賃貸物件の検索条件と住みたいエリアランキング


賃貸物件の検索条件と住みたいエリアランキング新しい賃貸物件と住まいのエリアを探そうと思うとき、何を参考に考えますか?

多くの場合、賃貸検索サイトで賃料を含めた条件検索をするか、不動産屋さんへ行って条件に合う物件の有無を確認することでしょう。

しかしどちらの場合も、やはり「エリアの希望」は出さなければ検索結果が多すぎて絞り込めません。

 

エリアの条件を決める理由も人それぞれでしょう。

友人や家族が近いエリア、とにかく賃料相場の安いエリア、学校や勤務先に程よく近いエリア、なんとなく印象の良いエリアなど。

しかし、それでも参考になるものがなく、エリアの絞込みでお悩みのあなたへ、今回はSUUMO(スーモ)さんが発表の「住みたい街ランキング2015年」というのがあることを紹介します♪

 

2015年ももう終わりに近づいてきていますが、ご覧になったことはありますか?

実は以前にこのブログで「住みたい街ランキングと住んでよかった街」を書いたことがありましたが、今回は「住みたい街ランキング」の2015年度版になります。

エリアも、関東だけでなく、関西と名古屋もあります。

ちょっとでも多くの方の参考になりますよに。

 

ここで上位にランキングされている街は、人気ゆえに当然ながら賃料相場は高めです。

しかし、必ずしも全ての物件に当てはまるわけではありません。

例えば、駅からの距離や築年数などによっては、他のエリアの新築や駅近などの物件よりも安い場合があります。

エリア自体への魅力が発見できて、それを軸に賃貸で住む街と物件を決めたい人には、ワクワクなランキングになるかもしれません。

そして、どうしても1度はその街に住んでみたいと思えるならば、徒歩時間や築年数、間取り(面積)など部分的に妥協することで願いがかなえられる可能性もあります。

 

最後に、ランキングや人気のエリアに頼らない、でもエリアの絞込みに悩んでしまうときのエリアのもう一つの考え方を紹介します。

それは、学校や勤務先など日頃よく移動する先までの交通の所要時間が40分程度の駅であることです。

賃貸とはいっても、引っ越しを繰り返してはその分費用も時間も手間もかかってきます。

できれば、住み心地が良いからという理由で長く住みたいですよね?

 

そのことを考えたとき、日頃の移動時間は長期的にはストレスと関係します。

40分程度というのは、私の勝手な経験上の数値ですが、不満を持たずに移動を毎日続けられる目安かと思います。

ここで時間が大幅に毎日のように発生してしまう場合、移動自体に不満が出なくても、日頃の別でのストレスや疲れなどが原因で移動自体にも耐えられなくなり、やがて住まいへの不満と引っ越しの原因にもなりかねます。

 

その他、移動自体の時間を40分程度にしたのは、駅から自宅までの徒歩を10分程度まで見積もり、計50分程度を家の前から移動先の玄関までの合計時間と算出するためです。

もし、40分程度の移動時間内のエリアで賃貸物件を探すとなると家賃相場が高い場合、駅からの徒歩の時間を延ばすことで、経済的に現実化の可能性を高められます。

しかし、10分以上の徒歩では、乗り物での移動を40分程度以上にするのと同様、長期的にはそれ自体への不満に結びつく可能性があります。

さらに徒歩と交通の合計時間でも、1時間もかかってしまっては、やはり毎日のことになると長期的には不満へ変わる可能性が高くなります。

以上の観点から、徒歩込みで計50分程度で移動できるエリアの範囲で物件を探すのも、一つの考え方です。

 

よい条件の物件とエリアが見つかりますように☆
タカハシ

 

 

PS
少しでも参考になったら、コメントやシェア・ブックマークなどお願いします♪


カテゴリー: マンション, 探し方, 検索, 比較, 相場・目安, 賃貸物件, 選び方 パーマリンク