エアコンの黒い粉=カビへの掃除 クリーニング清掃業者による分解洗浄


エアコンのクリーニング料金と方法エアコン内部は、暖房や冷房などで普通に使っていても非常にカビが発生しやすい環境である事を知っていましたか?

そして、黒カビの発生により、カビの臭いや黒い粉(すす)がエアコンの運転中に発生するようになります。

これらのカビ対策を自分ですることは、かなり難しくなります。

もし、エアコンの噴出し口から黒い粉が出てきたり、カビの臭いがする場合はクリーニング清掃業者による「分解洗浄」が私の経験上、必要でありおすすめです。

なぜか?

それは、掃除機などで手が届きにくい奥に、このようなカビが発生してしまうからです。

 

実際に業者によるクリーニング掃除が行われると、清掃後の黒い液体が大量にエアコン内部から出てきて、いかに汚くなってしまうものなのかを実感します。

同時に、いかに悪い空気をエアコンによって吸っているのか、そしていかに定期的な掃除業者による分解洗浄が有効であるかを実感しています。

快適にしてくれるはずのエアコンが、実は体には悪い空気を部屋中に充満させている可能性があるのです。

 

エアコンは夏のクーラーや冬の暖房と1年の中で非常に使用頻度が高い電化製品です。

それにも関わらず、日常の掃除ではあまり自分で手入れができません。

恐らく、エアコンのリモコンに「クリーニング」ボタンがある場合にそれを押すか、一番表側のパネルを開けた場所にあるフィルターの埃を掃除機で吸い取るくらいではないでしょうか?

しかし、重複した解説になりますが、カビなどの原因となる場所はエアコン内部のかなり奥になり、自分でクリーニング清掃をするには限界があります。

 

賃貸物件の場合は、新築で無い限り、エアコンは中古の状態で回ってきます。

必ず引越しの入居時には、分解洗浄をしてもらえているのか?の交渉をまずはしましょう。

賃貸で予め備え付けになっている場合でも、引っ越し後ではエアコンの業者によるクリーニング洗浄料金は、入居者が支払わなければならないケースがほとんどです。

そして、自身が長く住み続ける場合は、定期的な業者へのクリーニング依頼を検討してみましょう。

 

エアコンのクリーニング費用はお願いする業者によってピンきりですが、私の経験上での相場は10,000円/台前後です。

もし、できるだけ希望にあったクリーニング業者を多くの中から簡単に模索したい場合には、“無料”一括見積もりで比較!《 ズバットハウスクリーニング比較 》のようなサービスを活用するのも有効です。

なお、エアコンのタイプによっては受付できないと言われる場合もあります。
自身の持っているエアコンが対象外にならないかも含め、比較検討するのがおすすめです。


PS
どうしてもエアコンの買い替えや設置、取り外し回収が必要な人は・・・
知っておくべき賃貸引越しにおけるエアコンの交換・修理・故障・設置への心構えについてもよかったら参考ください。

 

PPS
この記事が少しでも役に立ったなら、是非下記のブックマークやSNSボタンでシェアお願いします。


引っ越し後の費用を考える賃貸物件の選び方


引っ越し後の費用を考える賃貸物件の探し方賃貸物件を探すときの条件は何ですか?
どんなことを気にして選んでいますか?

・ 家賃
・ 毎月の賃料/共益費以外の初期費用(敷金/礼金/保証金/仲介手数料など)
・ 沿線/エリア
・ 駅からの徒歩
・ 広さ(専有面積)
・ 間取り
・ 築年数

が一般的でしょうか?

もちろん、これらは重要なポイントです。

今日紹介するのは、これら以外のところで悩みたい場合の参考の1つです。

もし、どうしても選びきれない物件候補が2つ以上ある場合、このことも比較条件にしてみてはいかがですか?

 

比較条件とは、「階層」と「建物&部屋の構造」です。

まず階層について。

一般的に、階層は上層階へ行けば行くほど、景色の良さや防犯・騒音対策などで人気があります。
その分、家賃も高くなります。
逆に1階の人気はあまり高くありません。

しかし、低層階には引っ越し後の金額面でメリットがあります。

次に建物&部屋の構造について。

マンションの場合、建物構造上でエレベーターが有る場合と無い場合があります。
階段のみの場合、設備が不足していると言う理由で賃料が安い場合があります。

しかし、その反面の引っ越し後の料金面でデメリットの可能性もあります。

さらに玄関ドアから部屋に入った後、曲がり角が多かったり、部屋と部屋をつなぐドアが小さい場合があります。
これらに該当する物件の場合も、引っ越し後の費用面でデメリットがあります。

 

具体的に何?

では、これらのメリット・デメリットとはどんなときを示すのでしょうか?

それは、引っ越し後に実際に住んでいる中で、大型家具や電化製品を買い換えるときです。
新しいものは購入後に運び入れ、不要になる物は処分で外へ出します。

このとき、買う物の配達は基本的に1階の玄関前までというケースが多くあります。

上の階へ運んでくれる場合でも、配送料が追加有料となる場合が多く、上へ行けば行くほど金額が高くなる傾向があります。

さらにエレベーターが無い場合は、より追加の料金もかかります。

また、玄関を入った後、歪な構造で大型家具などを本来設置したい場所へ運べない場合は、運び入れたい部屋の窓から高い費用でクレーンで入れなければならなかったり、最悪の場合、諦めなければならなくなります。

処分で外へ出す際も同じです。

もし1階であるならば、送料が安くなるばかりか、手間がかからずに済みます。

もし2階以上でも、階層が低ければ低いほど安くなる可能性があり、さらにエレベーターがあれば、
階段のみの賃貸物件より利便性があります。

 

実際に住んで、このような状況に対面すると、結構へこたれます。

特に日常生活に欠かせないものが急に壊れる場合、買い替えは避けられません。
そのときに実感する料金差と面倒さは結構なものなのです。

ベッド
テレビ
冷蔵庫
洗濯機
ソファ
キャビネット

例えばベッド買うならば、実際にベッドを置きたい部屋まで運ぶのは、上の階になればなるほど重くて大変です。
配送料も高額になります。

逆に廃棄処分する場合、壊れたベッドを一番下の階まで階段で下ろすのは大変です。
壁を傷つけるかもしれません。
分解を余儀なくされるかもしれません。
エレベーターでも入らないかもしれません。
クレーンを使わないといけないかもしれません。
人手を呼ばなければならないかもしれません。

全て、面倒で高額になる可能性があります。

 

低層階には一般的なデメリットもありますが、大型家具や電化製品の買い替え時の配送と処分に関して考えれば、費用と手間が少なく済み、このような引っ越し後の生活上の費用的メリットの可能性があるので、どうしても悩むときには、参考にしてみてはいかがですか?

 


 

PS
↓少しでも共感いただけたら、コメントやシェア・ブックマークなどお願いします♪


マンションや家の防犯対策 警備会社とホームセキュリティ比較


警備会社とホームセキュリティによる防犯対策マンション、アパート、一戸建てなど家の防犯対策はどのように考えていますか?

様々な防犯対策が求められる今、鍵の強化以外にも個人による警備会社への防犯依頼や自分で室内に防犯センサーによるホームセキュリティを設置する方法もあります。

自分の身は自分で守ると言いますが、様々な犯罪に対する防犯対策をするとなると、鍵だけでは不安な人も多い世の中になりつつあります。

ここで出てくるようなカギによる防犯対策以外の強化として検討できる方法は2つあります。

1つは、CMなどで聞いたことがあるセコムやALSOKなどの警備会社へ月額料金を払ってお願いする方法。

もうひとつは、自分で専用の防犯センサーを購入して設置管理する方法です。

今回は、それぞれの特徴について紹介します。

自分で防犯グッズを買ってホームセキュリティをする
この後紹介する警備会社を利用する場合は、月額基本料金がかかります。
その月額料金は契約期間が長くなればなるほど費用が嵩みます。

これに対して、自分で家に防犯センサーを購入して設置管理する方法は、最初に費用はかかりますが、それ以降の維持費は比較的リーズナブルに防犯対策ができるようになります。(部屋内のネット環境は必要です)

例えば、防犯センサーを買って窓やドア付近に設置します。
その機材はスマホのアプリと連動され、異常が感知されるとスマホへのお知らせ及び大音量の警戒アラームが発動します。

マンションやアパートを引っ越す場合でも、それらの防犯対策グッズは再設置で使えるのもメリットです。

警備会社へ依頼をする
警備会社への依頼と聞くと、オフィスや会社法人などが契約するイメージが強い人も多いかもしれません。

しかし、個人の家への防犯対策として警備会社に依頼をすることも可能です。

多くの場合、月額費用を支払うことでセキュリティ会社が運営管理してくれます。

例えば、防犯センサーやカメラによる異常時の対応、緊急時の通報対応、火災への対応など様々なサービスがあります。

長期休暇で家を空ける場合などは、自分で管理するよりも安心感があるでしょう。

とはいえ、毎月の費用やサービス内容などは契約先によって様々です。

恐らく、どのような警備会社が存在して、どんな料金とサービス内容があるのかを知っている人は少ないでしょう。

そのような場合の最初のステップとしておすすめなのが、複数の警備会社から資料情報が手に入れられる「大手警備会社の資料をまとめてお取り寄せ」といった無料サービスを使う方法です。

この方法を利用することで、複数の警備会社の問い合わせ先を自分で調べては、毎回資料請求フォームなどを入力する手間が省けます。

また、同じタイミングで比較できることで、迅速且つ効率良く情報を知ることができます。

先に紹介した自分で設置管理するホームセキュリティが面倒であったり、それらとの比較を実際にしたい場合にもおすすめです。

PS
↓少しでも役立ったら、コメントやシェア・ブックマークなどお願いします♪


中古マンション・物件をリノベーション(リフォーム)して長く住む考え方


中古物件や一戸建てをリノベーション(リフォーム)して長く住む方法中古物件(中古マンションや中古の一戸建て)を購入して、リフォームやリノベーションを行って住む方法は、賃貸や新築分譲購入をして住むのとは異なる住まいの選択のあり方です。

ちなみにリフォームとリノベーションの違いは、一般的にはリフォームが汚くなったり古くなったものを「元に戻す」ことであるのに対し、リノベーションは「元々よりもさらに新しく良くする」意味として理解されています。

 

話を戻しますが、中古物件なら「賃貸ではなく購入」という選択を新築の分譲マンションや一戸建てよりも安い費用で手に入れることができます。

そして、中古物件特有の古い間取りや設備をリフォームできれいにしたり、リノベーションで自分の好きな形に一新できるのが魅力です。

 

しかし、実際に中古の不動産物件を購入してリフォーム・リノベーションするとなると、以下のような悩みが出てくるのも事実です。

・どの物件で、どれだけ美しく住み心地良いリノベーションを行えるのかがわからない
・どの物件で、どれだけ長く住める価値があるのかわからない
・どの物件で、それだけリフォーム・リノベーション費用が必要になるかがわからない

 

いくら中古とはいえ、安易にマンションや一戸建てを買ってリフォームやリノベーションの依頼を行ったときに希望通りに出来ないことが後々になって発覚してしまっては、それは大きな価格リスクです。

安易でなかったとしても、物件の購入前に気が付かなかったという結果になることは避けなければなりません。

 

つまり

・自分が見つけて検討している物件が、実際にリフォーム・リノベーション可能か?
・可能ならば、具体的にどんなことが出来て、どの程度の料金がかかるのか?
・長く住む上での問題などあるか?

といったことを契約前に事前に専門的にチェックする必要があります。

 

これによって、その中古マンションを買う心配が減り、心置きなく予め理解している予算範囲内でリノベーションが出来る安心になります。

最近では、このような悩みを解決するためのサービスも登場してきています。

中古マンションや一戸建て物件をリノベーション・リフォームして住むことを検討するならば、この考え方も参考にしてみてください。

 

PS
私が最近気になっているのは、LOHASというサービスです。
自分が自由に見つけてきた物件を、契約前にチェックや価格交渉までしてくれて見積もりも確認できるようなサービスです。

まずはもっと詳しく流れを知りたい人のために、無料セミナーや無料の資料請求があります。
そこへWEB申請することから興味を持ってみるのは良いかも知れません。


 

PPS
外壁や塗装などのリフォーム探しにはこのようなサービスもあります。参考までに。


 

PPPS
↓少しでも参考になったら、下記のブックマークやSNSで広めてください♪


シェアハウス物件でルームシェアするトラブルとメリット


シェアハウス物件でルームシェア掲示板などで募集のあるルームシェアはトラブルの可能性もありますが、シェアハウス物件で格安に東京都内など普通なら高いエリアに住める方法として人気があります。

シェアハウスには、特に「男女」「女性」「外国人」といったキーワードを基にしたトラブルがあります。しかし同時に、ルームシェアには同じキーワードでも良い点もあります。

その中で一番大きいのが、ルームメイトを募集することで東京都心でも安い家賃の物件を手に入れることが可能になることです。

ここでは、限りなくルームメイトとのトラブルの可能性を回避して円満なシェアハウス物件でルームシェアするために知っておくべき、このような最低限のメリットとトラブルの知識を紹介します。

安心して良い場所に格安に楽しく住めるためにも1つの情報として参考ください。

 

【ルームシェアのトラブル】

・ シェアハウスの掲示板募集の結果、外国人と住むことになる
ルームメイト募集では外国人と繋がる可能性もあります。

誤解しないでほしいのは、これはトラブルばかりでなく、メリットとしても考えられるということです。

トラブルという点で考えられるのは、文化や生活スタイルの違い、物事への考え方の違いでお互いが住む上でぶつかりストレスを抱えることです。

特に、宗教的な部分に関しては想定外の問題も引き起こす可能性がありますので、重要なのは一定のリスペクト精神とシェアルームを行う上でのルール作りを住む前に共有し、理解し合えることを確認することです。

・ シェアハウスは女性同士になるとは限らない
この後の男女の話にも関連しますが、掲示板などのルームメイト募集からシェアルームになる場合、場合によっては女性・男性の部分を分けていないこともあります。

この点が気になる人は、ルームシェアの募集要項にある条件面に注意を払い、根気強く探しましょう。

また、時間に余裕がないなどで男女の区別ができない場合は、知人を通じた紹介で人を見つけてのシェアハウスが一番理想的かもしれません。

・ 男女のルームシェアに絶えない悩み
シェアルームの共用スペースのひとつにトイレがありますが、ここは女性と男性が共同になると使い方の違いでよくトラブルになる代表的な場所です。

一人暮らしや家族暮らしでは小さなことのようですが、掃除の役割分担や使い方のルールをお互いに理解しておくことが最大のカギです。

もちろん、男女のルームシェアでなくとも、その他、トイレ以外の清掃箇所への当番制やキッチン、冷蔵庫周りの使い方のルール導入、お互いの音や臭いへの配慮なども住む上でのトラブルを未然に防ぐには有効です。

カップルならまだしも、はっきり言えばスタートは赤の他人同士のシェアハウス生活です。
一定の決め事は男女に関わらず、ストレスを最小限にしてくれる可能性があります。

・ ルームシェア物件では欠員が出ると辛い期間がある
共同生活はいつまでも続くものではありません。
人の生活や人生には移り変わりがあり、それは仕方ないことです。

しかし、シェアハウス物件では、これが結構大変です。
早く見つからないと、賃貸の家賃が欠員分高くなる可能性があるからです。

そのため、人が一人引越しになると、直ぐにルームシェアしてくれるルームメイト募集が掲示板などで必要となり、かなり忙しくなります。

なお、余計なトラブルを回避するためにも、退去者が出てから新たな住人が見つかるまでの間の追加負担額は予め共通の理解をしておくことが大事です。

 

【シェアハウスのメリット】

・ 外国人とシェアハウスできる
外国人とのシェアルームは大変な反面、文化交流や価値観・世界観の拡大に大きなきっかけをももたらし、刺激的な生活を得られる可能性もあります。

私は個人的には外国人との生活ではメリットを得ることが多かったです。
そして、その経験値は間違いなく、自分の人生において視野を広くしてくれています。

・ 東京でも家賃が安い
これをルームシェアするメリットの一番の理由に挙げる人が多いかもしれません。

事実、駅近で立地が良く高くて広い物件でもシェアハウスとして一緒に住む人と分担するとなると、
駅から少し離れた場所に一人で普通の賃貸マンションに住むよりも安くなる可能性があります。

結果、東京都心でも格安に住めるかもしれません。

・ ルームシェアする物件が高級となる可能性がある
先ほど書いたように、ルームシェア物件が都心で高い場合でもシェアハウスとして安く出来る場合、その物件は基本が高いため、賃貸マンションでも高級な設備が整っている場合もあります。

例えば、家賃20万円の賃貸マンションは確かに高級であり、一人で住むには難しい。
しかし、4人のルームメイトを募集し、シェアルームすることで家賃は5万円と格安になります。

そして、基が20万円の賃貸マンションには素晴らしい環境が備わっている可能性があります。

・ 外国人や男女関わらず、ルームメイトとの支え合い
一人暮らしとルームシェアの大きな違いは、誰かが同じ空間にいるということ。
そして、それはトラブルではなく、時に悩みを相談し合えたり出来る環境にもなります。

お互い尊重し合える環境とルールを作って住みながら、信頼し合える仲になれたなら、それはシェアハウスの最大のメリットなのかもしれません。

 

PS
いざ引越しとなるならば・・・

 

PPS
↓少しでも参考になったら、下記のブックマークやSNSで広めてください♪