賃貸契約&入居前に確認しておきたい原状回復に伴う掃除チェック項目


賃貸の引っ越し先ハウスクリーニングでチェックすべき清掃箇所賃貸の引越しの場合、自身が出て行く部屋への原状回復義務があります。
(詳細は、賃貸の原状回復義務とは? 工事の費用相場~ガイドラインまでも参考ください)

そして、物件への掃除や補修、修繕にかかる料金もこの中で部分的に発生する場合があります。
(最近ではもっと分かりやすく退去時のクリーニング代金として契約時に定めているところもあります)

これらの費用は、次に入居してくる人へ綺麗な部屋を提供する目的に使われます。

逆に言えば、自分が新しく契約して引っ越し先となる賃貸物件も、当然ながら清掃されていることになります。

しかし、物件によってはこの掃除や修理が行き届いていない場合もあります。

今回は、盲点となりやすい、しかし賃貸契約&入居前に確認しておきたいハウスクリーニング箇所を挙げていきます。

 

もし、これらが原状回復における清掃として本来行われなければならないにも関わらず見落とされていた問題ならば、事前に指摘をすることができます。

もし、これらが原状回復義務のクリーニングに含まれないという場合があるならば、そのような物件である理解を事前にすることができます。

そして、これらのような細かい箇所へのチェックもしておくほうが、後のトラブル回避にもなりやすくなるでしょう。

 

・ エアコンの内部・・・エアコンの黒い粉=カビへの掃除 クリーニング清掃業者による分解洗浄で紹介しているように、エアコンの内部はクリーニング清掃業者による「分解洗浄」が必要となることもあります。エアコンの掃除を行ったと一言で言っても、それがどこまでの範囲を示すのかを確認しておくことは重要です。

・ シャワーヘッド内部・・・気づかない人も多いかもしれませんが、築年数が長い場合は特にこの部分に気づかない場合もあります。シャワーヘッドは、基本的には簡単に分解して清掃が可能であるにも関わらず、忘れさられる可能性があります。

・ 排水溝内部・・・キッチンや洗面台、お風呂場やベランダにも排水溝はあります。これらはクリーニング不足があると詰まりや臭いの原因となりえます。どこまでのしっかりした清掃を実施してくれているのか確認しておくとよいでしょう。

・ 換気扇内部・・・台所や浴室、トイレなどにある換気扇も表面の掃除はされていても、内部をしっかり掃除をしてくれていることが少ない可能性はあります。これらの部分へのハウスクリーニング不足は、機能の劣化や不全につながります。

 

ご参考になれば幸いです。

 

PS
少しでも役に立つ記事であったならば、コメントやシェア・ブックマークなどお願いします♪


中古マンション・物件をリノベーション(リフォーム)して長く住む考え方


中古物件や一戸建てをリノベーション(リフォーム)して長く住む方法中古物件(中古マンションや中古の一戸建て)を購入して、リフォームやリノベーションを行って住む方法は、賃貸や新築分譲購入をして住むのとは異なる住まいの選択のあり方です。

ちなみにリフォームとリノベーションの違いは、一般的にはリフォームが汚くなったり古くなったものを「元に戻す」ことであるのに対し、リノベーションは「元々よりもさらに新しく良くする」意味として理解されています。

 

話を戻しますが、中古物件なら「賃貸ではなく購入」という選択を新築の分譲マンションや一戸建てよりも安い費用で手に入れることができます。

そして、中古物件特有の古い間取りや設備をリフォームできれいにしたり、リノベーションで自分の好きな形に一新できるのが魅力です。

 

しかし、実際に中古の不動産物件を購入してリフォーム・リノベーションするとなると、以下のような悩みが出てくるのも事実です。

・どの物件で、どれだけ美しく住み心地良いリノベーションを行えるのかがわからない
・どの物件で、どれだけ長く住める価値があるのかわからない
・どの物件で、それだけリフォーム・リノベーション費用が必要になるかがわからない

 

いくら中古とはいえ、安易にマンションや一戸建てを買ってリフォームやリノベーションの依頼を行ったときに希望通りに出来ないことが後々になって発覚してしまっては、それは大きな価格リスクです。

安易でなかったとしても、物件の購入前に気が付かなかったという結果になることは避けなければなりません。

 

つまり

・自分が見つけて検討している物件が、実際にリフォーム・リノベーション可能か?
・可能ならば、具体的にどんなことが出来て、どの程度の料金がかかるのか?
・長く住む上での問題などあるか?

といったことを契約前に事前に専門的にチェックする必要があります。

 

これによって、その中古マンションを買う心配が減り、心置きなく予め理解している予算範囲内でリノベーションが出来る安心になります。

最近では、このような悩みを解決するためのサービスも登場してきています。

中古マンションや一戸建て物件をリノベーション・リフォームして住むことを検討するならば、この考え方も参考にしてみてください。

 

PS
私が最近気になっているのは、LOHASというサービスです。
自分が自由に見つけてきた物件を、契約前にチェックや価格交渉までしてくれて見積もりも確認できるようなサービスです。

まずはもっと詳しく流れを知りたい人のために、無料セミナーや無料の資料請求があります。
そこへWEB申請することから興味を持ってみるのは良いかも知れません。


 

PPS
外壁や塗装などのリフォーム探しにはこのようなサービスもあります。参考までに。


 

PPPS
↓少しでも参考になったら、下記のブックマークやSNSで広めてください♪