ビッグローブ(BIGLOBE)のWiMAXがキャッシュバックキャンペーンでおすすめな5つ理由


ビッグローブ(BIGLOBE)のキャッシュバックキャンペーンがWiMAXプロバイダとしておすすめもし、どのWiMAXプロバイダの料金が安くて評判が良く、お得であるのかを知りたいならば、ビッグローブ(BIGLOBE)のキャッシュバックキャンペーンはおすすめです。

ここでは、その5つ理由を紹介します。

1. 2年もしくは3年契約時の更新月が24ヶ月目もしくは36ヶ月目である
WiMAXサービスは、多くが2年もしくは3年契約プランである中、2年後もしくは3年後の更新月が存在します。

この更新月とは、違約金無しで解約できる月を示し、それ以外の月に解約をしたい場合は、費用が発生します。

つまり、2年後もしくは3年後に利用サービスの見直しを無料でできるのが更新月です。

この更新月は、必ずしも1ヶ月目なる月の24ヵ月後もしくは36ヵ月後であるとは限りません。

WiMAXプロバイダによって、更新月は25ヵ月目もしくは37ヵ月目である場合もあります。

ということは、同じ2年もしくは3年契約プランという名目であっても、実際に無料で解約や切替の見直しができるタイミングがサービスプロバイダによっては1ヶ月異なる場合があるということです。

1ヶ月違うだけで、数千円の料金差が生まれます。

もし、月額の料金比較をしているならば、この点は大きな差となります。

ビッグローブ(BIGLOBE)では、現時点ではサービス開始月の翌月を1カ月目としてから24ヵ月目もしくは36ヵ月目が更新月となりますので、1回の契約期間中に総合で発生する毎月の基本料金比較をする上でもおすすめです。(しかもサービス開始月は月額無料です)

2. 以前にビッグローブ(BIGLOBE)を使っていたことによる「再契約」の人にも特典が適用となる
WiMAXプロバイダーのキャンペーンによっては、再契約の場合は適用外となる場合もあるようです。

しかし、現時点でビッグローブ(BIGLOBE)の場合は、以前にビッグローブ(BIGLOBE)のWiMAXを使い、解約した経緯がある場合でも、今回新たにオファーされているWiMAXキャンペーンに申し込むことができます。

3. 分からないことや解約に関連した不明点がある場合など、フリーダイヤルでサポート対応してくれる親切さ
WiMAXに関わらず、安い料金を設定しているサービスではサポート体制の悪さが目立つことがあります。

電話サポートがフリーダイヤルでなかったり、メールでの問合わせがメインであったり、サポートページが見づらかったり。

フリーダイヤルがある場合でも、それが新規申込みを検討する人向けにだけのものであり、契約済みの人へのサポート用フリーダイヤルはなかったり、あったとしても携帯電話からは繋がらなかったり。。。

しかし、ビッグローブ(BIGLOBE)では、現時点で契約後の変更手続きなどに関するお問い合わせ用にもフリーダイヤルを用意しています。

しかも、携帯やPHSからも繋がるという評判の高さです。

4. キャッシュバックキャンペーンが分かりやすい
キャッシュバックキャンペーンを提供するプロバイダは多いですが、キャッシュバックの実際の受け取り方法については、分かりにくいものが多いのも事実です。

例えば、普段チェックしないようなWiMAXプロバイダが契約時に提供するメールアドレスや会員ページにアクセスしなければキャンペーンへの申請時期を見落としてしまう仕組みである場合。

その他にもキャッシュバックを受けるための申請受付期間が短かったり、申請方法がわかりにくかったり。

最近は減ってきましたがキャッシュバックとはいえ、普段使っている銀行口座への振込みができない形でのキャッシュバックとなる場合など。

そもそもキャッシュバックの申請ができるタイミングが遠すぎて忘れてしまう恐れがあったり。

ビッグローブ(BIGLOBE)のWiMAXのキャッシュバックキャンペーンでは、現時点では普段使っているメールアドレスをWiMAX申し込み時に「連絡先メールアドレス」として登録することで、そのアドレス宛にキャッシュバックの申請時期が来たらメールが受信されるようになってます。

また、普段使っている銀行口座(全国銀行協会に加盟している全国の銀行、信金、信組、ろうきん、ゆうちょ銀行等すべての金融機関の口座)を振込先として指定することも可能です。

5. 単純に毎月の月額基本料金を比較しても、数多くのWiMAXプロバイダの中でも常に上位を争える格安な料金設定をしている
ビッグローブ(BIGLOBE)のWiMAXサービスでは、キャッシュバックキャンペーンのプランである場合でも、最初のサービス開始月が月額無料、さらに1ヶ月目と2ヶ月目がその後の毎月の基本料金よりも安い設定となるなど、魅力が満載です。

これにキャッシュバックの大きさも手伝って、さらにはサポート体制の評判の高さも考慮すればおすすめである理由として参考いただけるのではないでしょうか?

本記事が参考になれば嬉しい限りです。

PS
最新のビッグローブ(BIGLOBE)のWiMAXキャッシュバックキャンペーンが確認できるのがこちらです。


PPS
この記事が他にも役立つ人が身近にいたならば、是非一番下のブックマークやシェアで共有下さい☆


WiMAXの格安&キャッシュバックキャンペーン比較方法とおすすめ契約先プロバイダ



おすすめWiMAXプロバイダ契約と格安&キャッシュバックキャンペーン料金比較のコツ2013年頃、「WIFIルーター比較からWiMAX(ワイマックス)をおすすめする3つの理由」という記事で既にWiMAXをおすすめしていましたが、時が経ち、今ではWiMAX2+としてギガ放題というデータ通信が使い放題のプランまで登場しています。

今回、ますますおすすめWiFiルーターとしての地位を築いているWiMAXの中でも、いったいどのプロバイダとの契約が安くお得になるのか?を検証すべく、実体験からの比較方法を紹介をします。

一言でWiMAXといえども、そのサービスを提供している「プロバイダ」は複数あり、それぞれが独自のキャンペーンを展開しています。

初めから設定の基本料金を格安としてPRしているとこともあれば、キャッシュバックによる特典でキャンペーンを展開しているところなど様々です。

そして、プロバイダ比較=料金比較を徹底して契約先を決めることで、最終的に負担する費用に大きな差が生まれる可能性もあります。

おすすめのWiMAX契約先プロバイダの紹介と共に、これまでの経験上で分かってきた格安料金やキャッシュバックキャンペーンの比較方法(検証材料)を紹介します。

・キャッシュバックが特典となるキャンペーン>月額料金設定が格安としている特典
今回の記事の最初の方で「初めから設定の基本料金を格安としてPRしているとこともあれば、キャッシュバックによる特典でキャンペーンを展開しているとことなど様々です。」と書きましたが、これまでの経験上、キャッシュバックによるキャンペーンの方が、キャッシュバック無しに「月々わずか●円!」とあるPRのキャンペーンよりも、最終的には安い可能性があります。

これは、キャッシュバックには手間がかかること、またキャッシュバックを受けるには、最低でも何ヶ月間は使わなければならないことが条件になるためです。

・解約費が発生しない「更新月」のタイミングがいつとなるか?
WiMAXは多くの場合、2年契約か3年契約になります。どちらの場合でも、それぞれの期間が終了する時点で「更新月」が設けられ、そこで解約をしない場合、次の2年もしくは3年の契約更新が発生します。

「更新月」以外で解約をしようとするならば、違約金が発生することが多いため、契約後は最初の更新月まで使用することが殆どです。

つまり、どのプロバイダのどのキャンペーンで契約する場合にいくら最初の契約期間で料金が合計で発生するかの計算と比較は、「更新月まで」となります。

しかし、この「更新月」は必ずしも例えば2年契約ならば24ヶ月目となる訳ではありません。プロバイダによっては24ヶ月目となる場合もあれば25ヶ月目とする場合もあります。

また、数え方として契約開始日する日の月=1ヶ月目となるのか、もしくはサービス開始日となる月の翌月が最初の1ヶ月目となる場合もあります。

解約料金が発生しない「更新月」がいつになるのか?をしっかり把握して、最初の契約期間に合計でいくらの費用がかかるのかを料金比較することが重要です。

・「月額わずか●●円!」の先
このようにプロバイダによっては月額料金の安さを前面にキャンペーンしている場合があります。

しかし、月額料金の詳細を詳しく見てみると、目玉としてPRされている基本料金設定は最初の2ヶ月間のみで、残りの期間は値上げされた月額料金となる場合があります。

契約後、何ヶ月間が「月額わずか●●円!」とキャンペーンされている金額であるのかを詳細に確認することが料金比較において求められます。

・事務(申込)手数料が発生する場合としない場合がある
WiMAXの契約では多くの場合、事務(申込)手数料という費用が発生します。
約3,000円くらいです。1か月分の月額に近い料金ですよね?

しかし、キャンペーンによっては特定のルーター機種や契約年数などを条件に事務(申込)手数料を無料とするケースもあります。

同じプロバイダの展開する複数のキャンペーン間においても比較してみると、この点についての差がある可能性があります。

プロバイダごとの料金比較でも、同じプロバイダ内のキャンペーン別での比較でも、この点の違いについてがあれば大きな差になりますのでチェックしましょう。

・1つのプロバイダが入り口ごとに異なるキャンペーンを用意している
GoogleやYahooの検索結果から入るページで案内されるWiMAXキャンペーンと、特定のサイトが掲載しているWiMAX広告を入り口として確認できるキャンペーンとでは、同じプロバイダでも一方がよりお得なキャンペーンを提供している場合があります。

私の経験上では、後者の方がお得な可能性があると感じています。

特定のサイトが掲載しているWiMAX広告を入り口として確認できるキャンペーンとは、
↓このようなものになります。



以上がおすすめWiMAX契約先プロバイダを知る前に、自身でWiMAXの格安料金&キャッシュバックキャンペーンを比較する際に使えるコツです。

有意義なWiMAX料金比較が実現しますように。
タカハシ

 

PS
WiMAXでおすすめの契約先プロバイダは、上記バナー先で確認できるキャッシュバックキャンペーンのいずれかと今までの経験上では感じています。

 

PPS
最後までお読みいただき、ありがとうございます。

この記事が他にも役立つ人が身近にいたならば、是非一番下のブックマークやシェアで共有下さい☆





賃貸でインターネットのプロバイダと料金比較が重要な理由



インターネットのプロバイダ比較と料金比較賃貸でのインターネット回線の使い方を検討するとき、光回線でもモバイル回線(WiMAXやワイモバイル)でも必ずプロバイダと呼ばれるサービス提供会社がでてきます。

多くの光回線やモバイルWiFiなど、ネット環境を提供する会社は、基本的には直接サービスを私たちに提供していません。

彼らと私たちとの間に「プロバイダー」という会社が存在し、彼らが架け橋となってネット契約を成立させてはサービスを利用できるようにしてくれています。

そして、毎月必要な料金はそのプロバイダによって大きく異なってきます。

たとえ、同じNTTのフレッツ光を使うにしても、同じWimaxを使うにしても、選択するプロバイダによって金額が大きく異なるのです。

つまり、「インターネットのプロバイダ比較」=「インターネット料金比較」になります。

あなたは、そのことを知っていましたか?

 

賃貸の家賃で毎月数万円の賃料を支払っている中、追加でネット回線契約の料金を毎月数千円発生することは大きな負担増ですよね?

しかし、選択するプロバイダによっては、月額を大幅に軽減できるだけでなく、初期費用を抑えることも可能です。

これこそが、「賃貸でインターネットのプロバイダと料金比較が重要な理由」であり、そのためには初めのインターネットプロバイダをしっかり比較検討することが重要です。

もし、既に何らかのネット回線契約を利用していたとしても、違約金のかからない解約可能月があるならば、この機会に選択するプロバイダの見直しにも有効です。

 

プロバイダの比較方法ですが、光回線でもモバイルWiFiでも今では多くの会社がプロバイダとして名乗りを上げており、どの会社が安くておすすめということはありません。

つまり、あなたが検討や見直しを開始するときに存在するプロバイダ会社をひとつひとつ調べて比較していくしかありません。

とはいっても、賢く行わなければそれは途方もない面倒な作業です。

 

光回線のインターネットプロバイダ料金比較をする場合
ポイントはキャンペーンと月額料金のバランスです。

●●ヶ月間無料と長期の無料期間があったり、キャッシュバックなどの特典が破格であったりすると、相当なお得感を覚えます。

しかし、月額基本料金を見てみると、他者に比べて高い設定であり、例えば最低利用期間などがある場合には、それをクリアするタイミングまでの合計金額が、他のキャンペーンの無い月額が安いプロバイダーよりも結果的に高く場合もあります。

この点について特に注意しながら、複数のプロバイダを効率よく料金比較するのはおすすめです。

なお、引越し先のインターネット環境を無料で調べてくれる【引越しラクっとNAVI】
といった無料のサポートサービスを最初に活用してみるのも1つのコツです。

 

モバイルWiFiのプロバイダ料金比較をする場合
この場合、ワイモバイルやWiMAXと、ネット回線会社数が増える中でそれらの回線を仲介するプロバイダも複数存在することから、比較はより難しいばかりか、最近では大きな差がなくなりつつもあります。

そして、基本的な考え方と選び方、比較のポイントは上記の光回線の場合と同じです。

そんな中で更におすすめなのは、彼らが出す広告に目を向けることです。

普通に彼らのサービス提供の案内のページを見るときには目にしないキャンペーンが、広告経由で入るページ上では見つけることが出来る場合があります。

もちろん、毎回見かけることが出来る訳ではありませんが、広告経由のページからの申し込み限定のキャンペーンは確かにお得に存在します。

以下は、これまで見つけてこれたお得な広告です。(表示が消えていたら終了しています。ご了承ください。)




賃貸のネット環境が少しでもお得になりますように☆
タカハシ

 

PS
そもそも不明なことが多い場合、1から無料相談できるサービスもあります。

 

PPS
↓少しでも共感いただけたら、コメントやシェア・ブックマークなどお願いします♪





WIFIルーター比較からWiMAX(ワイマックス)をおすすめする3つの理由


WiFiルーター比較 ワイマックスWIMAX(ワイマックス)とは、インターネットを可能にするモバイル回線サービスの1つであり、その「エリア」「速度」「価格」「利便性」から、ひかり通信ネット回線や無線wifiルーターを含むその他の方法などよりも評判が上がってきているサービスです。

ちなみに、wimax以外で無線モバイルwifiルーターを展開しているのは主に「ドコモ」、「ソフトバンク」、「イーモバイル」です。

そして、ひかり通信回線を展開しているのが、「NTTフレッツ光」と「auひかり」です。

またwimaxは、キャンペーン料金などが@niftyやヨドバシなど各プロバイダ・代理店によって定期的に行われ、端末価格なども時には無料で提供されています。

しかし、他のインターネット回線サービスでもキャンペーンはある訳で、細かく価格比較をした人ならば、月額の料金に関してはそれほど大きな差はない(もちろん、それでも多くの場合、比較すると安いのだが・・・)ことに気がつくはずです。

それでもなお、私は実体験からwimaxがおすすめ出来ます。

そして、賃貸マンションの光回線を不要にしては、実際にwimax1つで充実の3年間を既に過ごしてきています。

ここでは、その「おすすめ」出来る「3つの理由」を紹介したいと思います。

 

【理由1】 工事がいらない
つまり、費用も時間もかからず、すぐに使えます。

Wimaxは、プロバイダを1つ決めたら、基本的には全て数分のインターネットで予約を完了でき、数日以内に端末機が宅急便で届きます。(プロバイダ(比較など)については後ほど解説します。)

モバイルWi-Fiルーター WiMAX

そして、とっても簡単な設定を行うだけで、即日からネットの利用が出来るようになります。

反面、マンションなどでよく耳にするNTTフレッツ光やauひかりなどでは、予めその物件にこれらの光ファイバー設定が備わっていないと、入居後にその光回線を使用可能にするための工事が必要になり、入居後の工事日予約~実際の工事完了までインターネットが使えないという問題を抱えることになります。

また、工事の必要ないwimaxなら、賃貸の引越しによくある退出時の原状回復義務への心配も不要です。

反面、ひかり回線など工事の必要な場合、その部屋を出るときに元々の状態に戻す義務が発生し、わざわざ工事費用を負担しなければならなくなる場合があります。

もちろん、住んでいる物件に予め光回線がプロバイダ契約のみで使用可能状態として備わっている場合や住まいが購入した分譲マンションや持ち家の人は話は別です。

しかし、賃貸で光回線を使うには大きな工事を伴う人にとっては大きな差となります。

 

【理由2】 他の無線wifiルーターが進める4G(LTE)や光回線などと体感スピードは変わらない
よほど重たいデータ量の作業がない限り、4G(LTE)や光回線などwimaxよりも速度の最大値が高いサービスと比較しても、実際のWimaxの体感スピードは十分且つまったくストレスがありません。

それでありながら、すぐに安く使えるのです。

よく表記だけを比較して勘違いされるのですが、例えば光回線なら100Mbps、LTEなら最大75Mbpsといった速度がいかに速いのかを表す数値がありますが、これがwimaxだと最大40Mbpsというのが現状(2013年11月)です。

しかし、この数値はあくまでも「最大値」であり、場所や環境で当然ながら変化するものなのです。

そして、いくら最大値100Mbpsであっても、一般的にはwimaxの最大40Mbps以内で稼動することが多く、つまりは光回線でもLTEでもwimaxのスピードでも、体感スピードは変わらないことが多いのです。

それにも関わらず、数値だけの比較で何がお得&便利かを勘違いするケースは残念ながら存在します。

もちろん、データ量が重い(多い)作業をネットを通じて行う人の場合には、この最大値の限界がが高い回線を選択した方が良いですが、一般的なネットの利用を考えているのであれば、今やwimaxでも十分に満足を感じるスピードであると言えます。

なお、どうしてもWimaxのスピードが遅い印象で何とかならないか?と思っている人には、最近ついに「Wimax2+」という新サービスも登場しています。

従来のWimaxとの比較した違いは、Wimax2+はより速い代わりに毎月使用可能上限が7Gまでという、他のドコモやソフトバンク、イーモバイルなどの無線モバイルwifiルーターと速度含めて同様になります。
(ただし、さすがWimax2+なら、ここでおすすめのいくつかのキャンペーン経由などでは、今からの契約なら最初の2年間はこの規制免除の場合もあるみたいです。)

 

【理由3】 何よりも、速度制限が無く、さらに使えるエリアであるかを事前に確認できる
ここでの理由は、wimaxと同様のモバイルwifi同士を比較した場合の話になりますが
私はwimaxほど、細かく利用可能エリアであるか?を出しているサービスを知りません。

ここから案内を確認出来るのですが、特にリンク先の「ピンポイントエリア判定」では、
細かい番地まで含めた検索で詳細なエリアごとの電波状況を契約前に知ることが出来ます。

決して大雑把な地図をベースにした確認ではない細かいエリア確認が出来るということは、wimaxの正確さを最初に実感できます。

ひかりのインターネットと異なるモバイルwifiルーターの欠点は、利用可能エリア/不可能エリアがあることです。

多くの場合、大雑把な使える見込み話だけとなり、契約後に使えなくても文句が言えない中、利用可能エリアの確認が出来ての契約は、他との大きな違いと安心です。

もちろん、結果的にwimaxでは利用不可能なエリアに住んでいる場合は、他の無線モバイルwifiルーターや光回線でも構いません。

しかし、使える環境であるならば安心感を初めから得られるwimaxこそが、他の無線モバイルwifiルーターと比較するのであれば、何よりも長期的にも心強く満足度も高いのではないかと、私の実体験や周りの別会社を使っている人からの不満の声から感じています。

そして最後に、速度制限です。wimaxの評判や比較と速度制限

これも、wimaxと同様の無線モバイルwifi同士を比較した場合の話になりますが、wimaxはデータ使用量が多くても速度制限を受けません。

ドコモやソフトバンク、イーモバイルは、携帯電話回線を利用したwifiルーターであるため、近年のスマートフォンでも聞かれる通り、1ヶ月間で一定のデータ使用量を超えると、同月内は速度制限を受けた状態で過ごさなければならない条件があります。

しかし、携帯電話回線ではないwimaxにはそのような条件は無く、つまり、いつもでも安定した快適さを得ることが出来ます。

 

いかがでしたか?

なお、人気のwimaxのインターネット回線でも月々にかかる料金やキャンペーン内容はプロバイダーと申込み口によって異なります。

その時々によってキャンペーン内容も異なり、一部ではとても大きな割引・特典を得られる事があります。

WiMAXで一番のキャンペーンを欠かさず得るためのポイントは、広告(とくにネット広告)に目を凝らすことです。

不定期ですが、中にはお得なキャンペーンの案内が多く、私の時は、少し前の話ですが端末0円など総額10,000円分相当の特典を得られました。

 

PS
これも参考までの情報ですが、過去の経験上、特典が付与されるキャンペーン広告を仮にネットで見つけた場合でも、そのネット経由の申し込みではなく、電話で申し込みをすると、オペレーターの手違いなどでちゃんと適用してもらえないときがあります。

どうしても不明な点があるときは、電話で疑問点を問合せ確認後、あえて電話を切り、申し込み自体は見ているキャンペーンのページの申し込みボタンから入ってネットで行った方が、確実にその特典を受けられ、また申し込み手続きも簡単に進められます。




 

PPS
↓少しでも参考になったら、下記のブックマークやSNSで広めてください♪





賃貸マンション引越しとインターネット設備 無料タイプ~プロバイダ契約タイプまで


賃貸とインターネット賃貸の引越しのとき、意外に問題となるのがインターネット環境です。

今や、インターネットは1日でも使えないと不便な時代。
気をかけておかないと、「入居日から数日間もネットが使えない」というリスクは、意外にも多くあります。

インターネットは、現在利用中の物がWIFIのように持ち運びが出来る移動式で無い限り
単純に契約内容に変更だけで、引越し先で直ぐに使えるとは限りません。

ここでは、賃貸マンションのネット設備のタイプごとに出来ることや、気をつけておくべき事を解説していきます。

あなたが入居したいと思っているマンションタイプに合わせた準備と心構えを物件探しの段階から行い、ハッピーな入居日を迎えましょう!

 

【無料でインターネットが出来る賃貸マンションの場合】
これは、まだそれほど多くの物件で実施されてはいませんが、オーナーがより多くの入居者を獲得するために、インターネット無料という特典をつけている場合はあります。

もし、これに該当するマンション・アパートへの引越し予定ならば、あなたは入居日から直ぐにインターネットが使えます。

また、オーナーから使用方法の説明を受ける程度で、特に大きな事前の手続きも必要ないため、非常に楽で安心できる設備といえます。

インターネットは、普通に契約すれば、ひと月に約4,000~¥6,000は料金としてかかります。
つまり、年間で¥48,000~¥72,000もの節約できることにもなるため、費用的にも経済的です。

ただし、物件によっては、毎月の家賃に実は上乗せされていたり、月々の追加料金として¥2,500程度かかる場合もあります。

この辺は、事前に不動産屋などと確認して納得しておきましょう。

とはいえ、手続きが少なく、直ぐに使える安心感は大きな存在となります。

 

【光回線対応としているマンション・アパートの場合】
これは、マンションが光回線などを各部屋へ引ける環境下であることを意味しています。

「インターネット(ブロードバンド)対応」のような表記が出ている物件に多く見受けられます。

入居者は、通常は回線&プロバイダ契約を行えば、利用が可能となります。

ただし、環境によっては、一定の機材が回線業者からの支給として必要な場合があったり、工事が必要な場合はあります。

もし、入居日か引越しの日の少し前の日に合わせて契約スタート&必要機材の受け取りが可能となれば、入居日から利用することが可能です。

まずはオーナーや不動産屋へネット環境の詳細(フレッツ光かauひかりか等)と利用できるまでの手続き方法や費用を確認し、選べるならば契約したいプロバイダへ連絡の上、入居日か引越しの日の少し前の日を利用スタート日と出来るよう余裕を持って相談しましょう。

プロバイダは、いくつかあり、毎月の料金も様々です。

環境が合うならば、引越し先のインターネット環境を無料で調べてくれる【引越しラクっとNAVI】
といった無料のサポートサービスを最初に活用してみるのも1つのコツです。

 

【何もネット環境の準備がない場合】
意外にこのタイプが多くあります。

つまり、「OCN光 」や「auひかり」といった光回線などが欲しい場合は、自分で工事の手配から契約までしなければならない場合です。

しかも、工事費用なども別途かかってきます。

この場合の最大のデメリットは、相当先の入居日予定の賃貸契約をしているならまだしも、多くの場合、契約後の工事が数週間後になってしまうことで、引越し入居日に利用開始が出来ないことが多い点です。

また、その部屋を退去するとき、光工事などを行った部分までも、原状回復義務で必要となるならば、その分の修繕費用まで請求となり、料金的にも嵩む傾向があります。

しかし、あくまでも私の経験上のお話ですが、このようなネット環境の無い物件でも、工事を気にせず、引越し入居日から直ぐにネットを使えるようにする回避策はあります。

それは、光回線など、工事を必要とする方法ではなく、無線を利用する方法です。

大手では、ギガ放題も可能なWiMAX、他には方法によってポケットWiFiルーターなどのサービスがあります。

光回線に比べると表記上の速度は劣る場合がありますが、体感スピードはほとんど気になりません。

何よりも最大のメリットは、契約後直ぐに工事なしで利用できるばかりか、屋内・屋外の好きな場所で使えるようになることです。

それまでの賃貸で光回線を使っていると、なおさら光回線を次の賃貸でも求めてしまいがちですが、無線の利便性を活かすこともおすすめですので、参考にしてみてはいかがですか?

 

【やっぱり光回線が使いたい、しかし直ぐにネット環境も必要な場合】
とはいえ、どうしても速度的には光回線を使用したいが、工事の関係上、直ぐの利用が出来ない場合に考えられるのが、直ぐに使えるWiFiルータレンタルを光回線の完成まで使用することです。

これにより、光回線の環境が整うまでも、漏れなくネット環境を維持できるようになります。
(最近、ついにこの点をケアしてくれるこんなサービスも出てきました)

そして、引越し先のインターネット環境を無料で調べてくれる【引越しラクっとNAVI】
なども活用すると納得の光回線を手に入れやすいかもしれません。

 

いかがでしたか?

引越し先の賃貸のインターネット環境で事前準備と心構えする方法が幾つかあります。
しかし、毎日欠かせないはずのネットのことを、意外にも人は忘れがちです。

物件探しの際には、「インターネット」に対する注意も欠かさず行ってみてください♪

 

よい物件が見つかりますように☆
タカハシ

 

PS
そもそも不明なことが多い場合、1から無料相談できるサービスもあります。

 

PPS
ところで、実際の引越し初期費用を抑えるための引越し料金比較を簡単にする方法を知っていますか?
引越し料金の見積もりを比較するために知っておくべきコト

 

PPPS
最後までお読みいただき、ありがとうございます。

この記事が他にも役立つ人が身近にいたならば、是非一番下のブックマークやシェアで共有下さい☆