長期不在宅やマンションを簡単査定比較でより高く売却する方法


戸建て1軒家やマンションを簡単見積もり査定の比較をしてより高く売る方法先日の「空き家物件の管理対策 長期不在の留守宅を活用する方法」に関連して、前回までに

長期不在となる物件で賃貸運営する方法
そのまま防犯対策をして留守にする方法

について紹介をしてきましたが、今回は「留守宅を売却する方法」について紹介します。

これはつまり、持ち家やマンションなど不動産の売却ということになるのですが、
いざ売却を検討してみると、細かい流れなど不明な点が多く浮かび上がりますよね。

また、疑問点を相談をしようとしても、いったいどこに聞けば良いのか?という悩みにもぶつかる可能性があります。

そして何よりも、一番気になるのは売値であり、買い取ってくれる不動産会社によって提示してくる金額の違うことを上手く比較したいはずです。

しかし、1社ごとに見積もり依頼の問い合わせをするのは、効率が良いとはいえません。

また、そもそもどの不動産会社に査定申込みをすれば良いのか不明な中で、手当たりしだいに行動すること自体、ストレスや不安となってしまうでしょう。

以上をまとめると、なるべく物件買い取り価格の提示額が高いところを簡単比較して探し、その中のいくつかと詳しい相談を進めてみるのがスタートとして良いかもしれません。

では、どのようにすれば高い見積もり査定額を簡単比較して探せるか?

実は、不動産物件の売却における無料の「一括査定見積もり比較」を提供しているサービスは複数存在します。

例えば、

  

各サービスによって特徴が異なる場合もあります。

しかし共通しているのは、1つのフォーム入力をすることで、いくつもある不動産査定会社の中から最大で6社からの結果が得られて比較することができることです。

売値の相場や差は、比較することで明確になります。

そして、得られる査定額がその後に大きな影響を及ぼすことを考えれば、いかに効率良く比較しては、最大のメリットが得られる売却方法を見逃さないことがポイントです。

まずは、このような一括査定見積もりサービスの1つを利用して比較スタートしてみるという考え方も、ひとつの参考にしてみてはいかがでしょうか?

PS
少しでも役に立ったら、下記のブックマークやSNSボタンでシェアください。


空き家物件や長期留守宅をしっかり防犯管理する方法


長期留守で空き家になる物件を防犯対策して管理する方法前回、「空き家物件の管理対策 長期不在の留守宅を活用する方法」にて留守宅を活用する方法がいくつかあることを紹介しました。

・ 長期不在となる物件で賃貸運営する方法
・ そのまま防犯対策をして留守にする方法
・ 留守宅を売却する方法

今回は、その中でも「そのまま防犯対策をして留守にする方法」について紹介します。

 

この方法を選択するメリットは、将来に必要となった際、直ぐに自分の住まいとして活用できることです。

また、人の手に渡らないため、自分自身の空間を維持し続けられます。

さらには、この先の予定が未定である中、安易に売りに出せないが、賃貸運営するほどでもない場合などにも検討できる方法です。

 

しかし、住んでいない部屋の防犯対策をするためには、それなりに費用が発生します。

いわゆるホームセキュリティを実際に住んでいない家やマンションの部屋に設置するのです。

とはいえ、今ではホームセキュリティなるサービスは、従来の方法として思いつくSECOMなどの警備会社に依頼する方法だけでなく、機器を購入設置後、スマホを使って自分自身で管理する方法まであります。

料金的にも月額として払う考え方VS初期費用のみの考え方となり異なります。

 

それぞれの方法にメリットはありますが、その辺については
マンションや家の防犯対策 警備会社とホームセキュリティ比較
の中で以前にまとめてありますので、参考ください。

ちなみに、上記リンク先で紹介の防犯グッズによる対策では、実際の住まいにおける「ペットの様子管理」や「介護」、「子供の見守り」などでも活用できるので、そのようなシーンにおける活用としての参考にもできます。

 

PS
少しでも役に立ったら、下記のブックマークやSNSボタンでシェアください。


空き家物件の管理対策 長期不在の留守宅を活用する方法


空き家物件の管理対策 長期不在の留守宅を活用する方法・ 持ち家を急に長期不在にしなければならなくなった
・ マイホームを持ってから、海外赴任や転勤が決まった
・ 相続などで住まない物件(一戸建てやマンションなど)を持っている
・ 不動産投資用の住居を持っている

様々な理由の中で、空き家となる物件の管理対策が必要となる可能性はあります。
そして単に持ち家としていると、維持費など経費ばかりがかさむ可能性もあります。

そんなとき、留守宅を活用する方法はいくつかあります。

・ 長期不在となる物件で賃貸運営する方法
・ そのまま防犯対策をして留守にする方法
・ 留守宅を売却する方法

 

今回は、長期不在となる物件で賃貸運営をする方法について紹介します。

空き家で賃貸運営をするメリットは、長期の留守から戻ってきた際の住まいとしての持ち家をキープしつつ、不在の間だけ貸し出しては家賃収入を得ることができます。

防犯対策をして留守宅にするには経費がかさみ続けてしまい、売りに出してしまえば戻りたくなったときの場所を失ってしまいます。

それらの点からも、一戸建てやマンションの住居不動産を、住まない間だけ賃貸に出すという考え方は、ひとつの魅力的な活用方法です。

しかし、賃貸運営するための全てを自分で管理する場合、知識・経験不足などで難しい事が多くなる可能性があります。

また、将来に空き家を自分のために活用したくなっても、スムーズな手続きや対策が上手くできない可能性もあります。

 

しかし、今では長期の留守宅の管理対策及び活用を代行してくれるサービスがあります。

とくに、急に決まることも多い海外赴任や転勤時の対策や早く空き家をどうにかしたいときなど、力強い味方になってくれる可能性があります。

入居者を探してくれるだけでなく、契約から入居中、そして最後の退去までを管理してくれます。

もし、少しでも上記に当てはまる方でお悩みの方は、無料の賃料査定からイメージをしてみてはいかがですか?↓

 

PS
少しでも役に立ったら、下記のブックマークやSNSボタンでシェアください。