空き家物件の管理対策 長期不在の留守宅を活用する方法


空き家物件の管理対策 長期不在の留守宅を活用する方法・ 持ち家を急に長期不在にしなければならなくなった
・ マイホームを持ってから、海外赴任や転勤が決まった
・ 相続などで住まない物件(一戸建てやマンションなど)を持っている
・ 不動産投資用の住居を持っている

様々な理由の中で、空き家となる物件の管理対策が必要となる可能性はあります。
そして単に持ち家としていると、維持費など経費ばかりがかさむ可能性もあります。

そんなとき、留守宅を活用する方法はいくつかあります。

・ 長期不在となる物件で賃貸運営する方法
・ そのまま防犯対策をして留守にする方法
・ 留守宅を売却する方法

 

今回は、長期不在となる物件で賃貸運営をする方法について紹介します。

空き家で賃貸運営をするメリットは、長期の留守から戻ってきた際の住まいとしての持ち家をキープしつつ、不在の間だけ貸し出しては家賃収入を得ることができます。

防犯対策をして留守宅にするには経費がかさみ続けてしまい、売りに出してしまえば戻りたくなったときの場所を失ってしまいます。

それらの点からも、一戸建てやマンションの住居不動産を、住まない間だけ賃貸に出すという考え方は、ひとつの魅力的な活用方法です。

しかし、賃貸運営するための全てを自分で管理する場合、知識・経験不足などで難しい事が多くなる可能性があります。

また、将来に空き家を自分のために活用したくなっても、スムーズな手続きや対策が上手くできない可能性もあります。

 

しかし、今では長期の留守宅の管理対策及び活用を代行してくれるサービスがあります。

とくに、急に決まることも多い海外赴任や転勤時の対策や早く空き家をどうにかしたいときなど、力強い味方になってくれる可能性があります。

入居者を探してくれるだけでなく、契約から入居中、そして最後の退去までを管理してくれます。

もし、少しでも上記に当てはまる方でお悩みの方は、無料の賃料査定からイメージをしてみてはいかがですか?↓

 

PS
少しでも役に立ったら、下記のブックマークやSNSボタンでシェアください。


カテゴリー: おすすめ, コツ, 一戸建て, 中古物件, 住宅・住まい環境, 手続き, 比較, 空き家・長期留守宅 パーマリンク