引っ越し後の費用を考える賃貸物件の選び方


引っ越し後の費用を考える賃貸物件の探し方賃貸物件を探すときの条件は何ですか?
どんなことを気にして選んでいますか?

・ 家賃
・ 毎月の賃料/共益費以外の初期費用(敷金/礼金/保証金/仲介手数料など)
・ 沿線/エリア
・ 駅からの徒歩
・ 広さ(専有面積)
・ 間取り
・ 築年数

が一般的でしょうか?

もちろん、これらは重要なポイントです。

今日紹介するのは、これら以外のところで悩みたい場合の参考の1つです。

もし、どうしても選びきれない物件候補が2つ以上ある場合、このことも比較条件にしてみてはいかがですか?

 

比較条件とは、「階層」と「建物&部屋の構造」です。

まず階層について。

一般的に、階層は上層階へ行けば行くほど、景色の良さや防犯・騒音対策などで人気があります。
その分、家賃も高くなります。
逆に1階の人気はあまり高くありません。

しかし、低層階には引っ越し後の金額面でメリットがあります。

次に建物&部屋の構造について。

マンションの場合、建物構造上でエレベーターが有る場合と無い場合があります。
階段のみの場合、設備が不足していると言う理由で賃料が安い場合があります。

しかし、その反面の引っ越し後の料金面でデメリットの可能性もあります。

さらに玄関ドアから部屋に入った後、曲がり角が多かったり、部屋と部屋をつなぐドアが小さい場合があります。
これらに該当する物件の場合も、引っ越し後の費用面でデメリットがあります。

 

具体的に何?

では、これらのメリット・デメリットとはどんなときを示すのでしょうか?

それは、引っ越し後に実際に住んでいる中で、大型家具や電化製品を買い換えるときです。
新しいものは購入後に運び入れ、不要になる物は処分で外へ出します。

このとき、買う物の配達は基本的に1階の玄関前までというケースが多くあります。

上の階へ運んでくれる場合でも、配送料が追加有料となる場合が多く、上へ行けば行くほど金額が高くなる傾向があります。

さらにエレベーターが無い場合は、より追加の料金もかかります。

また、玄関を入った後、歪な構造で大型家具などを本来設置したい場所へ運べない場合は、運び入れたい部屋の窓から高い費用でクレーンで入れなければならなかったり、最悪の場合、諦めなければならなくなります。

処分で外へ出す際も同じです。

もし1階であるならば、送料が安くなるばかりか、手間がかからずに済みます。

もし2階以上でも、階層が低ければ低いほど安くなる可能性があり、さらにエレベーターがあれば、
階段のみの賃貸物件より利便性があります。

 

実際に住んで、このような状況に対面すると、結構へこたれます。

特に日常生活に欠かせないものが急に壊れる場合、買い替えは避けられません。
そのときに実感する料金差と面倒さは結構なものなのです。

ベッド
テレビ
冷蔵庫
洗濯機
ソファ
キャビネット

例えばベッド買うならば、実際にベッドを置きたい部屋まで運ぶのは、上の階になればなるほど重くて大変です。
配送料も高額になります。

逆に廃棄処分する場合、壊れたベッドを一番下の階まで階段で下ろすのは大変です。
壁を傷つけるかもしれません。
分解を余儀なくされるかもしれません。
エレベーターでも入らないかもしれません。
クレーンを使わないといけないかもしれません。
人手を呼ばなければならないかもしれません。

全て、面倒で高額になる可能性があります。

 

低層階には一般的なデメリットもありますが、大型家具や電化製品の買い替え時の配送と処分に関して考えれば、費用と手間が少なく済み、このような引っ越し後の生活上の費用的メリットの可能性があるので、どうしても悩むときには、参考にしてみてはいかがですか?

 

 

PS
↓少しでも共感いただけたら、コメントやシェア・ブックマークなどお願いします♪


カテゴリー: マンション, 住宅・住まい環境, 家具・インテリア, 引越し, 探し方, 検索, 比較, 賃貸物件, 選び方 パーマリンク