきたとおり、大差ではなく細かい違いが点在すること=人によって使い易いと感じるサイトはより異なりやすいでしょう。

そのため、あくまでも個人的な経験からの感想としては、
沿線・駅を条件にするなら、おすすめの賃貸物件検索サイト
で紹介したこともあるように、SUUMO(スーモ)としています。

タカハシ

PS
少しでも参考になりましたら、是非一番下のブックマークやSNSでシェアで下さい☆





引っ越しが安いオフシーズンの時期とはいつか?



引越し料金が安い引っ越しオフシーズンの時期とは?引っ越しには、オフシーズンとなる時期があります。

安い引っ越しが可能となりやすくなるだけでなく、ピークシーズンでは難しいメリットがたくさんあります。

ここでは、「引っ越しが安くなるオフシーズンの時期とはいつか?」について、5つのメリット共に紹介します。

 

はじめに、引っ越しが安いオフシーズンの時期とは、一般的に4月下旬から8月くらいまでと言われています。

3月までは明らかなピークシーズンとなるため、需要が一気に減った後の時期がオフシーズンとなりやすくなります。

引っ越しのオフシーズンは、引っ越し料金相場が安いだけでなく、他にもメリットが考えられます。

 

・ 引越し料金が安くなりやすい
引越し業者もオフシーズンは仕事を求めている時期だけに、こちらからの費用に対する値引き交渉にもピークシーズンより応じてくれる可能性が高くなります。

・ 比較的好きな日時を選択しやすい
ピークシーズンでは大安や週末などは直ぐに枠が埋まってしまいます。しかし、オフシーズンの時期ならば、時間帯も含めて相談がしやすくなります。

・ ピークシーズンでは値段が割り増しとなりやすい曜日でも高くなりにくい
大安や週末などは需要があるだけでなく、人気ゆえ料金も高くなりやすくなります。しかし、オフシーズンの時期ならば、それほど高くならずに対応してもらえる可能性もあります。

・ 作業評価の高い人に当日現場を担当してもらいやすい
ピークシーズンには、どの引越し業者も当日に現場で作業するスタッフがたくさん必要なため、多数確保していますが、そのスキルには差が生まれやすくなります。
オフシーズンの時期ならば、多くのスタッフの中でもスキルが高く、評価の高いスタッフに優先的に自身の引越しを担当してもらえるよう相談することも可能です。

・ 見積もりを依頼する段階から粗品をもらえやすい(特典を得やすい)
粗品についてはそれほどお得な話ではないかもしれませんが、一応・・・
それ以上に、実際の見積もり料金の中で本来なら有料の部分が一部無料扱いにしてもらえることもあります。

 

有意義な引っ越しとなりますように。

 

PS
いくら引っ越しが安いオフシーズンの時期とはいえ、引っ越し業者によって提示してくる金額は様々です。

そのため比較は必要であり、一回の作業で複数の業者と交渉するチャンスが伺える一括見積もり料金比較は便利です。


 

PPS
この記事が少しでも役に立ったなら、是非下記のブックマークやSNSボタンでシェアお願いします。





沿線・駅を条件にするなら、おすすめの賃貸物件検索サイト



おすすめの賃貸検索サイトおすすめの賃貸物件検索サイトを知りたい人に質問です。

あなたは、検索条件に「沿線・駅」を含めますか?

もし答えが「はい」ならば、1回の検索でより多くの「沿線・駅」を一括検索できる賃貸サイトこそがおすすめです。

なぜなら、もし1回の検索で限られた数の「沿線・駅」でしか賃貸検索できないとしたら、何度も条件の入れ直しで作業を行わなければならないからです。

 

当たり前かもしれませんが、意外にもこの機能の比較を忘れて賃貸検索サイトを選び、時間を無駄にしてしまっている人や検索の段階でストレスを抱えている人、結果的によいマンションなどに出会うチャンスを失ってしまっている人がいます。

「沿線・駅」が物件条件とされることは、不動産サイトや特集で住みたい町や人気駅ランキングなどが発表されていることからも多い傾向でです。

それにも関わらず、賃貸物件検索サイトを「沿線・駅」の機能性で意識的に比較してみると、賃貸サイトごとにかなりの差があることが分かります。

 

今回は、この機能の使いやすさの比較からおすすめする、賃貸検索サイトを紹介します。

————————————————–
SUUMO(スーモ)の場合】
1回の検索につき、いくつの沿線数でも駅数でも可能

【エイブルの場合】
1回の検索につき、50沿線/何駅でも

【CHINTAI(チンタイ)の場合】
1回の検索につき、50沿線/50駅

【HOME’S(ホームズ)の場合】
1回の検索につき、5沿線/何駅でも

【at home(アットホーム)の場合】
1回の検索につき、5沿線/何駅でも

【アパマンショップの場合】
1回の検索につき、1沿線/何駅でも

スマイティの場合】
1回の検索につき、5沿線/50駅

【ホームメイトの場合】
1回の検索につき、10沿線/10駅

【ピタットハウスの場合】
1回の検索につき、5沿線/30駅

【いい部屋ネットの場合】
1回の検索につき、5沿線/10駅
————————————————–

以上のように、比較すると多くの賃貸検索サイトで1回の検索における選択できる駅もしくは沿線の数に制限があるのがわかります。

しかし、SUUMO(スーモ)に関してはここの制限が一切ありません。

自分がまだどの沿線のどの駅周辺に住みたいか不明であったり、いくつか異なる沿線や駅における結果の比較をしたい場合、対象にしたい沿線数や駅数が多ければ多いほど、SUUMOは1番おすすめな賃貸物件検索サイトといえます。

 

SUUMOでの検索結果だけを頼りにしたく無い場合や他の検索サイトでもマンション検索などしたい場合は、エイブルも検討できます。

沿線数は1回につき50沿線までと制限がありますが、他の賃貸サイトと比較してもこれは相当多い数です。

加えて、沿線選択後の駅数には制限が無い事を考えれば、使いやすい賃貸検索サイトといえます。

 

賃貸マンションやアパートなどの空き家物件は日々発生しており、定期的に各賃貸サイトで更新されています。

賃貸物件を探している間は、定期的に検索をした方がいいこともあります。

また、検索時の物件条件として「沿線・駅」は常に同じで選択しながらも、「駅からの徒歩時間」や「築年数」などの他の条件を細かく変えながら検索結果の比較する人も多いでしょう。

このようなときにも、「沿線・駅」の機能が優れた賃貸サイトは、少ない検索回数で多くの情報が得られますので、おすすめの賃貸物件検索サイトとなります。

 

よい住まいに出会えますように。

 

PS
少しでも参考になりましたら、是非一番下のブックマークやSNSでシェアで下さい☆