賃貸マンション・アパート検索〜引越しまでの10のステップ


「引越しよう」

この思いが浮かんでから、実際に引越しが完了するまでには、いくつかの流れがあります。

ここでは、賃貸マンションの検索をネットで始め、契約を経て、引越し作業が完了するまでの流れを【10のステップ】として解説します。

なお、新築賃貸物件を探す場合と中古賃貸物件を探す場合とでは、最初の3ステップで少し流れの基本が異なりますので、分けて表記します。

また、それぞれの下記1〜5については、賃貸物件の探し方に欠かせない73の秘密のコツで「賃貸を探していく上で、満足できる結果を手に入れるために見逃せないチェックポイント」を知ることが出来ます。

合わせてチェック下さい。


【新築賃貸マンション・アパートを探す場合】
1. ネットで自分の条件に合わせて賃貸物件を検索する

2. 気に入った物件があれば、まずは審査と交渉権獲得のための申込みをする

3. 審査通過&物件が完成した後、内見を行い、最終的に契約をするか検討する

4. 契約になる場合、以下の物を準備する
・ 銀行印
・ 認印(物件によっては実印)
・ 銀行通帳
・ 入居者全員の住民票
・ 運転免許証
・ 保険証
・ 在職証明書
・ 源泉徴収票などの収入証明書
・ 連帯保証人をたてる場合は、連帯保証人の承諾書/印鑑証明書/収入証明書

5. 入居前に必要な家賃・仲介手数料・敷金・礼金などを支払う

6. 現在住んでいるマンション・アパートの管理人へ引越しをすることを伝える

7. 引越し業者を探す

8. 現在の賃貸の原状回復〜敷金返金などの手続きとお礼を伝える

9. 晴れて引越しの日を迎えます

10. 入居した部屋に問題がないか再度チェックする


【中古賃貸マンション・アパートを探す場合】
1. ネットで自分の条件に合わせて賃貸物件を検索する

2. 見つけたいくつかの候補を内見して確認する

3. 内見後、物件への申込みを行い、審査してもらう

4. 審査を待つ間、以下の物を本契約に備えて準備しておく
・ 銀行印
・ 認印(物件によっては実印)
・ 銀行通帳
・ 入居者全員の住民票
・ 運転免許証
・ 保険証
・ 在職証明書
・ 源泉徴収票などの収入証明書
・ 連帯保証人をたてる場合は、連帯保証人の承諾書/印鑑証明書/収入証明書

5. 入居前に必要な家賃・仲介手数料・敷金・礼金などを支払う

6. 現在住んでいるマンション・アパートの管理人へ引越しをすることを伝える

7. 引越し業者を探す

8. 現在の賃貸の原状回復〜敷金返金などの手続きとお礼を伝える

9. 晴れて引越しの日を迎えます

10. 入居した部屋に問題がないか再度チェックする



このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 

 



  Google+ 


【料金も家具も安心の引越し業者を選び、実施するための5つの秘訣】

・ ちょうど新しい賃貸マンションが決まりそうな人

・ 昔、引越しで変な業者や高額な見積もりに悩まされた人

・ 初めてで、何から気をつけて準備したら良いか知りたい人

このような悩みの方はもちろん、とにかく新しい賃貸への引越し方法を探す上で、引っ越し料金の比較と選び方のコツを知って賢くしたい人は今すぐここもチェックください。

引っ越し準備におすすめの見積もり比較から手続きまで

・ 家賃や引越し料金を安くする努力をしても、結果には限界があります

・ また安い家賃や引越し業者にこだわり過ぎると、人生のストレスになってしまうリスクがあります

ここでは、引っ越しの目安を知り、総合的に初期費用を安くする実体験からお勧めの方法がわかります。